格安SIMでLINEやIP電話を活用したい方へ

格安SIMでIP電話やLINEを使うときの注意点とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

格安SIMでLINEやIP電話を
利用するときの注意点
などについて
まとめました。

 

格安SIMでLINEや
IP電話を利用することで、
さらに通話料を抑えることができます。

 

しかし、注意点などを把握していないと、
登録に無駄な手間がかかってしまったり、
使いたい機能が利用できない
ということもあります。

 

 

LINEやIP電話を利用する方は、
今一度注意点を確認しましょう。


 

 

LINEを利用する場合の注意点

LINE
格安SIMには、音声通話機能付きSIMと
データ通信専用SIMの2種類があります。

 

 

LINEを利用する場合、
音声通話もインターネット回線を
通じて通話をするので、
データ通信専用SIMでも問題ありません。

 

 

しかし、データ通信専用のSIMカードを
選択する場合に注意点があり、
SMS機能が利用できるかどうかを
注意する必要があります。

 

 

SMSが無くても登録することができますが、
SMSがないと登録時の手間が増え、
一部機能が利用できないという
デメリットが発生します。

 

 

音声通信機能付きSIMであれば、
通常の音声通話に加え
SMSも利用できるので、
簡単に登録できます。

 

 

LINEを利用していない固定電話や
携帯電話に電話を掛けるときに
通話料が安くなる「LINE Out」も
SMS機能がついていれば利用できます。

 

 

しかし、SMS機能がない場合、
電話番号認証ができないため
LINE Outを利用できません。

 

 

他にもLINE STOREも電話番号認証が
できない場合、利用できないので、
スタンプなどを買いたい方は
注意が必要です。

 

 

また、LINEモバイルを除いて、
格安SIMでは年齢認証ができません。

 

 

年齢認証ができないと、
IDを使っての検索ができないため、
知り合いの方を追加し難いという
デメリットもあります。

 

 

SMS機能が付いていないSIMでLINEを利用する場合

メッセージ
LINEを利用する場合、
一番簡単に登録する方法は
SMSを利用した電話番号認証です。

 

 

しかし、SMSに対応していない場合でも
LINEを利用することができます。
Facebookのアカウントを持っていれば、
利用することができます。

 

 

FacebookのアカウントをLINEと連携させることで、
LINEのアカウントを作成することができます。

 

 

LINEアプリを起動して
新規登録をタップします。
次の画面に移行したら下のほうにある
Facebookでログインを選択します。

 

 

Facebookのアカウントの
ログイン画面が表示されるので、
Facebookにログインしてください。

 

 

ログインできると、
Facebookの登録名としてログイン
という欄が出てくるので、
それをタップします。

 

 

連携できるとFacebookで登録している
名前とプロフィールの画像が
LINEに登録されます。

 

 

後から登録名やプロフィール画像を
変更してもFacebookの画像などは
変更されないので、違う画像などに
したい場合は変更しても問題ありません。

 

 

そもそもIP電話とは?

電話
IP電話とは、音声回線を利用せず、
データ回線を利用してインターネット経由で
音声データをやり取りをする通話の方法です。

 

 

格安SIMで利用できるIP電話は

 

  1. 同じアプリ同士で通話するもの
  2. 「050」から始まる電話番号を取得して通話するもの

 

の2種類があります。

 

 

同じアプリ同士で通話するもの

アプリを利用して通話する場合は、
通話する相手も同じアプリを
利用していなければ、
通話することが出来ないものがあります。

 

 

そのため通話相手がスマホや、
タブレットなど同じアプリを利用できる
端末を利用している必要があります。

 

 

LINEでは電話番号認証ができていれば
「LINE Out」を利用することで、
通話料が発生してしまいますが、
携帯電話や固定電話に電話をかけることができます。

 

 

ほかにも、音声通話機能付きSIMを
契約していれば、その番号を利用して
格安の通話料で電話をかけることができる
サービスを展開しているところもあります。

 

 

「050」から始まる電話番号を取得して通話するもの

050から始まる電話番号を
取得することで通話することができます。

 

 

音声回線を利用していないだけで
普通の電話番号と同じように、
携帯電話や固定電話に
電話をかけることができます。

 

 

音声回線を利用していないので、
通常の通話よりも通話料が
安くお得に電話をかけることができます。

 

 

残念ながらLINEでは、
050の番号では電話番号認証ができませんが、
データ通信専用SIMで電話できるので
便利だと思います。

 

 

IP電話と格安SIMのおすすめの使い方

電話
スマホにあまりお金をかけたくない方は、
格安SIMを契約するときは、
データ通信専用のSIMを
契約することをおすすめします。

 

 

ただ、電話が必要なくても、
SMSの機能はあるとLINEの登録するときなど、
便利なので、SMSの機能はつけておいた方が
良いのではないかと思います。

 

 

また、電話に関しては、
基本料が0円で利用することができ、
「050」の番号が取得できるアプリを
利用すると良いと思います。

 

 

電話をかけることがなければ、
料金が発生することもないので、
必要な場合のみ利用することで、
無駄な出費を減らすことができます。

 

 

ちなみに私自身が選んだMVNOは、
SMSの機能がついているデータ通信専用の
SIMカードがなかったので、
通常のデータ通信専用のSIMカードを使っています。

 

 

非常時など、電話することもあると思うので、
「050」の番号が取得できるアプリを
利用するようにしています。

 

 

利用しているアプリは、
楽天の子会社のフュージョン・コミュニケーションズが
提供している「SMARTalk」を利用しています。

 

 

基本的に電話をすることがないので、
「SMARTalk」を利用したことがありませんが、
何かあったときのために一応、
ダウンロードしてあります。

 

 

2台持ちしている方には不要かもしれませんが、
格安SIMのデータ通信専用SIMを利用している方は、
緊急時すぐに連絡を取れるように
ダウンロードしておいても良いかもしれません。

 

 

LINEなどのデータ通信を利用した電話についてのまとめ

LINE電話
LINEをSMSの機能が付いていない
データ通信専用SIMを利用する場合、
登録することはできますが、
デメリットがあります。

 

 

登録時に電話番号認証ができないため、
他の方法で登録するしかありません。

 

 

そのため、SMS認証での登録よりも
登録するときに手間がかかってしまします。

 

 

他にも、LINE Outが利用できず、
携帯電話や固定電話に
電話することができません。

 

 

また、LINE STOREも
利用できないので、
スタンプや着せ替えなどを
購入することができません。

 

 

上記した機能を利用したい人は、
必ず、SMSの機能がついた
SIMカードを契約するようにしましょう。

 

 

SMS機能が付いていないSIMで
LINEを利用する場合は、
Facebookのアカントと連携させて、
登録する必要があります。

 

 

その時、LINEの登録名や
プロフィール画像はFacebookで
登録している物と同じものに設定されます。

 

 

格安SIMで電話を利用する場合、
IP電話を利用して通話することもあります。

IP電話とはデータ回線を利用して、
インターネット経由で通話する方法です。

 

 

音声回線を利用していないので、
回線が不安定になったり、
品質が悪いこともありますが、
音声回線を利用するよりも安くなります。

 

 

ほとんど音声通話を利用しない場合は、
SMS機能付きのSIMカードと、
050の番号が利用できるアプリを
利用することで金額を抑えることができます。

 

 

>>SMS機能は必要なのか?の記事に進む

 

 

>>通信費の節約の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る