生命保険が必要なのか知りたい方へ

生命保険の必要性とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

生命保険の必要性や相場、
入るタイミング
などについて
まとめました。

 

生命保険の入る正しいタイミングを
知っていれば、何も考えずに入るよりも
お得に加入することができます。

 

相場を知らないと
自分の今の状況を見直すことがなく
流されるまま契約し続けることになります。

 

そうならないように、
ここで、しっかりと学んでいきましょう!


 

 

生命保険は必要なのか?

生命保険
多くの人が加入している生命保険ですが、
そもそも生命保険って本当に必要なのか
疑問に思ったことはないですか?

 

 

あまり安い商品ではないので、
不必要であれば削りたいと
考える人がいるのは当然です。

 

 

では、生命保険が本当に
必要なのかどうか説明していきましょう。

 

 

ネットで検索してみると、
生命保険が不要な人が世の中には
存在する
というページがいくつか見つかります。

 

 

その内容は、もし自分が死んで
残された家族が困るとしても多くは
遺族年金などでまかなえるのというものです。

 

 

遺族基礎年金がもらえるのは、
年間100万円程度なので、
それだけで生活を成り立たせるのは難しいでしょう。

 

 

亡くなった稼ぎ手が厚生年金に加入していたのなら、
遺族厚生年金が受け取れますが、
こちらも年間の合計は150万円ほどです。

 

 

遺族年金だけに頼っていると、
生活するのはかなり厳しいことがわかると思います。

また、子どもがまだ小さい場合は
学費も気になりますよね。

 

 

学費については、
子ども1人につき1000万円ほど遺すことが
できれば安心と言われています。

 

 

そうなると、多くの人は
生命保険に加入していない限りは
足りない分をまかなうことができません。

 

 

逆に、自分に扶養すべき
家族がいない場合であれば
生命保険は特段必要ではないです。

 

 

死亡時にお金を残す必要がなければ、
死亡保障は不必要だからです。

 

 

しかし、病気や怪我への備えとして
生命保険に加入するのはいいと思います。

 

 

最近では、日帰り手術や一日だけの入院、
通院でもお金がおりるものも増えているので、
もしものときの助けにはなるでしょう。

 

 

生命保険が不要な人でも、
保険に入っていることで税金の控除を
受けられて得をすることもあります。

 

 

老後資金の貯蓄や税金対策に
保険に入っておくという方法もアリだと思います。

 

 

保険料の相場について

保険料
生命保険文化センターが
行っている調査をもとに、
年間の医療保険に払っている
金額の平均をみてみると、

 

男性 女性
2001年 31万5000円 24万9000円
2016年 22万8000円 17万4000円

 

 

15年で保険にかける金額が
かなり減っていることがわかります。

 

 

最近は、保険見直しの店舗ができたり、
比較できるシステムが導入され、
より適切な保険を選択できるようになりました。

 

 

その結果、保険料にかける
金額の平均が下がっているのだと考えられます。

 

 

入るタイミングや時期について

加入するタイミング
病気や怪我への備え、
それから死亡時の保障をメインに考えると、
保険に入るときの年齢が若いほど
保険料は安くなります。

 

 

保険料というのは、
病気になりやすい年齢や、
怪我で入院する確率の
データを元に算出されます。

 

 

そのため、高齢よりは若いほうが
死亡リスクが少ないと考えられるので、
保険料が安くなるというわけです。

 

 

一度でも大きな病気をしてしまうと、
その後生命保険に入りたいと
思ったときに入れないことがあります。

 

 

しかし、病気になる前に入っておけば、
必要なときに必要な保障を受けることが可能です。

 

 

保険料の払込期間は、
65歳までに終える人が多いです。

終身タイプにすると、支払いがずっと
続くので家計を圧迫することもあります。

 

 

また、自営業かサラリーマンかによっても
考え方は変わってきます。

 

 

サラリーマンは失業すれば
失業手当がもらえますが、
自営業の場合は特にもらえる
手当てがありません。

 

 

起業後まだ間もない自営業や、
数十年後の運営が不安な人であれば
収入がきちんとあるうちに保険料の払込を
終えてしまったほうが後々安心です。

 

 

老後の資産計画とも照らし合わせて、
払込の期間についても
考えてみることが大事です。

 

 

生命保険の必要性についてのまとめ

生命保険
生命保険は、もしものときの
助けになるものなので、極端な話、
自分が死んで困る家族がいない場合などは、
特に加入しなくても構いません。

 

 

しかし、生命保険は怪我や
病気への備えとしても使えるばかりか
老後の資金を貯める意味でも役立ちます。

 

 

税金控除の側面もあるので、
独身だったり扶養家族がいないという人でも
入っておいて損するものではないです。

 

 

子どもが小さい家庭であれば、
子どもたちの今後の生活費や学費の
ためにもまとまったお金が必要です。

 

 

そのときの生活を保障する意味でも、
生命保険に加入しておいたほうが
かなり安心といえます。

 

 

よほどの資金、預貯金がある人で
あれば保険はあまり必要ないですが
多くの人は保険に入っていれば
助かる部分が多いです。

 

 

払込の期間については、
老後までに払い終えてしまう人がほとんどです。

死ぬまで払うタイプだと、
保険料が老後の生活を圧迫することもあります。

 

 

老後の資金計画と照らし合わせて、
払込の期間を考えるのがおすすめです。

 

 

また、生命保険に入るタイミングとしては
高齢になってからよりも若いうちに
入ってしまうほうが保険料が安く済みます。

 

 

死亡リスクなどは年齢とともに
上がっていくのが普通なので、
そのリスクが少ないと考えられる
年齢のほうが保険料を抑えられます。

 

 

>>生命保険の種類についての記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る