扶養を外れるか迷っている方へ

扶養を外れるかどうかの判断基準とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

配偶者や保護者の
扶養から外れると損なのか

についてご紹介します。

 

扶養に関しましては、
働いている職場や収入の金額によって、
外れるべきなのかが
変わってきます。

 

どんな条件で
扶養から外れてしまうのか
確認しておく必要がある
ので、
詳しく説明していきたいと思います。


 

 

そもそも扶養とは?

扶養
扶養家族という言葉を、
聞いたことがあると思います。

 

 

実家暮らしをしながらアルバイトで収入を得ていたり、
パートをする主婦の人なら誰でも
「扶養」という言葉を意識したことが
あるのではないでしょうか。

 

 

わかりやすく言うと、
父親が1人で生計を担っている状態で、
妻と子どもが働いていないか学生という場合、
妻と子どもは被扶養者です。

 

 

父親に扶養されている人
という位置づけになります。

 

 

一般的に扶養者がいるとなると、それだけで
経済的な負担が大きいと捉えられるので
扶養している人(前述の説明の場合は父親)の税金が
いくらか控除される仕組みになっています。

 

 

しかし、妻のパート収入や子どものアルバイト収入が、
一定基準を超えると扶養の必要がないものと
捉えられるので控除されていたぶんの
金額が自己負担になります。

 

 

103万円を超えると所得税を支払わないといけなくなり、

130万円を超えると健康保険を支払う必要が出てきます。

 

 

これらの数字を超えた収入があると、
扶養から外れる対象になってきます。

 

 

扶養から外れるのは損?

アルバイト
これまで支払わずに済んだ税金を
払わなければならなくなるので、
単純に考えれば損をする面もあります。

 

 

しかし、税金の支払いが増えたぶんも
上乗せして稼ぐことができれば
何ら問題はありません。

 

 

扶養から外れないために
年収をセーブして働くほうが
もったいないこともあるからです。

 

 

妻が受けるのは主に
配偶者控除と呼ばれるものですが、
これによる年収の基準は
近年変化しています。

 

 

平成30年の法改正により、
社会保険に加入する義務のある
従業員の枠が拡大されました。

 

 

それにより、扶養を外れたとしても健康保険や
厚生年金に加入できるパート従業員が増えたので、
扶養から外れることが必ずしも
マイナスばかりとは言えなくなっています。

 

 

会社の社会保険に加入できれば、
保険料は事業主と折半なので
個人で社会保険に入るより断然お得です。

 

 

しかし、これにも条件があります。

  • 従業員数が501人以上の職場であること
  • 勤続年数が一年以上あること

 

 

などです。
従業員数の面では、
これを満たせない職場も多くあります。

 

 

つまり、扶養を外れて損をするか得をするかの
ボーダーラインは勤め先によって異なる
ので、
一度計算してみるのがいいです。

 

 

年収が130万円以上でも
勤務先の社会保険に加入できない場合は、
自分で社会保険に入らなくてはなりません。

 

 

その場合は、171万円未満の収入だと
税金の面で損をする計算になります。
損をしない働き方をしようと思えば、
171万円以上を目指さないといけません。

 

 

社会保険のお得な裏技とは?

収入
社会保険に入れば年金の受け取り金額が増えたりと、
メリットも存在する中でやはり現時点での収入を減らしたくない、
これ以上働く時間を増やせないなど、
世の中の流れに前向きになれない人もいるでしょう。

 

 

そんな人には、
ちょっと使えそうな裏技を紹介します。
社会保険の保険料というのは、
本業の収入を元に決定されます。

 

 

副業がいくつあっても、
本業収入を超えなければ副業の部分が
見られることはありません。

 

 

なので、パートなど130万円ギリギリを
目指している人にはダブルワークがおすすめです。

職場を2つ以上確保し、
掛け持ちするという方法が使えます。

 

 

アクセサリー制作など、
自営のような副業で稼ぐ人も
最近は増えています。

 

 

年間90万円くらいはパート収入で稼ぎ、
残りを自宅でアクセサリーを販売することで稼ぐなど、
工夫すれば収入を減らさずに
保険料の納税義務も免れます。

 

 

上記のような2つのやり方で、
保険料負担はこれまでと何も変わらずに
副業分やダブルワーク分の収入を
増やすことが可能になります。

 

 

社会保険の損をしない活用方法のまとめ

社会保障
夫の扶養から外れると、
それまで控除されていた税金の支払い義務が
発生する場合があります。

 

 

扶養から外れるのには一定の条件があり、
妻の年収が130万円を超えると
これまで払っていなかった
税金を払わないといけなくなります。

 

 

扶養から外れないために、
年収を130万円ギリギリに抑えて
働いている人は非常に多いです。

 

 

そんな中、年収がこの基準を超えた場合でも
ある条件を満たせば会社の社会保険に
加入できるという法改正が行われました。

 

 

会社の社会保険に加入できるということは、
全額自己負担ではなく保険料を、
会社と折半できるのでかなりお得に加入できます。
しかし、これにも条件が。

 

 

従業員数501人以上の会社でないといけなかったり、
勤続年数が必要だったりと、結局のところ
この条件を満たせないケースも多く存在します。

 

 

それならやはり130万円を超えない
範囲で働くのがいちばん手っ取り早い
という話になってきますね。

 

 

裏技としては、ダブルワークがおすすめです。
社会保険は本業の収入しか見ないので、
副業で稼げば保険料はそのままに、
年収アップが見込めます。

 

 

仕事を掛け持ちする以外にも、
自宅で請負のような仕事を副業にして
稼いでいる人も最近は増えています。

 

 

アクセサリーの制作、販売などは
通販や地域のイベントでも稼げるので
主婦に人気です。

 

 

>>社会保険の加入条件についての記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る