上手くやりくりして食費を抑えたい方へ

食材を上手くやりくりして、食費を抑える方法とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

上手くやりくりして食費を
浮かせる方法をご紹介します。

 

上手くやりくりすることで、
毎週友達とランチに行ったり
遊園地に遊びに行くことも可能です。

 

やりくりに失敗してしまうと
毎月財布の中身がさみしく
なかなか遊びに行くことが
できないかもしれません。

 

そうなる前に食費の上手なやりくり方法を
学んでいきましょう!


 

 

食費を抑えるには財布の中身は1週間分のみ!

財布
毎月の食費をある程度
決めている人は少なくないと思います。
しかし、予算をどんぶり勘定で
計算していては節約には遠ざかります。

 

 

1週間分の費用を最初に決めておきましょう。
やり方としては1ヶ月分の食費を決め、
5週分として割ります。

 

 

あらかじめ食費を決めておき、
その週の分しか財布の中に
入れないようにしておきましょう。

 

 

財布に入っているのは
必要な分しか入っていないため、
衝動買いを防ぎ
無駄な出費を防ぐことにつながります。

 

 

野菜の不作や原材料のコストの上昇によって
物価が上がり最初に決めた金額では、
足りないこともあるかもしれません。

 

 

そういうときのために、
スーパーのポイントカードを
作っておくようにしましょう。

 

 

マイバッグの利用や
商品の購入金額に応じて
ポイントを貯めることができます。

 

 

貯まったポイントを
食費が足りない時に
活用していきましょう!

 

 

また、買い物はなるべく
1人で行くと良いです。

 

 

お子さんなどを連れて出かけると
お菓子やジュースなど、
あまり必要のないものまで
買ってしまうようなことになりかねません。

 

 

たまには必要だと思いますが、
毎回買っていては節約になりません。

 

 

買い溜めした分がなくなった時だけ
一緒に買い物に出かけると、
お菓子を買い与えることもできるの
良いのではないかなと思います。

 

 

買い物するお店や商品を取捨選択しよう

業務スーパー
乾物類や缶詰、冷凍食品など
保存のきく商品は安いところで、
まとめて買うのがお得です。

 

 

小売店を相手にしている
業務スーパーや問屋で買うことで、
容量の多い商品を安く
買うことができます。

 

 

家にストックしておけるので
病気や急な来客があった場合でも
ある程度対応できるようになります。

 

 

調味料やちょっとしたお惣菜など
大手メーカーの商品を買っている人も
多いと思いますが、値段を考えると
PB(プライベートブランド)商品が良いです。

 

 

PB商品とは小売業者や卸売業者が
開発し販売している商品で、
大手メーカーが製造を担当している
商品の事を言います。

 

 

広告費などがかかっていないため、
商品の単価が安く、
製造している多くが大手メーカーのため
商品の品質は悪くありません。

 

 

この、PB商品はもともとが安いため
特売日に関係なく買うことが
できるためとてもおすすめです。

 

 

食材を上手くやりくりしてレパートリーを増やそう

食材
料理をリメイクして、違う料理を作ることで、
時間や料理を無駄にすることなく
レパートリーを増やすことができます。

 

 

肉じゃがを作って、余ってしまったとします。
残ったものを使って別の料理に
変えてしまいましょう。
例えば、

 

  • 市販のルーを使いカレーやシチュー
  • 具をつぶしてコロッケやグラタンの中身に
  • ポテトサラダ

 

など、使い方を工夫することで
全然違ったものに変身させてしまうこともできます。

 

 

テレビ番組でもいろいろなリメイク料理を
紹介していると思うので試してみると、
簡単でお手軽に作ることができます。

 

 

また、年間通して安く買えるもやしは
節約にはかなり重要な食材

言えるのではないでしょうか。

 

 

もやしを使ってナムルにしたり、
酢の物にも使えるでしょう。
焼きそばに入れてみると
かさ増しにも使えます。

 

 

