コンビニを活用して食費を節約したい方へ

食費を節約できるコンビニ活用術とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、コンビニ活用術

「上手く利用して食費を節約する方法」
について書かれています。

 

ひと昔前までは、コンビニ=割高という
イメージがありましたが、
現在は、コンビニの多くが、
プライベートブランド

 

というものを作り、調味料や食材、
商品などもこのプライベートブランドで
作っているので、
価格が安い=食費の節約につながります。


 

 

コンビニの活用術とは?

コンビニ
コンビニ=割高、体によくない?なんて
ひと昔前まではいわれていましたが、
現在はどうなのでしょうか。

 

 

コンビニによって、集客のため
いろいろな工夫がされ、都会には、
同じコンビニが100m先にはあったり、
道路を挟んで向かい側にあったりしています。

 

 

ここでは、コンビニをどのように活用したら、
食費の節約につながるか
を書いてみたいと思います。

 

 

コンビニで買ってはいけないものは?

コンビニ
まず、コンビニで買ってしまうと、
食費の節約につながらないものには
どんなものがあるでしょうか。

 

 

どうやら、ブランド商品のものは、
スーパーやドラッグストアで
購入するよりも割高になってしまいます。

 

 

どういったものを買うと節約につながるのか?

節約
では、どういうものを買うと節約につながるのでしょうか。
例えば、「マヨネーズ」。ブランド商品としては、
キューピーのマヨネーズがすぐに思い浮かぶと思います。

 

 

先ほど、ブランド商品をコンビニで買うと、
割高になってしまうとお話ししましたが、

 

 

では、マヨネーズをコンビニ買いたい場合、
コンビニしか開いていない場合はどうしたらよいでしょうか。

 

 

コンビニの中をよく見ると、

 

ファミリーマートでは「FamilyMart Collection」
ローソンでは「ローソンセレクト」

 

といったようにプライベートブランド(PB)と
いわれる自社製品が置いてあります。

 

 

このプライベートブランドは、ブランド商品より
価格が安くなっており、
買い求めやすくなっています。

 

 

他にはどんな商品がプライベートブランドで
つくられているのでしょうか。
調味料では、そうめんつゆや塩こしょう、片栗粉なども
プライベートブランドとして作られています。

 

 

飲料水では、麦茶などもプライベートブランドで
作られており、ペットボトルにしても
紙パックの商品にしても
お得な価格となっています。

 

 

また、アイスクリームもハーゲンダッツの
アイスクリームは高級すぎて手にとれない、

 

 

なんて人も、似たような味で
お値段半額以下の商品も
プライベートブランドでは作っていたりするので、
ぜひ一度アイスクリームのコーナーも覗いてみてください。

 

 

ほかに、買うと節約につながるもの。
以前のコンビニには、お弁当、おにぎり、
サンドイッチといった完全に調理されたものの

 

 

販売がほとんどでしたが、最近のコンビニを
覗いてみると、冷蔵コーナーには、
今まで置いてあったお弁当類以外に
パウチされた袋に入った1人分のカット野菜や、

 

 

「おひとりさま」用の分量のお惣菜、
あとひと手間加えたら出来上がる
時短料理用の商品なども
プライベートブランドとして作られています。

 

 

これは、コンビニを利用する人の中には、
1人分しか必要のない人も多いというところに視点を
合わせているのではないでしょうか。

 

 

スーパーだと、野菜のカット売りはあっても、
1人分ではなかったり、少量の野菜はあっても
カットされていなかったりと不便なところも
ありますがコンビニではそんなことがありません。

 

 

また、プライベートブランド商品をよく見ると、
「国産」と書いてあるものが
とても多いのに驚かされます。

 

 

価格が安い分、国産ではないのかなと
思ってしまいがちですが、納豆にしろ、
豆腐にしろ、国産のものが多く、

 

 

パッケージにもわかりやすく書いてあるので、
気になる人はそこも見てみてください。

 

 

上手く活用するコツ!

節約
コンビニを上手く利用するには、プライベートブランド商品を
選んで購入すると食費を節約できます。

 

 

コンビニ商品の展開はとても早く、
週ごとに新商品が出ていたり、旬の食材、
ブームになっているものにすぐに反応し販売され、

 

 

もちろん、これらもプライベートブランドなので
価格に安心して、
食費の節約をして買うことができます。

 

 

コンビニで食費節約のまとめ

野菜
ひと昔前は、コンビニ=割高の印象がありましたが、
最近は、コンビニの多くがプライベートブランド(PB)
いうものを作っており、調味料や食品もブランド商品よりも
安く買えるようになりました。

 

 

また、コンビニを利用する人の中には、1人分しか
必要ない人も多いということが分かり、
1人分にカットされた野菜、あとひと手間加えたら
できる時短料理なども数多く販売されています。

 

 

また、コンビニの展開はとてもはやく、週替わりで新商品が
発売されていたり、旬の食材、ブームになっているものを
取り入れた商品もプライベートブランドとして
販売されているので、食費の節約をして買うことができます。

>>主婦節約TOPページに戻る