食費を節約するための買い物の仕方が知りたい方へ

無駄な出費を減らし、食費を抑える買い物の仕方とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

まとめ買いか毎日買い物に
出かけるほうが良いのか

ご紹介します。

 

買い物の仕方を学ぶことで
無駄な出費をなくし、
節約できるようになります。

 

買い方を間違えると無駄遣いが増え、
気付いた時には財布の中身が
さみしい状態になってるかもしれません。

 

買い物の仕方で、
かなり変わってくるので
正しい買い方を学びましょう!


 

 

お得に買い物をしたいなら毎日スーパーに行こう

お弁当
毎日その日に食べるものを
買いに行くとすると、
お弁当屋お惣菜などを
購入するが多くなると思います。

 

 

そういう場合は、
夕方から閉店間際にスーパーに
行くようにしましょう。

 

 

お弁当やお惣菜は賞味期限の関係上
それを過ぎる前にお店側は、
多少値引きしても売り切ろうとします。

 

 

そういった見切り品を買うことで
安く商品を買うことができます。

 

 

買ってすぐ食べないのであれば
こういう商品を購入するのは
おすすめできません。

 

 

しかしその日のうちに
食べきれるのであれば問題はないと思うので、
見切り品を中心に買うようにすることで
食費を抑えることにつながります。

 

 

また、お惣菜やお弁当などではなく
食材を毎日買いに行く場合には、
新鮮な商品を買うことができます。

 

 

毎回買うのを1食分にすることで
保存の方法を考えなくてもよくなり
その時自分の食べたいものを
作ることができるということもメリットだと思います。

 

 

交通費と必要のない商品に注意しよう

お菓子
毎日買い物に出かけることで
発生するデメリットもあります。

 

 

お店に行くことで
実演販売でおいしそうな
においにつられてしまい
その商品に手が伸びてしまったり、

 

 

話題になっている新商品が
販売されていてついつい買ってしまったりと
もともと買うつもりになかった商品を
買ってしまうことがあります。

 

 

そのうえ一回の買い物で
使う金額が高くないこともあり
無駄遣いに対して意識しづらいかもしれません。

 

 

また、毎日買い物に
出かけなければいけないので
スーパーに行くための交通費が
かかります。

 

 

他にも毎日必要な分を買うということは
家にあまり食材がないということです。

 

 

通常なら毎日買い物に出かけるので
問題ないと思いますが、
病気になったときや急な来客があったときに
対応するのが難しくなります。

 

 

毎日買い物をするためには、
いかに1回の買い物で使う金額を
抑えるかがポイントです。

 

 

コンビニなどを利用する場合は、
基本的に単価が高いので
PB(プライベートブランド)商品を
利用するようにしましょう。

 

 

日持ちする野菜をまとめ買いするのが節約するコツ

玉ねぎ
スーパーによっては、
野菜を箱ごと購入することで
かなりお得に買うことができます。

 

 

にんじんやジャガイモ、玉ねぎなど
日持ちする野菜はまとめて買うと良いでしょう。

 

 

また、スーパーでは
日曜日などに特売日を
設けているところが多いです。

 

 

その時にまとめて
1週間分の食材を買い
それぞれ処理をして保存することで
週に1度買い物をするだけで良くなります。

 

 

その分、時間や交通費を節約でき
他の事にまわすことができます。

 

 

あらかじめ、
月の食費を決めておくことで
5週として1週間の食費が決まります。

 

 

1週間の食費が決まっているので
1回の買い物をその中におさめ
無駄遣いを減らすことにもつながります。

 

 

反対に上手く金額を調整できれば
ご褒美として美味しいスイーツを
買って帰っても良いと思います。

 

 

保存に適した商品
例えば、缶詰や乾物は
業務スーパーや問屋を利用することで
安く購入することができます。

 

 

最近では、ネットスーパーを
利用する人が増えています。

 

 

お店の場合、
欲しい商品が売り切れになって
買えないということがあります。

 

 

しかし、ネットスーパーでは、
ほとんどの場合そういったことはなく、
一定金額以上買えば
送料が無料になります。

 

 

そのうえ特売品の情報が
いち早く掲載されることもあります。

 

 

ネットスーパーを計画的に
利用することで買いに行く手間が省け
もっと安く食材を購入できます。

 

 

鮮度が落ちると健康に害が出る可能性が…


まとめて買うには、
日持ちする食材を多く買うことになります。

そうなると、買う対象は毎回
同じような商品を買うことになります。

 

 

そのため料理のレパートリーを
増やすのが難しく同じような料理が
続いて飽きてしまうということがあります。

 

 

また、しっかりと保存や管理ができていないと
腐ってしまったり賞味期限切れになってしまい、
食品を廃棄ロスしなければいけなくなります。

 

 

保存の仕方によっては、
鮮度が落ちてしまい美味しく食べることが
できないこともあります。

 

 

食品や調味料などが
切れてしまった場合、
代用品がなければ
買いに行かなければなりません。

 

 

日持ちのする野菜なら良いですが、
あまり日持ちのしないキャベツやレタスなどの
葉物野菜はすぐ傷んでしまうので
まとめて買うことができません。

 

 

それに加えて、
1週間分の食材をまとめて
買うということで運ぶのが大変
ということもあります。

 

 

食費を抑える買い物の仕方のまとめ

野菜売り場
毎日買い物に行くメリットは
夕方から閉店間際に行くことで、
見切り品を中心に買うことで
お得にお惣菜を買うことができます。

 

 

少量しか買わないので、
保存することを考える必要もなく
自分の食べたいものを買うことが
できることもメリットだと思います。

 

 

毎日買い物に行くデメリットは
買うものや金額を決めておかないと
無駄な物を買ってしまって
節約にならないことがあります。

 

 

また、基本的にその日に必要なものを
買いに行くため急な残業や病気など
非常時に対応が難しくなります。

 

 

まとめて買うことで
特売日にまとめて商品を
購入することで安くほしい商品を
大量に買うことができます。

 

 

スーパーに行く機会が減るので
他の事に時間を使うことができ、
無駄なものを買うことが減り
節約につながると思います。

 

 

反対に、まとめて買うことで
管理の仕方を工夫したり
保存方法をしっかりしないと
廃棄ロスを増やすことになります。

 

 

鮮度が落ち美味しく食べることが
できない食材があるかもしれません。

 

 

まとめて買うことで
同じ食品を使い続けることになるので、
レパートリーが偏ってしまうことも
あるかもしれません。

 

 

自分の性格や仕事、
料理のレパートリー、
スーパーまでの距離など

 

 

いろいろな事情によって
左右されると思うので
自分に合った買い物を仕方を
することが一番だと思います。

 

お得な買い物の仕方とは?

コンビニのイラスト

次のページでは、工夫して
1ヶ月の食費を浮かせる方法に
ついてご紹介していきます。

 

 

買う場所や商品、
使う食費の管理の仕方を
工夫することで1ヶ月の
食費がかなり変わってきます。

 

食費の抑え方について
まとめているので、
ぜひ読んでみてください!

 

>>食費を浮かせる方法の記事に進む

 

>>食費の節約術の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る