年齢制限について知りたい方へ

クレジットカードは年齢制限などはあるのか?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

クレジットカードの使い方や
契約の仕方
についてご紹介します!

 

年齢制限や他人名義で
契約や使用できるのかなど
クレジットカードの基本を
学ぶことができます。

 

クレジットカードの基本が
わからないと作ることも
できなかったり支払いの時に
断られることもあります。

 

そうならないように使い方や
契約の仕方を理解しておきましょう!


 

 

クレジットカードを作るのに年齢制限はあるのか

審査
クレジットカードは、
利用者に対して信用基づいて
カード会社が利用金額を立て替えて、
後払いするというシステムをとっています。

 

 

利用者が立て替え分の支払いを
きちんと支払うことができる収入や、
立場でないと作成時の審査が
通らず作ることができません。

 

 

そのため、ほとんどのカード会社は
クレジットカードを作成するときの年齢制限として、
「18歳以上(高校生を除く)」となっています。

 

 

ただ、18歳以上であっても、
未成年の場合は、親権者からの
同意は必要になります。

 

 

法律によって定められているため、
親権者の同意は必須になっており、
どのカード会社のクレジットカードを作る時も
必ず親権者の署名と捺印が必要です。

 

 

18歳以上(高校生を除く)であればすぐに作れるのか

審査
18歳以上だからと言って、
すぐにどんなカードでも
作れるというわけではありません。

 

 

年齢だけで審査されているわけではなく、
他にも安定した収入があるか、
勤続年数や雇用形態など
様々な審査基準があります。

 

 

学生やアルバイト、契約社員などは
学生カードと呼ばれる学生でも、
作成しやすいカードを作るほうが
審査が通りやすく作成しやすいです。

 

 

そのうえ、キャッシングはできないことが多く、
ショッピング枠も多くて30万円ほどで、
少ないと5万円とカードの使い過ぎを
ある程度予防してくれます。

 

 

他にも両親が使っている
クレジットカードの家族カードを
作ってもらうということもできます。

 

 

年会費も無料のものも多く、
付帯している保険も同等のものが
ついている事が多いので、
お得に使うことができます。

 

 

ただ家族カードには、
デメリットがあり、支払いの明細は
両親に届くので自分が何を
いくらで買ったを見られてしまいます。

 

 

また、支払いが両親なので、
個人信用情報(クレジットヒストリー)が育たず、
新たにクレジットカードを作成しようとしたときや
ローンなどが組めない可能性が出てきます。

 

 

社会人になったらできる限り早く、
自分のクレジットカードを
作成して使うようにしたほうが
良いのではないかと思います。

 

 

30歳を過ぎて初めて作る場合は、審査が通りにくくなる

審査
30歳を過ぎて初めてクレジットカードを
作成しようとすると、審査に通らない
可能性が高くなります。

 

 

ちゃんとした仕事に就き、
安定した収入があったとしても
場合によっては、通らないことがあります。

 

 

これは、「スーパーホワイト」と「ホワイト」と
呼ばれる人の違いがデータ上では、
分からないため、審査の時に
不利になってしまいます。

 

 

「スーパーホワイト」とは、
信用情報機関に情報がなく
金融事故を起こしていない
状態のことを言います。

 

 

現金主義の人や、
自分のクレジットカードではなく
家族カードを使っている人、

 

 

携帯の分割払いなどの
ローンを組んだことがない人
などの事を指します。

 

 

対して「ホワイト」とは、
信用情報機関に情報がないのは、
同じですが、金融事故を起こしていて
ブラックリストに登録されて、

 

 

5年〜10年以上経過すると、
情報が消され信用情報が
何もないという状態になります。

 

 

「スーパーホワイト」や「ホワイト」だからと言って
必ず審査に通らないということではないので、
比較的審査の通りやすいと言われるカードであれば
作ることは可能だと思います。

 

 

信用情報をすぐに作ることで、
クレジットカードの審査を通しやすくできます。

 

 

信用情報を作るのに一番手軽な方法は
携帯電話を分割払いで購入することです。
それだけで、信用情報作ることができます。

 

 

あとは、審査の通りやすいクレジットカードを
申し込み利用していきましょう。

公共料金などもクレジットカードで支払うことで、
信用情報は貯まっていきます。

 

 

年齢制限の上限は何歳なのか?

審査
カード会社によって年齢制限の上限は、
若干変わりますが、ほとんどの場合は、
65歳〜70歳くらいが上限だと言えます。

 

 

これ以上の人がクレジットカードを、
作るのは難しいと思います。
また、審査も年齢が上がるにつれて
厳しくなる可能性が高いです。

 

 

年齢が高くなればなるほど、
突然亡くなる可能性も高くなり、
貸し倒れのリスクが高くなるので
作りにくくなります。

 

 

定年退職した後作成するよりも
会社に在籍しているうちにカードを
作っておくことをおすすめします。

 

 

退職後でも年金収入も安定収入になるので、
作りたいカードがある場合などは、
申し込んでみるのも良いと思います。

 

 

審査が厳しくなる傾向があるだけで、
作れなくなるわけではないので、
カード会社の判断次第では、作ることも可能です。

 

 

クレジットカードの年齢制限のまとめ

審査
クレジットカードは、
利用者に対して信用基づいて
カード会社が利用金額を立て替えて、
後払いするというシステムのため、

 

 

立て替え分をきちんと支払える
能力があるのか審査します。

そのため、18歳以上(高校性を除く)
という年齢制限を設けています。

 

 

18歳以上でも親権者からの
同意が必要になるので、
同意書に署名と捺印が
あれば作成することができます。

 

 

クレジットカードと言っても
いろいろな種類があり、
未成年の場合、審査に通らず
作成できないこともあります。

 

 

学生カードと呼ばれるカードや
20歳以上であれば、
消費者金融系のクレジットカードは
作りやすいと言われています。

 

 

家族カードを利用することもできます。
年会費がかからないことが多いですし、
本カードと同等の保険が
付帯していることも多いので、

 

 

使い方に慣れるためであれば
おすすめなのですが、
家族に買ったものが分かってしまったり、
クレヒスが残りません。

 

 

事情がある場合は除いて、
できるだけ早く自分でクレジットカードを
作成することをおすすめします。

 

 

30歳くらいの人で現金主義で、
ローンやクレジットを組んだことがない人が
初めてクレジットカードを
作成しようとすると審査が通りにくいことがあります。

 

 

絶対に作れないということはありませんが、
審査が厳しくなることがあるので、
どうしても現金が良いという人以外は
1枚は作っておきましょう。

 

 

また、高齢になってくると
突然亡くなってしまい貸し倒れの
リスクが高くなるので、カード会社も
カードを発行しない可能性が高くなります。

 

 

年金収入があれば発行してくれる
カード会社もありますが、
審査が厳しくなることはあるので、
会社に在籍中に作成しましょう。

 

 

初めて作る時と高齢になると、
カードの審査が厳しくなることが
あるので、できる限り早く
作成しておくことをおすすめします。

 

 

>>クレジットカードのお得な使い方の記事に進む

 

 

>>おすすめのクレジットカードの記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る