通信費が安くなる格安SIMの契約方法とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

MVNOで契約するときの
購入方法
についてまとめました。

 

スマホでセットで買ったり、
SIMカード単体で買ったりと、
色々な方法があります。

 

サイズ間違いなどをしてしまうと、
再度発行手数料がかかって、
無駄な出費をしてしまうこともあります。

 

そうならないように、
購入前に必要なことを
学んできましょう。


 

 

スマホやタブレットとセット購入

スマホセット
スマホやタブレットとセットで購入することで、
セットアップなどもしてもらえる場合が多く
すぐに使えるので設定が自分でできない方は、
セットで購入する方が利用しやすいと思います。

 

 

しかし、セットと言っても、基本的に
端末代を分割で支払いをしているだけなので、
キャリアのように割引がかかるわけではありません。

 

 

少しでも安くしたい場合は、
SIMカードと端末の購入は分けてしまうほうが
費用を抑えることができます。

 

 

SIMカードだけを買う場合

SIMカード
現在使用しているスマホを
格安SIMで使いたい人は、
SIMカードのみを購入すれば、
利用することができるようになります。

 

 

現在使用しているスマホを格安SIMで
利用する場合、SIMロックを解除するか
同じ回線を利用できる事業者を選ぶ必要があります。

 

 

SIMロック解除はショップに持ち込んで、
SIMのロックを解除してほしいことを伝え、
対応機種であれば受け付けてもらえると思います。
詳細は下記のリンクを確認してください。

 

 

キャリアのSIMロック解除の確認

 

 

SIMロックを解除したスマホやSIMフリースマホは
基本的には、どの回線でも利用することは可能ですが、
対応している事業者の多さからdocomoの回線を
利用することをおすすめします。

 

 

docomoの回線はほとんどのMVNOが対応しており、
auの回線は段々と増えてきているところです。
Softbankの回線はまだ対応してるMVNOは少なく
今後増えてくるのではないかと思います。

 

 

現在使用しているスマホを格安SIMで
使わない場合でも、端末は安価で買えるお店で
購入して回線も自分の好きなMVNOを選ぶことが
最も良い選択なのではないかと思います。

 

 

SIMカードを単体で買う場合の注意点

SIMカード3種類
SIMカードにはサイズが3種類あります。
標準SIM、microSIM(マイクロSIM)
nanoSIM(ナノSIM)があります。

 

 

違いは基本的に、
大きさしかなく機能などは同じです。

 

 

SIMカードのサイズは、
標準規格化されていて、
どの会社のSIMカードを挿して
利用することができます。

 

 

スマホに合ったSIMカードを
購入できれば問題ありませんが、
サイズ違いの場合再発行して
もらわなければいけなくなります。

 

 

手数料が発生することがあるので、
SIMカードを購入する際は
スマホのSIMのサイズを確認してから
手続きするようにしましょう。

 

 

メーカー保証外のため自己責任になりますが、
SIMアダプターというものあります。

 

 

小さいサイズのSIMカードを
一つ大きいサイズのSIMカードとして
使うことができるアダプターです。

 

 

金額が数百円と安いので
利用しても良いですが、
端末に引っ掛かり取り出せなくなる
危険性もあります。

 

 

SIMアダプターは、
メーカー保証の対象外のため、
利用する場合は自己責任になります。

 

 

故障するリスクなどを考えると、
正規の手続きでSIMカードを、
変更することをおすすめします。

 

 

 

APN設定を設定しよう

APN設定
スマホとセットで購入した場合は、
一緒にセットアップしてくれることが多いのです。

 

 

しかし、SIMカード単体の場合、
設定を自分でしなければいけません。

手順としては、

 

  1. 端末にSIMカードを挿入する
  2. 接続先の設定をする
  3. APNを選択する

 

と設定していきます。
SIMの挿入方法は、
機種によってかなり変わります。

 

 

本体にピンを挿して
SIM用のトレイを引き出すものや
バッテリーを外して
挿入するようなものもあります。

 

 

取扱説明書やマニュアルなどを
確認しながら挿入するようにしましょう。

 

 

SIMカードを挿入するときは、
向きなどもあるので、
正しく挿入できていれば、
簡単に挿入できます。

 

 

一部のSIMカードでは、
あらかじめANPが設定されていて、
そのAPNがあればそれを選択すれば
すぐに利用することができます。

 

 

設定されていなければ手動で設定を行います。
入力するところは届いた
書類などに記載されているので、
確認しながら入力していきます。

 

 

APNが設定できれば
そのAPNを選択することで
通信ができるようになります。

 

 

端末のモバイルデータ通信が
無効になっている場合、通信ができないので、
APN設定を行っても通信ができない場合は
端末のモバイルデータ通信を確認してください。

 

 

MVNOで契約するときのまとめ

格安SIM
格安SIMを購入するときは、
スマホなどの端末とセットで
購入する方法とSIMカードを
単体で購入する方法があります。

 

 

どんな端末でも良い人は、
セットで購入することで、
セットアップしてくれる場合が多いので、
設定する手間が省けます。

 

 

SIMカードのみで購入する場合は、
端末に合うサイズのSIMカードでないと、
挿入できずに利用できません。

 

 

そうならないように、
端末のSIMカードのサイズを
確認しておきましょう。

 

 

サイズ間違いの場合、
SIMカード発行手数料が
再度かかる場合があるので、
無駄な費用が掛かります。

 

 

SIMカードが届いたら、
APNの設定を行い完了したら、
通信ができるようになります。

 

 

>>格安SIMの選び方の記事に進む

 

 

>>通信費の節約の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る