データ容量で格安SIMを選ぶ方へ

データ容量で格安SIMを選ぶときに確認することとは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

格安SIMを選ぶときに
データ容量で選ぶときに
必要なことをまとめました。

 

データ容量が違うプランだけでも
種類がたくさんあるので、
どんな種類があるのか
知ることができます。

 

間違ったプランを選んでしまうと
通信制限がかかってしまったり、
することがあります。

 

自分に合ったデータ容量の
プランを選んで快適に
スマホを利用できるようにしましょう。


 

 

契約前に確認しておくこと

データ容量
格安SIMを選ぶときは、
自分が毎月どれくらいデータ容量を
使用するのか確認しておきましょう。

 

 

今現在、スマホを利用している方は、
キャリアやMVNOのホームページや
アプリで確認することができます。

 

 

利用方法を変えずに使う方は、
現在の利用している容量と
同じくらいのデータ容量を
選択すればよいと思います。

 

 

また、初めてスマホを購入する場合は、
どれくらいの容量を使用するか
分からないと思います。

 

 

そのため、一番良いのは、
利用量に応じて金額が変化するプラン、
もしくは、契約プランを簡単に
変更できるMVNOを選ぶことです。

 

 

利用量に応じて金額が変化するプランは、
実際に利用したデータ量で月額料金が決まるため、
無駄な料金を支払うことなく使うことができます。

 

 

契約プランを変更して利用する場合は、
定額制のプランを契約してみて、
実際に利用してみて足りなかったり、
多すぎた時にプランを変更する形になります。

 

 

定額制のプランのメリットは、
翌月に余ったデータ量を繰り越せる
事が多いことです。

 

 

MVNOはによりますが、
大体のMVNOは余ったデータ量を
契約しているデータ量分までは、
翌月に繰り越すことができます。

 

 

例えば、月に2GBの契約をしていて、
1ヶ月で1GBしか使わなかった場合、
翌月に余った分を繰り越して、
3GB利用することができます。

 

 

次の月に0.5GBしか使わなかった場合、
2GBしか繰り越せないので余った2.5GBのうち
2GBは繰り越し、0.5GBは切り捨てられます。

 

 

余らないように使い切ることができる場合は、
定額制のプランのほうが繰り越しができるので
無駄がないですが、実際使ってみると
繰り越し限度量以上に余らせている人は多いです。

 

 

ルーズになってしまいそうな人は、
利用量に応じて金額が変化するプラン。

 

 

自分できちんと管理できる人は、
定額制のプランを契約するのが
ベストではないかと思います。

 

 

自宅や会社などに利用できるWi-Fiがあるかどうかで、
必要なデータ量がかなり変化します。

 

 

Wi-Fiが利用できる場合、
使っている間はデータ容量を
消費せずに通信することができるので、
月に使うデータ量が少なくて済みます。

 

 

Wi-Fiが利用できない場合は、
動画の視聴やアプリ、音楽の
ダウンロードやアップデートなど、
より多くのデータ量が必要になります。

 

 

よくわからない人は、
Wi-Fiが利用できれば1〜3GB
Wi-Fiが利用できなければ、5〜7GB程度で
良いのではないかと思います。

 

 

毎月利用できるデータ容量が一定のプラン

データ容量
キャリアでも用いられる
データ容量が一定のプランです。
基本的には、1か月単位で規定されますが、
MVNOによっては、1日単位のプランもあります。

 

 

使えるデータ容量が決まっており、
それを使い切ると通信速度が
制限されてしまいます。

 

 

1日単位であれば次の日まで、
1か月単位であれば次の付きまで、
通信制限のかかった状態か、

 

 

追加でデータ容量をチャージすることで、
通信制限が解除され、高速で通信が
できるようになります。

 

 

>> データ容量が毎月一定のプランの選び方はこちら

 

 

データ容量が無制限のプラン

データ容量
データ容量を無制限で使えるプランになります。
ただし、このプランは通常のプランより
通信速度が落ちるというデメリットがあります。

 

 

さらに通常の使い方では、
使い切れないような容量を使うと
何らかの制限がかかったりします。

 

 

UQモバイルのように無制限のプランでも
直近3日間に6GB以上の利用があった場合、
通信速度を制限する場合があるという
注意事項があることもあります。

 

 

そのため、文字通りの無制限という
わけではなくなることもあるので、
注意しておく必要があります。

 

 

>> データ容量が無制限のプランについてはこちら

 

 

使ったデータ量の分だけ支払うプラン

使った分だけ
毎月、利用したデータ量に応じて、
料金が決まるプランになります。

 

 

使った分だけ支払うので、
無駄がなく利用するデータ量を
減らすことで料金を下げることも
できることがメリットです。

 

 

スマホを利用していて、
使い方が多少変化しても、
契約プランを見直さなくても、
最適な料金で利用できます。

 

 

使った分だけと言っても、
上限がなく青天井に金額が
上がっていくわけではありません。

 

 

上限までに数段階の基本料金があり、
上限に達すると通信制限がかかるように
なるという仕組みになっています。

 

 

b-mobileの「おかわりSIM 5段階定額」
というプランは、上限が5GBで、
1GBごとに5段階定額制になっています。

 

 

1GBまでの利用で
データ通信専用SIMでは、500円。
音声通話機能付きSIMでは、1,300円
で利用することができます。

 

 

1GB利用するごとに250円料金が上昇していき、
5GBに達すると通信制限がかかるような
仕組みになっています。

 

 

月によって使うデータ容量がかなり差が出る場合は、
使ったデータ容量の分だけ支払うプランを
契約するのが良いのではないかと思います。

 

 

毎月一定のデータ容量を複数回線でシェアするプラン

シェア
このプランは家族や複数台、
スマホを利用している方向けのプランです。

 

 

1つのプランの容量を
複数のSIMカードでシェアするパターンと
別々のプランの容量をシェアするパターンがあります。

 

 

1つのプランを複数のSIMカードで
シェアするパターンは、
プランを1つ申し込み、追加料金を
支払ってSIMカードを複数契約するタイプです。

 

 

家族の一人がシェアできるように、
容量が多めのプランに申し込み、
後から他の家族用にSIMを
契約してシェアをします。

 

 

別々で契約しなくても良いので、
一人分の料金と追加のSIMカードに
かかる月額料金のみでよくなるので、
料金がお得になります。

 

 

>>UQmobileの記事に進む

 

 

>>通信費の節約の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る