一般家庭の水道代の相場が気になる方へ

人数別の水道代の相場をまとめました!

このページでお話しする内容

 

ここでは、

1人から4人家族の平均の
水道代の相場をご紹介します!

 

相場を把握して自分の支払っている金額と
比較することで、ちゃんと節約できているのか
見直すことができます。

 

相場がわからないと
どれだけ無駄に支払っていても
気付くことができません。

 

なので、自分の状況を
見直すためにもここで一度
世間の相場を確認しましょう!


 

 

1人暮らしの水道代の相場

水道
水道代は、2ヶ月に一回の請求です。
電気代やガス代とは違うので、
一回の請求÷2をした数字が
一ヶ月の水道料金ということになります。

 

 

水道代だけは自治体が管理しているので、
運営にかかる手間を省くためなどの理由で
2ヶ月に1回の請求になっているようです。

 

 

1人暮らしでの水道代の相場は、
どれくらいの金額でしょうか。
1人なので、それほど多くは
ないように感じますよね。

 

 

一回の請求では、
だいたい4000円くらいが平均なようです。
一か月分に換算すると、
約2000円ということになります。

 

 

1人暮らしということで、
常に家にいる人は少ないと思います。
たいていは日中は学校に行っているか、
仕事に行っていて留守なことが多いでしょう。

 

 

では、このような生活の中でいちばん、
水を使っているのはどこだと思いますか?

 

 

1人暮らしの場合は、トイレと
洗濯機でいちばん水を使っています。

特に、古い洗濯機を使っていると
水の消費量が多いです。

 

 

家具や家電を買い揃えるときに、
少しでも節約しようと知り合いから
古い洗濯機を貰う人は多いです。

 

 

しかし、それが原因で水の
消費量が増えている可能性があります。

 

 

生活に余裕がでてきたら、
新しい洗濯機に買い換えるほうが水道代、
電気代の面から見てもお得です。

 

 

2人暮らしの平均金額

二人暮らし
2人暮らしとなると、
使う水の量は1人暮らしに
比べて多くなるのが普通です。

 

 

では、水道代がどれくらい
増えるのか具体的に見ていきましょう。

 

 

2人暮らしの水道代の請求額は、
平均で7632円です。
これは二か月分の数字なので、
一か月分は3816円になります。

 

 

単純に二倍になっている
わけではないことがわかります。
もちろん平均の数字なので、
数倍になっている家庭もないとは言えません。

 

 

夫婦やカップルで一緒に住んでいる場合、
パートナーがお風呂好きで何度もお風呂に入るとか、
仕事柄一日に何度も洗濯機を回す必要があるなど、
生活が変化したことで水道代が増えているという
家庭もあるようです。

 

 

余談ですが、シャワー率が高い家庭であれば、
シャワーヘッドを節水のものに付け替えるだけでも
節水効果が期待できますよ。

 

 

3人〜4人家族の平均の料金

手洗い
3人家族だと、一回の請求は1万円弱が平均です。
4人家族になると、これが1万3000円ほどになります。
一か月分に換算すると、3人家族が約5000円、
4人だと約7000円弱ということになります。

 

 

3人以上の世帯になると、
シャワーだけで済ませるより湯船にお湯を張って
しっかりお風呂に入る家庭が多いと思います。

 

 

家族が増える分、
洗濯物の量も増えるので水道の使用量が
増えるのは容易に想像ができます。

 

 

湯船にお湯を張るのであれば、
洗濯はお風呂の残り湯を使うなどの
工夫で水道代を節約できます。

 

 

また、人数が増えることで
トイレの使用量も増えます。
トイレでの節水を考えるなら、
大小レバーの使い分けがおすすめです。

 

 

多くのトイレは、大と小でレバーが異なります。
何が違うかというと、流れるのに使われる水の量です。
大と小で流れる水の量は約2倍なので、
きちんと使い分けることで節水効果が期待できます。

 

 

家族にも協力してもらい、節水に努めましょう。
人数が増えてくると、こうした
日々の小さな積み重ねが大事です。

 

 

水道代の請求は二ヶ月に一度なので、
節約効果が分かるのは二ヵ月後ですが、
少しでも節水できていると分かれば
続ける気にもなりますね。

 

 

家族構成別、水道代の相場のまとめ

水道代
1人暮らしでは、日中は
外出している人が多いのもあって
水道代はそこまで高くありません。

 

 

一ヶ月にかかる水道代は、
高くても4000円以内に
収まっていれば問題ないといえます。

 

 

一ヶ月の平均としては、2000円ほどです。

 

 

1人暮らしで水を多く
使う場所といえば、トイレと洗濯だと思います。

 

 

家電を買い揃えるときに少しでも
節約しようとして知り合いから
古い洗濯機を貰った人は、要注意です。

 

 

古い洗濯機は、水を多く使います。
それによって、水道代が高くなってしまうのです。
生活に余裕が出てきたら、洗濯機を買い換えましょう。
省エネなので、電気代も水道代も安くなります。

 

 

次に、2人暮らしの場合の水道代の
平均は7632円という結果でした。

これは、一回の請求金額です。

 

 

パートナーがお風呂に何度も入る人であったり、
洗濯を何度もする必要がある場合などは、
水道代が平均よりも高くなっている家庭もあります。

 

 

3人暮らしになると、一回の請求が1万円弱、
4人家族になると1万3000円ほどが平均です。
家族が3人以上になると、湯船にお湯を張って
お風呂に入る家庭が多いと思います。

 

 

お風呂は水をたくさん使うので、
水道代が高くなっている原因は
お風呂にあると考えていいでしょう。

 

 

それ以外にも、洗濯の回数が増えたり、
トイレの使用量も増えるので
水道代はどんどんかさむのが普通です。

 

 

節約しようと思ったら、
日頃の積み重ねが大事になってきます。

 

 

お風呂の残り湯を洗濯に使う、
トイレのときは大と小のレバーを使い分けるなど、
細かいことですがこういうことが節水につながります。

 

 

家族にも協力してもらって節水に努めれば、
数ヵ月後の水道代の請求ではいつもと
違った数字が見れるかもしれません。

>>主婦節約TOPページに戻る