格安SIMのメリット、デメリットについて知りたい方へ

スマホの料金を安くできる格安SIMのメリットとデメリットとは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

スマホを月額料金を1,000円以下にまで
抑えることもできる
格安SIMについて
ご紹介します。

 

そもそも格安SIMはどんなものなのかや、
どんなメリットやデメリットがあるか
まとめていきます。

 

利用方法を知らずに契約してしまうと、
自分が持っていた携帯では、
利用できないということもあります。

 

そうならないように、
格安SIMの仕組みや種類などについて
学んでいきましょう!


 

 

そもそもSIMカードとは?

simカード
SIMカードとは、スマホやタブレットに
入っているICカードの事です。

 

 

「Subscriber Identity Module」カードの略で
日本語では「加入者識別モジュール」と訳されています。

 

 

SIMカードにはそれぞれ
固有のID番号が記録されていて
インターネットや電話を利用するためには、
このSIMカードが必要になってきます。

 

 

SIMカードの種類が
標準SIM・マイクロSIM・nanoSIMがあり、
使用する端末に合ったSIMカードを
挿入しなければ使用できません。

 

最近では、ほとんどの機種で
nanoSIMが使われるようになっています。

 

 

大手キャリアでスマホを契約する場合、
設定などの手続きをしてくれているので、
すぐにスマホを利用することができます。

 

 

しかし、格安SIMなどで
スマホとSIMカードを別々に購入したは、
自分で通信方式とAPNなどを
設定する必要があります。

 

 

格安SIMはなぜ安いのか?

mineo
ニュースやメディアでも取り上げられている
格安SIMはなぜキャリアの料金よりも、
安くスマホを利用することができるのでしょうか?

 

 

通信インフラを借りてユーザーに、
格安SIMを提供している事業者の事を
モバイルバーチャルネットワークオペレーター(MVNO)と言い、
日本語では仮想移動通信業者と言います。

 

 

分かりやすく言い換えると、
大手キャリア(docomoなど)の
通信インフラを借り受けて、
サービスを提供する事業者という意味です。

 

 

反対に、大手キャリアのように、
自社で用意した通信インフラを
ユーザーに提供する事業者の事を

 

 

モバイルネットワークオペレーター(MNO)と言い、
日本語では、移動体通信事業者と言います。

 

 

電気通信事業の認可を受けられる、
通信業者の数は少なく
自社で通信インフラを用意するには
整備などに多額の費用が掛かります。

 

 

今までは、大手キャリアと呼ばれる
docomo、au、ソフトバンクと契約することで
無線通信を利用することができていました。

 

 

MVNOは、MNOから通信インフラを
借り受けることによってユーザーに、
無線通信を提供しています。

 

 

MVNOと違い、通信インフラを
借り受けて提供しているので、
提供するために必要な費用が少なく済み
格安で無線通信を提供することが可能です。

 

 

安いこと以外にもいろいろなメリットが!

UQmobileのプラン
格安SIMを契約することで、
発生するメリットをまとめます。

 

  1. 月額料金が安い
  2. プランやオプションが多く選択肢が多い
  3. 2年縛りがなく、違約金が発生しないことが多い

 

などがメリットになります。
一つずつ詳細を説明していきます。

 

 

月額料金が安い

最大のメリットはやはり月額利用料の安さです。

 

 

大手キャリアのスマホを
利用しようとすると、
年齢やプランにもよりますが、
8,000円〜1万円ほどかかると思います。

 

 

しかし格安SIMの場合、
一番安いプランを契約すると、
データ通信専用の利用で
月額が500円を下回ります。

 

 

利用者の利用状況に応じて、
金額は変わりますが、
データ通信だけのプランでは、
キャリアのスマホの10分の1。

 

 

通話ができるプランであっても、
キャリアのスマホの半分以下で、
利用することも可能です。

 

 

プランやオプションが多く選択肢が多い

格安SIMは様々なプランやオプションによって
自分の使いやすい組み合わせで
契約することができます。

 

 

キャリアのスマホでも、
プランやオプションを選択することはできますが、
格安SIMよりも選択肢の幅が狭く、
自由に選びにくいです。

 

 

キャリアのスマホでは、
もともと携帯電話の会社のため、
基本的に通話ができるSIMしか契約できません。
しかし、格安SIMでは

 

  • データ通信専用SIMカード
  • データ通信とSMS(ショートメッセージ)が使えるSIMカード
  • 音声通話機能付きSIMカード

 

と3種類から選ぶことができます。
データ通信専用SIMカードは、
名前の通りインターネットは利用できますが、
通話することはできません。

 

