電子マネーの支払い方や仕組みが気になる方へ

人気のある電子マネーとは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

人気の電子マネーをランキング形式で
ご紹介したいと思います!

 

なぜ人気なのかや
その電子マネーのお得な
貯め方も一緒にお伝えします。

 

お得な貯め方を知らないまま
使っているとかなりポイントを
とり逃していることになりますよ。

 

ここで、貯め方を覚えて
これからの買い物でたくさん
ポイントをもらっちゃいましょう!


 

 

電子マネーとは?

電子マネー
電子マネーとは、
電子的なデータのやり取りを通じて、
現金の代わりに支払いが
できるサービスの事です。

 

 

専用の読み取り端末にカードや、
スマホなどをタッチすることで、
支払いをすることができます。

 

 

タッチするだけで支払いが完了するので、
現金を出したりする手間がなく、
簡単なため非常に便利です。

 

 

電子マネーの精算方法は2種類あります。

 

 

プリペイド方式

あらかじめ現金などでチャージしておき、
支払いするとチャージした金額から、
使った分だけ引かれていくという精算方法です。

 

 

使うたびに残高が減っていくので、
残高が無くなるたびに、
チャージする必要があります。

 

 

自動チャージという機能がある電子マネーもあり、
残高が一定の金額よりも少なくなった場合、
自動で設定した金額をチャージするサービスです。

 

 

自動チャージは次にご紹介する
ポストペイ方式の電子マネーと同じように、
使い過ぎに注意する必要があります。

 

 

ポストペイ方式

クレジットカードと一体型に
なっている物やスマホを利用して
支払う形になっており、
利用料金を後払いするタイプです。

 

 

月ごとに利用した金額が、
まとまって後から請求されます。
チャージする手間がかからないので、
とても便利です。

 

 

ただ、クレジットカードと同じように、
お金を払ったりといったことをしないので、
つい、使いすぎてしまうという
デメリットもあります。

 

 

どんな種類があるのか?

電子マネーの種類
電子マネーが大きく分けると、
2種類に分けることができます。
商業系電子マネーと交通系電子マネーです。

 

 

商業系電子マネーは、
EdyやiD、WAON、nanacoなど、
コンビニやスーパーなどで、
利用できる電子マネーです。

 

 

スーパーやデパートなどで、
買い物をするときの支払い手段として、
利用することができる電子マネーです。

 

 

商業系の電子マネーで、
交通機関を利用することは、
基本的にできません。

 

 

しかし、2018年5月に
北海道の路線バスの支払いが他区間でも
WAONでできるようになったこともあり、
今後、参入する企業も増えるのではないかと思います。

 

 

交通系電子マネーは、
SuicaやPASMO、Kitaca、toica、manaca、
ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、
はやかけんなどがあります。

 

 

電車をよく利用する方は、
持っている方も多いのではないでしょうか?
特にサラリーマンの方は、
定期として使っている方も多いと思います。

 

 

上記した10種類のほかにも
色々な種類があり、
全国で30種類以上の交通系
電子マネーがあります。

 

 

上記したものは、
相互利用できるようになっているので、
1枚カードを持っていれば、
全国どこでも電車やバスを利用できます。

 

 

最近ではコンビニや駅、自動販売機など、
お店の中でも使えるところが増えてきているので、
より一層便利になっています。

 

 

人気の電子マネーランキング 第1位 「楽天Edy」

楽天Edy
楽天Edyはプリペイド型の電子マネーで、
チャージさえしてあれば、
現金を使わなくてもカードやスマホを、
端末にタッチすれば支払いができます。

 

 

利用できる場所も多く、
全国で約50万カ所の加盟店で
利用することができます。

 

 

ほとんどのコンビニで利用することができ、
スーパーも利用できる店舗が
増えてきています。

 

 

ネットでの買い物でも、
楽天Edyで支払いができるところも
増えてきています。

 

 

楽天はもちろんのことAmazonや
LINEなどでも利用できるように、
なってきています。

 

 

他にも、書店や飲食店などでも、
利用できる加盟店が多いので、
非常に便利です。

 

 

楽天Edyが付帯しているものにも
いくつか種類があります。

 

 

Edy-楽天ポイントカード

楽天Edyと楽天ポイントカードが、
一体型になったカードです。
ポイントカードとしても使うことができます。

 

 

通常のデザインであれば、
楽天市場で108円で購入することができます。
セールになっているときもあり、
54円で販売されているときもあります。

 

 

キャラクターデザインのカードもあるので、
自分の好みに合わせて、
購入することもできます。

 

 

楽天ポイントカードの
利用登録の手続きが必要になってくるため、
購入した場合は、利用登録するようにしてください!

