データ容量で格安SIMを選ぶ方へ

格安SIMをデータ容量で選ぶときの注意点とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

格安SIMを選ぶときに、
データ容量を優先して選ぶときの
ポイントについてまとめました。

 

Wi-Fiの有無や使い方によって、
月に利用するデータ容量が
大幅に変わってきます。

 

大体の目安を知っていないと、
月末になって毎回通信制限が
かかってしまうかもしれません。

 

そうならないように
自分に必要なデータ容量の
目安を調べておきましょう。


 

 

毎月利用するデータ容量で選ぶポイント

データ容量
利用するデータ容量によって、
格安SIMを選ぶポイントが変わります。

 

 

利用するデータ容量が少なければ、
価格やデータ容量の追加のしやすさ、
低速モードの使いやすさなどが重要になります。

 

 

利用するデータ容量が増えると、
通信速度が重要になり、
容量の大きいものの通信には、
かなりストレスを感じることもあります。

 

 

データ容量が多くなると、
価格も高額になってくるので、
料金設定なども気にする必要があります。

 

 

また、あなたの家や勤務先などに、
Wi-Fiが使えるかどうかで、
必要なデータ容量が大きく変わります。

 

 

Wi-Fiがあれば、データ容量を消費しやすい、
アプリのダウンロードやアップデート、
動画の視聴などをしてもデータ容量を
消費しなくても利用することができます。

 

 

身近な場所でWi-Fiが利用できる人は、
データ容量が少なくても良いです。

 

 

データ容量の目安

スマホ
月々どれくらい
データ容量を使うのかによって、
契約するプランが変わります。

 

 

あなたの使い方に合う、
プランを選べるようにデータ容量の
目安をまとめていきます。

 

 

月1GBの格安SIM(ライトユーザーや節約志向ユーザー向け)

外出時にあまり、スマホを利用しない人や
データ容量を多く消費する時に
Wi-Fiが利用できる人などは、
1GBほどで十分だと思います。

 

 

料金も低容量なので、
お手頃な価格で利用でき、
節約につながります。

 

 

月3GBの格安SIM(一般ユーザー向け)

外出時にある程度、
スマホを利用していて
家にWi-Fiがある人は、
3GBあれば十分だと思います。

 

 

格安SIMでは、月3GBのプランが
定番になっており、
どんなに種類が少ない
MVNOでもほとんど取り扱っています。

 

 

今現在、月にどれくらい利用してるか
分からない人や初めて契約する人は、
3GBのプランを選んでおけば問題ないと思います。

 

 

月10GB以上の格安SIM(ヘビーユーザー向け)

毎月10GB以上利用している人は、
動画や音楽をよく視聴したり、
SNSにアップしている人などが
消費するデータ容量です。

 

 

ただ、動画をよく視聴する場合は、
BIGLOBEモバイルの
エンタメフリー・オプション
を、

 

 

SNSをよく利用する人は、
LINEモバイルの
コミュニケーションフリープラン

利用することで解消できます。

 

 

また、Wi-Fiが利用できる人は、
毎月10GBも使うことは少ないと思うので、
もう少し容量の少ないプランでも
良いのではないかと思います。

 

 

ライトユーザーや節約志向ユーザー向け(月1GB)

ダブルフィックス
毎月使うデータ使用量を、
1GB以内に抑えることができる場合は、
U-mobileの格安SIMがおすすめです。

 

 

U-mobileには
ダブルフィックスというプランがあり、
1ヶ月のデータ容量が1GB以内であれば、
データ通信専用SIMで月額680円。

 

 

通話機能付きSIMでも月額1,480円で
スマホを利用することができます。

 

 

また、1GBを超えてしまっても、
3GBまでデータ通信専用SIMで月額900円、
通話機能付きSIMでも、
月額1,780円で利用できます。

 

 

通常の1GBのプランで契約すると、
データ通信専用SIMが月額790円なので、
1GBを超えないのであれば、
ダブルフィックスにするとお得です。

 

一般ユーザー向け(月3GB)

エンタメフリーオプション
3GBのプランを選ぶなら、
BIGLOBEモバイルがおすすめです。

 

 

BIGLOBEモバイルの一番のメリットは、
3GB以上のプランであれば、
エンタメフリーオプションを
付けることができます。

 

 

YouTubeやAbemaTVをデータ容量を
消費せず無制限で楽しむことができます。

 

 

音声通話機能付きSIMであれば、月額480円で、
データ通信専用SIMであれば、
月額980円で加入することができます。

 

 

エンタメフリーオプションの対象アプリは
通常の回線ではなく別回線が用意されているので、
回線が混雑する時間帯であっても、
ストレスなく見ることができます。

 

 

スマホでYouTubeなどをよく見る方には、
とてもおすすめの格安SIMになります。

 

ヘビーユーザー向け(10GB以上)

データ容量
ヘビーユーザーの方は、
格安SIMはmineoがおすすめです。

 

 

ヘビーユーザーの方で一番困るのが、
データ容量の容量オーバーによる、
通信速度の制限ではないでしょうか?

 

 

mineoには、データ容量の
容量オーバーの時に使えるサービスが
いくつか用意されています。

 

  • データ繰り越し
  • フリータンク
  • パケットシェア
  • パケットギフト

 

など、ユーザーに優しいサービスが多いです。
データ繰り越しは、
言葉通り余ったデータ容量を
翌月に繰り越すことができます。

 

 

自分の契約しているデータ容量の分まで、
繰り越すことができるので、
最大で契約しているデータ容量の倍の
データ容量まで利用することができます。

 

 

フリータンクはmineoユーザーが利用できる
パケットの貯蔵庫で余ったパケットを、
貯めたり分けてもらうことができます。

 

 

毎月1GBはここから、
分けてもらうことができるので、
足りない方は活用すると良いです。

 

 

パケットシェアは、
繰り越したデータ容量を、最大5回線
グループ内でシェアすることができます。

 

 

パケットギフトは
データ容量を他のmineoユーザーに
プレゼントすることができます。

 

 

データ容量をよく使い切ってしまう方は、
他のmineoユーザーとデータ容量を
分け合える仕組みを上手く活用すると、
容量の多いプランにしなくていいのでお得です。

 

>>主婦におすすめの格安SIMの記事に進む

 

 

>>通信費の節約の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る