 

データ通信とSMSが使えるSIMカードは、
インターネットが利用でき、
SMSが利用できるので、

 

 

無料通話アプリのLINEを使って
通話をすることはできます。

しかし、LINEを利用していない相手と
通話することはできません。

 

 

データ通信とSMSが使えるSIMカードは、
データ通信専用SIMで利用できるサービスに加えて、
SMSの機能を利用することができます。

 

 

電話番号しか知らない人とも、
メッセージのやり取りをすることができます。
また、SMS認証が必要なLINEなどの登録が、
簡単にできるようになります。

 

 

音声通話機能付きSIMカードは、
キャリアでのスマホの使い方と同じように、
通話とインターネットの利用ができます。

 

 

メインのスマホを格安SIMで利用する場合は、
音声通話機能付きSIMを利用することを
おすすめします。

 

 

2年縛りがなく、違約金が発生しないことが多い

キャリアのでの契約では、
最低利用期間が基本的に2年で
短くても1年は利用しなくてはいけません。

 

 

その他にも、2年経過していれば
いつでも解約できるわけでなく、
契約更新月に解約した場合のみ
解約金がかからないようになっています。

 

 

格安SIMの場合では、
データ通信のみのSIMカードであれば
基本的に最低契約期間や解約金の
縛りのあるMVNOはありません。

 

 

なので、データ通信のみで良い方は、
自分にあったMVNOを選べばよいです。

 

 

音声通話のできるSIMカードを
契約する場合は、最低契約期間や
解約金が発生する場合があります。

 

 

しかし、キャリアの縛りと比べて
格安SIMの縛りや解約金の条件は
とても緩くなります。

 

 

最低利用期間は、大体半年〜1年で
その期間を過ぎれば、
いつ解約しても解約金はかかりません。

 

 

解約金は6,000円〜9,800円くらいで
一番高くても、キャリアの解約金と
同じくらいの金額になります。

 

 

また、解約金は発生しませんが、
MNP転出する際の手数料の金額が
利用年月によって変化する格安SIMもあります。

 

 

MNPで他社に乗り換えをする可能性が
高いのであれば、最低利用期間の短い
格安SIMを利用することをおすすめします。

 

 

電話番号が変わっても良いという方は、
MNP転出を行わなければ、
かかる費用を抑えることもできます。

 

 

どのようなデメリットがあるのか?

UQmobileの支払い方法
格安SIMを利用することで発生する
デメリットについてまとめていきたいと思います。

 

  1. クレジットカードでしか、支払いができない格安SIMが多い
  2. 通信速度がキャリアと比べ遅くなりやすい
  3. 通話する回数によっては通話料が高くなる
  4. キャリアのメールアドレスやサービスが利用できない
  5. 端末が故障したときのサポートが不十分

 

などがあります。

 

 

クレジットカードでしか、支払いができない格安SIMが多い

格安SIMの料金を支払いで、
クレジットカードでしか
支払いができない場合が多いです。

 

 

最近では、口座振替やデビットカードに
対応してくれる事業者も増えてきましたが、
それでも、いまだにクレジットカード以外で、
支払いできないことも多いです。

 

 

格安SIMを契約しようと考えている方で、
クレジットカードを持っていない方は、
先にクレジットカードを作成しておくか、
他の支払いができる事業者を探しておきましょう。

 

 

口座振替が可能な格安SIM一覧 条件ありで口座振替が可能

デビットカードで支払い可能な格安SIM一覧
※対応していないカードもあります。
※申込時にサポートへ問い合わせが必要な場合があります。

・UQ mobile

・BIGLOBEモバイル

・OCN モバイル ONE

・@モバイルくん。

・楽天モバイル

・mineo(eo光ネットで口座振替を選択している人)

・OCN モバイル ONE

・DTI SIM

・楽天モバイル

・mineo

・NifMo

 

 

通信速度がキャリアと比べ遅くなりやすい

MVNOはキャリアの通信回線の一部を借り受け、
格安SIMユーザーに利用してもらっています。
それにより、貸し出しをしているキャリアと比較すると
通信速度の低下や通信制限が厳しくなります。

 

 

特に利用者の多い時間帯(特に午後12時〜13時)は
通信速度がかなり遅くなり、動画など
容量の大きい通信が難しくなり事が多いです。

 

 

契約しているユーザーの多さや、
キャリアから借り受けている通信回線の
帯域の量などによって速度が変わりますが、
キャリアと比べるとかなり遅くなることもあります。

 

 