 

 

楽天カード

Edy-楽天ポイントカードに
クレジットカード機能も
一体型になったカードです。

 

 

クレジットカードと楽天Edy、
楽天ポイントカードの機能が、
利用できるカードになります。

 

 

クレジット審査を受ける必要がありますが、
楽天Edyの発行手数料も無料で、
利用することができます。

 

 

おサイフケータイ

スマートフォンや携帯端末に、
搭載されている電子決済サービスです。

 

 

おサイフケータイ機能が搭載されている
端末で楽天Edyのアプリをインストール
することで楽天Edyを利用することができます。

 

 

おサイフケータイ機能が搭載されている
スマートフォンさえあれば、
それだけで支払いができるので、
カードを持ち運ぶ必要もありません。

 

 

また、おサイフケータイでは、
貯めるポイントを変更することもできるので、
楽天以外のポイントを貯めている方でも、
自分の好きなポイントを貯めることができます。

 

 

チャージする方法も
色々な方法があります。

 

 

現金でチャージする

楽天Edy加盟店へ行き、
レジでチャージしたいことを伝えて、
現金を支払うことで、
チャージすることができます。

 

 

また、楽天Edy加盟店に
Edyチャージャーが設置してあれば、
その端末でチャージすることもできます。

 

 

クレジットカードでチャージする

クレジットカードを利用することで、
楽天Edyをチャージすることができます。

現金の場合は、チャージしてもポイントが
貯まることはありません。

 

 

しかし、クレジットカードでチャージする場合、
カードの種類によっては、
ポイントが貯まる場合があります。

 

 

事前に楽天e-NAVIから設定しておくと、
いつでも決まった金額を
チャージすることができます。

 

 

楽天カードを利用することで、
オートチャージすることもできます。

 

 

楽天Edyを利用した際に残高が、
設定した金額を下回ってしまった場合、
自動でチャージされるシステムです。

 

 

ただし、オートチャージ対象店舗での
決済でないとオートチャージが完了しません。

他の店舗であれば設定などをする必要があります。

 

 

ポイントでチャージする

楽天Edyを利用することで、
楽天ポイントが貯まっていきます。
その貯まった楽天ポイントを楽天Edyに
交換することができます。

 

 

ポイントを楽天Edyに交換することによって、
楽天Edy使うことができ、
また、楽天Edyを使ってポイントが貯まると、
楽天Edyに交換できるようになります!

 

 

第2位 「Suica」

Suica
JR東日本が提供している、
交通系ICカードのSuica。

 

 

全国の交通系ICカードが
相互利用できるようになり
国内の普及率がNo.1になりました。

 

 

おサイフケータイに対応しているスマホや
携帯電話を持っていれば、モバイルSuicaのアプリを
利用することで、スマホや携帯電話で
ICカードのSuicaと同じように利用できます。

 

 

全国の交通系ICカードが相互利用
できるようになったため、
Suicaを1枚持っていれば、
全国の電車やバスを利用できます。

 

 

また、電子マネーとしても利用できるので、
コンビニや自動販売機、駅構内などで
商品を買うこともできます。

 

 

Suicaはプリペイド型の電子マネーなので、
利用前にチャージをしておく必要があります。
Suicaには、最大で2万円まで
チャージすることができます。

 

 

駅の自動券売機やコンビニなどで、
チャージすることができます。

 

 

また、オートチャージにも
対応しているので、
事前に登録しておくことで
自動でチャージしてくれます。

 

 

オートチャージするには、
JR東日本が提供している「ビューカード」
もしくは提携しているクレジットカードが
必要になります。

 

 

Suicaと一体型になっている
クレジットカードを使用するか、
通常のSuicaにクレジットカードを紐づけして
使用する方法があります。

 

 

モバイルSuicaを利用すれば、
提携していないクレジットカードでも、
チャージすることができます。

 

 

ビューカード以外のカードで登録した場合、
利用手数料として年会費1,030円が必要になりますが、
ネットショッピングなどでも、
Suicaで支払いができるようになります。

 

 

第3位 「ID」

ID
NTTdocomoが提供している
電子マネーのIDです。

 

 

プリペイド型の電子マネーではなく、
ポストペイ型の電子マネーのため、
料金をチャージしておく必要がなく、
クレジットカードを利用して後払いする形になります。

 

 

ネットショッピングのほかにも、
コンビニや飲食店、ショッピングモールなどでも、
利用できる店舗がかなり増えています。

 

 

加盟店舗は約50万店舗あり、
使い方も端末にタッチするだけで良いので、
クレジットカードのようにサインを
する必要もありません。

 

 

IDはクレジットカードで支払いするのと、
ほとんど変わらないため、
クレジットカードのポイントが
貯まっていきます。

 

 

また、クレジットカードが利用できない店舗でも、
電子マネーには対応している店舗もあるので、
そういう時にIDを利用することで、
間接的にクレジットカードで支払いができます。

 

 

年会費無料のクレジットカードで、
ID機能が一体型になっているカードがあるので、
1枚持っていると便利なのではないかと思います。

 

 

>>コンビニのポイントカードの記事に進む

 

 

>>ポイントのお得な貯め方の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る