他の食材と一緒に炒めたり
ゆでたりできる万能な食材

なのではないかと思います。

 

 

保存がきいて値段もお手頃な
乾物を様々な料理のかさ増しに、
使うという手もあります。

 

 

ツナ缶の中のオイルを使って、
オムレツなどを作るとツナの風味がして
よりおいしくなります。

 

 

オイルにサラダ油や酢、醤油と混ぜて
ドレッシングとしても使えるようになります。

酸化するので、早めに使わなければいけませんが
いつも捨てているものを有効利用することができます。

 

 

調理の仕方次第でお菓子代を抑える方法

ホットケーキミックス粉
市販のおやつは、
商品によって添加物が大量に
入っている事があります。

 

 

無添加と書いてあるものでも、
法律上、無添加と記載できる範囲で
入っていることも多いです。

 

 

そこで、ホットケーキミックスを使って
自宅でお菓子を作っても良いと思います。

 

 

ホットケーキミックスの中には、
ベーキングパウダーが入っており、
お手軽におやつを作ることができます。

 

 

そのままホットケーキを作っても美味しいですが、
少し工夫していつもとは違った
食べ方をするのも楽しいと思います。

 

 

  • ホットケーキミックスに入れる水分の量を減らして、

    少し固めにしておいて、
    油で揚げることでドーナツやサーターアンダギー
    にしてしまうこともできます。

     

     

  • チョコチップやバターを混ぜて焼くことで、

    クッキーを作ることも可能です。
    ほかにも、豆腐を使ったおやつも
    作りやすく、ヘルシーで良いと思います。

  •  

     

  • もち粉や白玉粉と豆腐で

    団子を作り醤油や砂糖、片栗粉で
    みたらし団子を作ることができます。

  •  

     

  • 生クリームと砂糖、卵白と一緒に、

    豆腐を混ぜて冷やして固めたら
    豆腐のアイスクリームを
    作ることもできます。

 

 

少し工夫するだけでおやつを作ることができ、
市販のものと比べても安く
ヘルシーなおやつを作り出すことができます。

 

 

食費を浮かせる方法のまとめ


買い物に行くときは
1週間分の食費だけを入れて
1人で出かけましょう。

 

 

衝動買いを防ぎ必要な物だけを
買いに行くことができます。

 

 

いつも買い物をするお店は
ポイントカードを作っておき
食品が高騰した時などに
有効活用すると良いでしょう。

 

 

買う商品によっては、
業務スーパーや問屋を利用することで
まとめて買うことができ、
食費を抑えることにつながります。

 

 

また大量に買えるので、
緊急時に買い物に出なくても
家の中で賄うこともできると思います。

 

 

調味料などは、
販売店のPB商品を利用することで
大手メーカーの商品より、
低価格で高品質のものを買えます。

 

 

料理をリメイクすることで
同じ料理を何日か
利用することができます。

 

 

肉じゃがを大量に作っておいて、
次の日にカレーやシチュー、
その次の日はコロッケなど
味を変えて数日間献立を工夫できます。

 

 

ホットケーキミックスを使って
いろいろなおやつを作っておくことで
おやつ代を減らすこともできます。

 

 

材料を固めにしておいて
油で揚げてドーナツにしたり、
チョコチップやバターと焼いて
クッキーを作ることができます。

 

 

豆腐を使ってアイスやみたらし団子など、
安くヘルシーなおやつを作ることができるので
一度作ってみると良いと思います。

 

 

節約するための食材の買い方とは?

まとめ買いのイラスト

次のページでは、食費の節約ができる
買い物の仕方についてまとめていきます。

 

毎日買い物に出かける方、
まとめ買いをして1週間に1回
買い物に出かける方、
買い物の仕方はいろいろあります。

 

あなたに合う買い方をしないと、
無駄な出費をしてしまうことになります。

 

そうならないように、
あなたに合った買い物の仕方を
学んでいきましょう!

 

>>買い物の仕方についての記事はこちら

 

>>食費の節約術の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る