通話する回数によっては通話料が高くなる

最近では、かけ放題のプランも
増えてはきましたが、
完全なかけ放題のプランを提供している
MVNOはそれほど多くありません。

 

 

格安SIMの音声通話は30秒あたり、
20円の通話料が加算されます。

かかってくる場合は、問題ありませんが
発信する場合、かなり高額になることもあります。

 

 

そのため、音声通話よく利用する方は、
格安SIMにすることでかえって割高に
なってしまうこともあります。

 

 

格安SIMの場合は、
最初の〇分間は無料というタイプが多く
その時間を超えると通常の通話料が、
加算される方法がとられています。

 

 

キャリアのメールアドレスやサービスが利用できない

格安SIMに移行すると、
キャリアのメールアドレスが
使えなくなります。

 

 

LINEなどのSNSや、
GmailやYahoo!メールなどのフリーメールなどで、
代用できるものも多いですが一部のサイトなどで、
キャリアのメールアドレスが必要な場合があります。

 

 

そのようなサイトなどに登録するときに、
キャリア以外のメールが用意されていない場合、
登録することができません。

 

 

キャリアのメールアドレスの他にも、
キャリア決済や年齢確認サービス、
au walletなども使えなくなります。

 

 

docomoの一部サービスは、
docomo回線が無くても「dアカウント」に
ログインできれば利用することができます。

 

 

端末が故障したときのサポートが不十分

キャリアでは、全国にショップがあるので、
契約やプランを変更したいときや、
使い方がわからない時などは店頭に行けば
相談することができます。

 

 

しかし、格安SIMはショップ自体少なく
店頭でサポートしてくれる所が少ないです。
店頭で契約する場合よりも、
ネット上で申し込みするほうが多いです。

 

 

また、スマホが故障した場合、
キャリアでは修理の受付から、
代替機まで用意してくれました
が、

 

 

格安SIMを使っているときに故障した場合、
スマホのメーカーに直接修理依頼を出すか
新しく買い替えをしなければいけない
場合もあります。

 

 

最近になって、
SIMカードと端末をセットで購入した場合、
端末の保証サービスが利用できるもの
や、

 

 

SIMカードのみの契約でも、
端末の保証サービスを利用できる
オプションが付けられる
MVNOが増えてきました。

 

 

MVNOによって、
保証内容が変わるので、
しっかりと確認が必要です。

 

 

キャリアを選択したほうが良い人は?

docomo
ここまでは、格安SIMのメリットと
デメリットを紹介してきましたが、
次はキャリアのスマホを選択したほうが
良い人についてご紹介していきます。

 

 

  1. キャリアのメールアドレスが必要な人
  2. 通話をよく利用する人
  3. サポートがないと不安な人

 

という方は、キャリアのスマホを利用したほうが
失敗も少なく、簡単にスマホを利用できると思います。

 

 

キャリアのメールアドレスが必要な人

格安SIMのデメリットのところでも書きましたが、
音声通話機能付きの格安SIMであれば、
電話番号はそのまま引き継ぐことができますが、
キャリアのメールは使えなくなります。

 

 

現在利用しているサイトなどで、
キャリアメールだけでしか登録できないような
サイトを利用している人は、

 

 

格安SIMに変更してしまうと、
利用できなくなってしまうので、
注意が必要です。

 

 

通話をよく利用する人

キャリアでの通話はかけ放題のプランであれば、
国内の通話24時間定額のかけ放題です。

月額2,700円でかけ放題になります。

 

 

仕事での利用や友達との連絡で、
発信するほうが多い方は、
キャリアのスマホを利用したほうが
良いと思います。

 

 

格安SIMでもかけ放題のプランもありますが、
大体、3分から10分間のかけ放題という
プランが多いです。

 

 

時間無制限のかけ放題のプランがある
MVNOもありますが、IP電話もしくは
プレフィックス(中継電話)を利用して
電話利用金を安くしています。

 

 

IP電話はデータ通信の回線を利用して、
通話しているので、データ通信が不安定な
場所などで利用していると途中で切れてしまったり、
音声の遅延などが発生します。

 

 

プレフィックスの場合は、
通常の電話回線と同様の回線ですが、
電話を掛けるときに各事業者ごとの
プレフィックス番号を入力するか、

 

 

専用のアプリを利用しないと、
かけ放題の対象外になってしまい
通話料が発生してしまうこともあります。

 

 

通話の品質が良いほうが良い人や
手間がかかるのが面倒という人は、
格安SIMに移行しずに、
キャリアのスマホ利用したほうが良いと思います。

 

