クレジットカードを解約する前にしておくべきことを知りたい方へ

クレジットカードを解約するには?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

クレジットカードを解約する前に、
やっておくべきこと
について
ご紹介したいと思います。

 

解約前にやっておくべきことを
知っておくことで、解約するときに
すぐに手続きができ、
こまることもありません。

 

解約するときに
注意点を理解していないと、
後々、問題が発生する
可能性が上がります。

 

ここで、解約前の注意点を理解して、
困ることのないようにしましょう。


 

 

リボ払い・分割払い・ボーナス一括など未払い分が残っていないか

未払い
クレジットカードを解約する時に、
リボ払いや分割払い、ボーナス払いなど、
未払い分が残っていた場合に
一括での返済を請求してくることがあります。

 

 

ショッピング枠だけでなく、
キャッシングもその対象になるので、
解約前に完済しておくようにしましょう。

 

 

カード会社によっては、
解約した後でもリボ払いや分割払いとして
支払いができる場合があるので、
解約前に確認しておきましょう。

 

 

手元に支払うお金がない場合は、
解約するのを遅らせて支払いが
終わった後解約する方法もあります。

 

 

解約の手続きさえしていなければ、
一括返済を求められることもないので、
まずは、完済できるようにお金を貯め、
返済が終わった後に解約しましょう。

 

 

まずは、解約するつもりのカードが
解約するときに一括で返済分を
支払わなければいけないのかを
確認しましょう。

 

 

一括返済しなければいけない場合は、
すぐに返済できるのか確認して
できないようであれば解約するタイミングを
遅らせるようにしましょう。

 

 

自動引き落とし先のカードになっていないか確認しよう

引き落とし
解約しようとしているカードが、
自動引き落としのカードになっていた場合
解約した後支払いされなくなり、
支払いを滞納してしまうことになります。

 

 

そうならないように、
解約前に登録しているカードを
変更するようにしておきましょう。
自動引き落としの支払先として、

 

  • 電気や水道、ガスなどの公共料金
  • ネット回線のプロバイダーの料金
  • 携帯電話の料金
  • 家賃

 

などがあります。
これらの支払いを解約しようとしている
カードで支払っている場合、
別のカードに変更するようにしましょう。

 

 

特に携帯電話料金の支払いが
遅れてしまうとブラックリストに登録される
可能性があるので、真っ先に
変更するようにしましょう。

 

 

ブラックリストに登録されてしまうと、
新しくクレジットカードが作れなくなってしまったり、
ローンが組めなくなってしまうこともあります。

 

 

そうなってしまってからでは遅いので、
最初に変更するようにしておきましょう。

 

 

解約前にポイントや電子マネーは使い切ろう

電子マネー
解約する前にポイントや電子マネーが
残っていないかどうか確認するようにしましょう。

カードを解約してしまうと、
ポイントや電子マネーは失効してしまいます。

 

 

解約の連絡をした時点で、
ポイントが失効してしまったり、
ポイントの交換ができなくなることもあるようです。

 

 

解約前に申し込んでいた、
ポイント交換の申請も解約したことで、
失効したということもあるようなので、
交換ができた後に解約するようにしましょう。

 

 

解約した後に、
ポイントや電子マネーが残っていたと気づいても
失効してしまったあとでは、使うこともできないので、
使い切ったことを確認してから解約してくださいね!

 

 

家族カードやETCカードが使えなくなっても大丈夫か

ETC
クレジットカードを解約してしまうと、
そこに付属していた家族カードや
ETCカードも使えなくなってしまいます。

 

 

今使用しているETCカードが
解約しようとしているカードの
ETCカードだった場合、高速に乗ろうとして
ゲートに追突ということにもなりかねません。

 

 

そうなる前に、カードを解約するときは、
解約するカードと一緒に使えなくなるカードを
確認して使わないように確認しておきましょう。

 

 

解約しないほうがいいタイミング

解約
いくつか解約しないほうが良いタイミングがあります。
1つ目は、上記したように未払い分
がかなり残っている場合です。

 

 

一括で支払わなければ
いけない可能性があるので、
高額の請求が届かないように
タイミングを見計らうようにしましょう。

 

 

2つ目は、クレジットカードを作ってすぐに
解約するのはやめましょう。

 

 

入会特典やキャッシュバック目的で
登録した人は受け取った後すぐに
解約しようと考えているかもしれません。

 

 

しかし、すぐにカードを解約すると、
要注意人物としてカード会社に
認識されてしまうことがあります。

 

 

1度くらいであれば問題ないかもしれませんが、
何度も発行と解約を繰り返していると
悪印象を持たれてしまい、

 

 

次にカードを作成しようとしても、
審査が通らず作れなくなってしまう
ということになるかもしれません。

 

 

個人信用情報は所有しているカードの
情報が5年間記録されます。
そこに短期解約している記録が残っていると
作成の際に不利になってしまいます。

 

 

使いにくくて解約したという場合もあると思いますが、
カード会社には入会特典目当てで発行と解約を
繰り返していると間違われることも
ないとは言えないため注意しましょう。

 

 

入会特典目当てに発行していた場合でも
1度、発行したカードは、最低でも半年以上、
できれば1年以上所持しておくようにしましょう。

 

 

1年以上所持していれば、
解約するときも悪印象をもたれることは、
ないのではないかと思います。

 

 

3つ目は、特定年数所持していないと、
解約する際に手数料がかかるものがあります。

 

 

ほとんど、解約に手数料がかかるカードは
ありませんが、稀に特定年数経過しないと
手数料が発生するカードがあります。

 

 

手数料を払ってでもやめたい場合は、
すぐに解約してもよいですが、
払いたくない場合は、
一定期間持つようにしましょう。

 

 

4つ目は、年会費が発生した後
すぐに解約するのは避けましょう。
年会費が発生してしまい、
支払ってしまうと返金を受けることができません。

 

 

なので、年会費がかかるカードは、
年会費が発生する前に解約してしまうか、
もう1年は所持して次の年に
解約することをおすすめします。

 

 

解約する前の注意点や退会するタイミングのまとめ


クレジットカードを解約するときに、
分割払いやリボ払いなど未払いがあると
一括で返済を請求される場合があるので、
未払い分がいくらあるのか確認しましょう。

 

 

支払えるような金額であれば
良いのですが、高額に
なってしまいそうな場合は、
一度解約は見送りましょう。

 

 

解約の手続きさえしなければ
一括で支払わなくても良いので、
払える金額になるまで待って、
返済が終わり次第解約しましょう。

 

 

また、自動引き落としに登録していると、
未払いのままになってしまい、
ブラックリストに登録されて
しまうこともあるので変更を忘れずに!

 

 

ポイントや電子マネーは解約してしまうと、
失効されることが多いので、
解約までに使い切るようにしましょう。

 

 

家族カードやETCカードも
利用できなくなるので、
使用している人は違うカードに
差し替えるなどするようにしておきましょう。

 

 

解約するときは、
タイミングにも気を付けましょう。

次の4つのタイミングは
避けるようにしましょう。

 

  1. カードの未払いが一括で返済できない時
  2. カードを発行してから半年未満の時
  3. 一定年数所持していない場合、手数料がかかる時
  4. 年会費が発生してすぐ

 

3と4は手数料や年会費がかかっても
良い場合は解約しても良いですが、
無駄な費用を利用もせず消費するのは
もったいないので、避けるようにしましょう。

 

 

>>クレジットカードの年齢制限についての記事に進む

 

 

>>おすすめのクレジットカードの記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る