ネット回線などの通信費を抑える方法が知りたい方へ

固定電話やネット回線、スマホなどの通信費を抑える方法とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

固定電話やネットの回線、スマホなどの
通信費の抑え方をご紹介します!

 

いろいろな会社がネット回線や
スマホを出しているなかで
どれを選べば安くなるのか
把握することができると思います!

 

流されるまま契約するととても高かったり、
回線が遅かったりするかもしれません。

 

新しいものを契約する前に
ここで学んで、自分の望むことが
ちゃんとできるようにしていきましょう!


 

 

固定電話の料金を抑える方法はオプションの解約

固定電話
ほとんど使っていない固定電話でも
解約できない場合もあると思います。

 

 

例えば、両親と同居しており、
その両親が携帯電話や
スマートフォンを使いこなせない。

 

 

かけることはほとんどないが
かかってくることはあるので、
電話番号をなくせないなど

 

 

いろいろな事情で解約できない
という家庭も少なからずあると思います。

 

 

少しでも節約するために
まずは、固定電話の
オプションを見直してみましょう。

 

 

電話中にほかの人から
電話がかかってきたときのキャッチホン。

 

 

電話がかかってきたときに
相手の電話番号がわかる
ナンバーディスプレイなど。

 

 

月々数百円かもしれませんが、
あまり利用していないならオプションだけでも
思い切って解約してしまいましょう!

 

 

また、固定電話から
携帯電話に電話をかけるのは
なるべく控えましょう。

 

 

固定電話から携帯電話へ
反対に携帯電話から固定電話へ、
電話をかけると通話料がかなり
高くなってしまいます。

 

 

こちらから相手にかけるときは、
なるべく固定電話同士で通話するか
相手からかけてもらえそうなときは
相手にお任せしてしまいましょう。

 

 

携帯電話やスマートフォンの契約を見直そう

スマートフォン
通信費の中でも特に
スマートフォンの料金は
かなり高額になります。

 

 

スマートフォンが一般的に
広まりだした頃は、月々の通信料が、
1万円を超えていたという
人も多いのではないでしょうか?

 

 

しかし、最近は大手三社の
au、docomo、Softbankが
低容量のデータプランで
安く契約できるようになりました。

 

 

それに加え、「格安スマホ」「格安SIM」
が出回るようになったことで
毎月の通信料も少し
安くなっていると思います。

 

 

どんな使い方をするかによって
契約する会社を変えることで、
もっとお得に利用できるように
なるかもしれません。

 

 

高速通信が必要な場合は、
大手三社のスマホを、
SNSだけの利用であるなら
格安SIMでいいと思います。

 

 

あまり通信速度を気にしないような
使い方をしている人は
格安SIMを利用することをおすすめします。

 

 

また、家やお店内で使える
Wi-Fiを利用できる状態なのであれば、
今の利用状況に応じた容量に
契約している容量を減らすこともできます。

 

 

ネット回線の費用を抑えるには?

Wi-Fiルーター
最初にあなたが今支払っている
ネット回線の費用を確認しましょう。

基本的な契約内容は

 

  • 基本料金
  • 契約しているプロバイダーの料金
  • 固定電話の料金

 

になります。基本料金は、
月々5,000円〜6,000円ほどかかります。

 

 

プロバイダーの料金は
月々1,000円前後かかるようになっています。

 

 

固定電話は上記したように
月々500円ほどの料金がかかります。
少なくともネット回線の費用は
月々6,500円払っていることになります。

 

 

ここで見直すべきところは
プロバイダーの契約になります。
なぜかというと回線をかえてしまうと
もっと費用がかかってしまうからです。

 

 

回線の契約を変更するとなると、
家に回線を引くための工事が必要になり、
乗り換え先の企業が支払ってくれるとしても
手数料がかかることが多いです。

 

 

なので、プロバイダーのみの変更とします。
注意点はプロバイダーのみ変更することができるのか、
業者に確認する必要があります。
契約を変更前に問い合わせをしておきましょう。

 

 

また、回線を契約時にキャッシュバックや
割引を受けるためにいろいろなオプションに
加入している可能性があります。

 

 

更新する際にこういったオプションを
解約することでも月々の料金を
抑えることにつながります。

 

 

請求書を見ただけでは、
料金の内訳がわからないこともあるので
ネットでの請求書の開示サービスをつかって
調べてみると良いと思います。

 

 

スマホやネット回線の契約はまとめよう

おうち割
インターネットをよく利用する場合、
インターネットの利用契約をすることで
「ひかり電話」を利用することが
できるようになります。

 

 

契約の仕方によっては、月々の基本料が
500円程に抑えることもできます。

 

 

インターネットの利用契約を
することになるのでそちらで、
月々5,000円程度かかってしまいます。

 

 

なので、インターネットを家で思う存分、
使いたい人やバラバラに契約している人は、
まとめることでかなりお得になります。

 

 

au、docomo、Softbankは三社とも
自宅のネット回線とスマホや携帯の
回線をまとめて契約することができます。

 

 

マンションタイプだと3,500円〜4,000円
戸建てタイプだと5,000円〜5,500円で
契約することができます。

 

 

まとめることでスマホや携帯の料金が
割引されたり契約時によっては
キャッシュバックがあったりと
お得に契約できるかもしれません。

 

 

PCを自宅で使わない場合は…

モバイルルーター
家でパソコンを使っていない人は、
ネット回線や固定電話の契約を
すべてやめるというのも一つの手です。

 

 

ネットを使うのはスマホのみという人は、
ネット回線を契約するよりも
モバイルルーターを使ってもいいと思います。

 

 

モバイルルーターとは持ち運びができる
通信端末のことです。
モバイルルーターから電波を飛ばすことで
スマホを使うことができます。

 

 

モバイルルーターを使用することで
スマホの通信量を抑えることにもなります。
また、ネット回線をするための工事も
必要ないため費用面でもお得に契約できます。

 

 

スマホの契約する容量を限りなく減らして、
モバイルルーターを使って通信するのが
一番安く済むのではないかと思います。

 

 

通信費を節約する方法のまとめ

スマホ
固定電話を使う際はかける相手が
携帯電話だと通話料が高くなってしまうので
できるだけ避けるようにしましょう。

 

 

スマホや携帯電話は
自分の使い方に応じて
契約を変えるようにしましょう。

 

 

高速通信が必要な場合は、
au、docomo、Softbankのものを
選ぶのがいいと思います。

 

 

低速でもいいのであれば
費用を抑えるために、
格安SIMを利用すると良いです。

 

 

ネット回線やスマホ、固定電話の契約時に
安くするために様々なオプションを付けて
いることがあります。

 

 

その割引が続いている間は
安く済ませることができるかもしれませんが、
契約の更新の際にその割引が
なくなってしまう事が多いのです。

 

 

今一度、自分の加入状況を確認しましょう。

 

 

インターネット回線などの通信費の抑え方

SIMカードのイラスト

次のページでは、
格安SIMとはどういったものなのか
についてご紹介します。

 

少し前からテレビのCMなどでも、
取り扱うことが多くなった格安SIM。

 

そんな格安SIMは
どういった仕組みなのかや
メリット・デメリット
などを
まとめました。

 

>>格安SIMの記事に進む

 

 

>>通信費の節約の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る