生命保険について詳しく知りたい方へ

生命保険の種類や平均金額、保障の違いとは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

生命保険にはどんな種類があるのか
平均金額や保障の違いなど
まとめました。

 

いろいろな種類の生命保険を確認することで、
自分に合ったものを選んで加入できるので、
無駄な保障をなくし金額を抑えることができます。

 

あまり検討することなく決めてしまうと
必要のない保障がついていたり
必要な保障がなかったりすることに加え
保険料が高額になってしまいます。

 

そうならないように、
生命保険の種類や探し方を
学んでいきましょう!


 

 

生命保険にはどんな種類があるのか

種類
生命保険に加入しようと思っても、
いろいろな商品が各社から出ているので、
どれを選んでいいのか迷ってしまいます。

 

 

まず、生命保険にはどんな種類があるのか、
簡単に説明していきますね。

 

 

生命保険には、
大きく分けると4つの種類があります。

 

 

病気になったときや怪我をしたときに備えるための保険

病気のイラスト

これは、医療保険やがん保険と呼ばれます。

 

 

医療保険は、
入院したときや手術をしたときに
お金が受け取れる仕組み
になっていて、

 

 

先進医療など高額な請求が
されるものにも費用がおりるので、
金銭的なことを理由に治療を
諦めなくて済みます。

 

 

がん保険は、
がんと診断された場合に一時金がもらえたり、
条件を満たした時点で給付金が
受け取れる仕組みです。

 

亡くなった場合に備えた保険

葬式のイラスト

終身保険、収入保障保険、
定期保険があります。
終身保険は、主に葬儀代や
お墓にかかる費用への備えです。

 

 

収入保障保険は、
家族を残して亡くなる場合に、
残された家族の生活を支えるための保険です。
生活費や教育費を保障してくれます。

 

 

定期保険は、死亡保障などを
カバーしつつも保険料が割安なので、
一定の期間だけでも保険を上乗せする
という意味で利用する人が多いです。

 

 

例えば、子どもが自立するまでの母親の保険など、
死亡保障はそこまで手厚くなくていいけど、

 

 

もし亡くなってしまった場合には
まとまったお金がほしいというときや、
できるだけ割安に保険に
入りたいときにぴったりです。

 

貯蓄をするための保険

年金のイラスト

個人年金保険や、養老保険、
学資保険、終身保険などがあります。

 

 

年金だけだと、毎月の生活に
余裕がないという人は多いです。

 

 

そういうときのために、
老後の生活への備えとして
個人年金保険に入っておく人が増えています。

 

 

年金でカバーできない部分を補填するために、
貯蓄していくタイプの商品です。

 

 

養老保険は、契約途中で
亡くなったら死亡保険金、満期を迎えれば
満期保険金が受け取れる保険です。

 

 

終身保険よりも貯蓄率は高く、
そのぶん保険料が割高になっています。

 

 

死亡保険金や満期保険金を、
住宅ローンの残金返済に充てたり、
子どもの教育費に充てることもできます。

 

 

掛け捨てではなく、
まとまったお金が戻ってくるところが
多くの支持を得ている理由です。

 

 

学資保険は、
子どもの進学など教育のために
かかる資金を貯蓄する保険です。

 

 

できるだけ早い段階で入ったほうが、
月々の支払額が少なくて済みます。

 

 

終身保険は、
死亡保障と貯蓄機能がメインです。
解約時にお金が戻ってくるので、
掛け捨てよりはお得といえます。

 

介護保険

介護が必要になった場合への備えで、
公的な介護保険でカバーできない部分を
補填できる民間の保険が多くあります。

 

 

平均の金額や契約期間について

保険の金額
各家庭によって事情が違うとは知りつつも、
一般的にどれくらい保険に
お金をかけているのか、気になりますよね。

 

 

生命保険文化センターによる
平成28年の調査によると、
1世帯が1年間に払っている
保険料の平均値は38.5万円です。

 

 

中でも12万〜24万円未満がいちばん多く
男女で分けると女性は男性の約半分の
払い込み金額であることがわかりました。

 

 

次に契約期間ですが、
10年や20年などの単位で
選択できるものが多いです。

 

 

死亡への備えは、家族の状況に
よって内容を見直したほうがいいので、
10年で一旦考え直すのが一般的です。

 

 

契約期間を長くすればその分、
月々の保険料は安くなる傾向にあります。

 

 

契約内容にはどんな違いがあるのか

契約
例えば、医療保険であれば生活習慣病や
7大疾病への保障が手厚いもの、
さらに女性であれば、女性特有の病気への保障が
手厚いものなど、内容に違いがあります。

 

 

契約者の状況や、
家族で大病を患った人がいるなどの
理由で加入する人も多いです。

 

 

最近増えているといわれている
乳がんなどへの保障も、
30代以上の女性からは多くの
支持を得ている商品になっています。

 

 

生命保険についてのまとめ

生命保険
生命保険には、
大きく分けて4つの種類があります。

 

 

病気や怪我に備えた保険、
死亡に備えた保険、
貯蓄を念頭に置いた保険、
さらに介護に備えた保険です。

 

 

それぞれ医療保険やがん保険、
学資保険などの名前がつけられていて
聞いたことのあるものも多いでしょう。

 

 

契約者の状況や家族構成によって、
必要な生命保険は大きく変わります。

 

 

小さな子どもがいる場合は、
当面の生活費や教育費への不安を
なくすための保険が必要です。

 

 

子どもの進学費用などを考えれば、
学資保険に入っておくほうが安心ですよね。

 

 

子どものことばかりでなく、
自分自身がもし病気になったり入院したら、
そのときにかかる費用を保障してくれる
保険が必要になります。

 

 

生命保険は、内容を手厚くすれば
するほど保険料も高くなるので、
家計と相談しながら無理のない範囲で
続けられる商品を選びましょう。

 

 

途中解約した場合、貯蓄タイプの
生命保険ならお金が戻ってくることもありますが、
戻り率は商品によってかなり違います。

 

 

契約時に、そのあたりもしっかり
知っておくのがいいですね。

 

生命保険加入のイラスト

次のページでは、
生命保険の選び方について、
まとめました。

 

生命保険を取り扱っている、
企業は代理店などを含めると、
160社以上あると言われています。

 

その中から1つを選ぶのは、
難しいと思います。

 

会社ごとに特色があるので、
あなたやあなたの家族に合った、
保険を見つけましょう!

 

>>生命保険の選び方の記事に進む

>>主婦節約TOPページに戻る

生命保険はどんな種類があるのか<<平均金額や違いなど>>記事一覧

このページでお話しする内容ここでは、アリコジャパンやアクサ生命など様々な会社の生命保険を比較してみました。会社ごとの違いを見つけ自分に合った保険に加入することができます。自分にどんな保障が必要なのか把握していないとどの会社の生命保険に加入すれば良いのかわかりません。自分に合ったものを選び、万が一の時きちんと保障されるように選び方を学びましょう!生命保険を取り扱っている会社はどれくらいあるのか?就職...

このページでお話しする内容ここでは、生命保険の必要性や相場、入るタイミングなどについてまとめました。生命保険の入る正しいタイミングを知っていれば、何も考えずに入るよりもお得に加入することができます。相場を知らないと自分の今の状況を見直すことがなく流されるまま契約し続けることになります。そうならないように、ここで、しっかりと学んでいきましょう!生命保険は必要なのか?多くの人が加入している生命保険です...