 

サポートがないと不安な人

格安SIMはショップが少なく、
手厚くサポートすることが難しく、
サポートのかかるコストを最大限
抑えようとしています。

 

 

そのため、対応に時間がかかってしまったり、
サポートが不十分になってしまいます。

 

 

しかし、キャリアは今までの実績から
手厚いサポート体制ができており、
スマホの使い方から故障の時の対応など、
しっかりとサポートしてもらえます。

 

 

キャリアのサポートを
あまり受けたことのない人や
自分で対処法などを調べて、
対応することができる人は格安SIM。

 

 

自分で対応することが難しい人や
キャリアのサポートをよく受ける人は、
キャリアのスマホを利用したほうが
良いのではないかと思います。

 

 

格安SIMについてのまとめ

UQmobileのスマホ
しっかりと理解したうえで、
格安SIMを利用すれば、
スマホ代をかなり安く
済ませることができます。

 

 

しかし、MVNOのサポートはキャリアのサポートのように
手厚くサポートをしてくれるわけではないので、
困ったときにすぐに対応して
もらえないこともあります。

 

 

また、格安SIMはキャリアの
通信回線の一部を借り受けてユーザーに
提供しているため通信速度が、
遅くなってしまうことが多いです。

 

 

ほかにも、キャリアの
メールアドレスが使えなかったり、
サービスが利用できなくなります。

 

 

金額だけで選ぶのではなく、
メリットとデメリットをきちんと
把握して自分にあったスマホを
選ぶようにしましょう。

 

無制限SIMのメリットとデメリットとは?

SIMカードのイラスト

次のページでは、
無制限SIMについて
まとめました。

 

どんな種類があるのかや、
契約するときの注意点など、
まとめましたので、
参考にしてみてください。

 

>>データ容量を気にせず使う方法の記事に進む

 

 

>>通信費の節約の記事に戻る

 

>>主婦節約TOPページに戻る

格安SIMとは?<<メリットとデメリットをご紹介します>記事一覧

このページでお話しする内容ここでは、毎月のデータ容量の制限がない無制限SIMについてまとめました。無制限SIMの種類やメリット、デメリットについて知ることができます。MVNOによっては一定期間内に使いすぎてしまうと通信制限がかかってしまうかもしれません。注意点などをまとめてあるので、どんなことに気を付ければよいか学んでいきましょう。データ容量が無制限のSIMのメリットデータ通信が無制限で行えるので...

このページでお話しする内容ここでは、通信制限になったときの速度や当月の通信容量の確認の仕方についてまとめました。通信制限を回避するための方法や毎月どれくらいの通信容量を使っているのか確認することで、契約内容を見直すきっかけになります。毎月通信制限になってしまい、速度が遅くてストレスがたまることを減らすことができます。ここで通信制限について改めて学んでいきましょう。通信制限とはどういうものなのか?キ...

このページでお話しする内容ここでは、キャリアと格安SIMの良い点、悪い点を比較しました。キャリアと格安SIMのそれぞれに良い点があれば、悪い点も存在します。価格を抑えようと格安SIMを契約してもかえってキャリアよりも高額になってしまうということもあるのでしっかりと確認しておく必要があります。どんな状況でどっちを選ぶのか、自分に合ったものを選択するようにしましょう。docomoやau、Softban...

このページでお話しする内容ここでは、格安SIMでLINEやIP電話を利用するときの注意点などについてまとめました。格安SIMでLINEやIP電話を利用することで、さらに通話料を抑えることができます。しかし、注意点などを把握していないと、登録に無駄な手間がかかってしまったり、使いたい機能が利用できないということもあります。LINEやIP電話を利用する方は、今一度注意点を確認しましょう。LINEを利用...

このページでお話しする内容ここでは、SMSの機能は付けるべきなのかどうかまとめました。データ通信用のSIMにも種類がありSMSがついているものと、ついていないものがあります。付けないと様々なデメリットが発生します。快適にスマホを利用するために、SMSのメリットについて学びましょう。SMS認証が必要なサービスがある様々な人が利用しているLINEやFacebookなど、本人確認のために「SMS認証」が...

このページでお話しする内容ここでは、MVNOで契約するときの購入方法についてまとめました。スマホでセットで買ったり、SIMカード単体で買ったりと、色々な方法があります。サイズ間違いなどをしてしまうと、再度発行手数料がかかって、無駄な出費をしてしまうこともあります。そうならないように、購入前に必要なことを学んできましょう。スマホやタブレットとセット購入スマホやタブレットとセットで購入することで、セッ...