クレジットカードを落としてしまった時の危険について知りたい方へ

クレジットカードを紛失した時の被害とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

クレジットカードを落とした時の
被害
についてまとめました。

 

乗っ取りや悪用など
落とした時に考えられる被害は
たくさんありすぐに対処しなければ
高額にな請求が届きます。

 

ここで、正確な対処の仕方を
学んで、悪用されないように
しましょう!


 

 

日常の生活の中でクレジットカードが悪用され、不正利用される事例

スキミング
クレジットカードを取り扱う時に
どのようなことに気を
付ければいいのかまとめました。

 

  1. 紛失や盗難で不正利用される
  2. スキミングされてしまう
  3. レジの会計の時にカードの情報を不正取得

 

1番起こる可能性が高いのが、
紛失や盗難にあい悪用される場合です。

 

 

紛失の場合は、本人の取り扱いに
問題があったという場合もありますが、
盗難については、スリやひったくり、
車上荒らしなど思いも寄らない場合がほとんどです。

 

 

紛失や盗難にあった場合、
暗証番号がわからなければ
使用できるお店は限定されますが、
コンビニなどの場合で悪用されることがあります。

 

 

スキミングやレジの会計の時に、
カードの情報を盗まれるということは、
その場で気付くことはとても難しいです。

 

 

スキミングはクレジットカードを利用する時、
すべてのタイミングで行われる
可能性があります。
例えば、

 

  • お店での会計時
  • キャッシングする場合など、ATMの利用時

 

などカードリーダーにスキミングの機械が
取り付けられており
情報を抜き取られてしまう
ということがあります。

 

 

スキミングにかかる時間は、
1秒もかからないと言われており
あっという間に情報を抜き取られてしまいます。

 

 

会計の時に情報を盗まれる場合は、
基本的にカードを渡した、店員が
悪用するということが多いです。

 

 

カード番号を目視で確認してメモしたり、
カメラなどで確認して情報を抜き取るなどをして、
不正利用することがあります。

 

 

特に海外での事例が多く、
海外旅行に行く際は日本での
利用の時以上に注意が必要です。

 

 

時には、警察官に扮して
接触してくる場合もあるので、
クレジットカードの取り扱いが
非常に重要になります。

 

 

インタネットでも、乗っ取りなどに注意が必要!

クレジットカード
日常の生活だけでなく、
インターネットでクレジットカードを利用する際、
カード情報を盗み悪用されることがあるため、
警戒が必要です。
例えば

 

  • 金融機関やカード会社のサイトを装ってカード情報を入力させる
  • ショッピングサイトを装い商品をクレジットカードで支払わせる

 

など、いわゆる「フィッシング」と呼ばれる犯罪です。
サイトやメールなどを使い利用者のクレジットカードの
番号や暗証番号などを入力させ、
不正に取得しようとします。

 

 

メールやサイトを通して、
金融機関やカード会社がカード番号や
暗証番号を聞いてくることなどありえませんので、
無視するようにしてください。

 

 

お店で買い物するときに、悪用を未然に防ぐ対応策

支払い
最初に注意すべきことは、
紛失や盗難にあわないように警戒しましょう。

 

 

相手にカードを渡さなければ、
乗っ取りや悪用されることもなく、
安全に買い物することができます。

 

 

またクレジットカードは、
本人以外が使用しないようにしましょう。
家族や親しい友人であっても、
貸したりしないようにしましょう。

 

 

カードを貸して買い物した商品は、
保険の対象外になってしまい、
補償を受けることもできなくなってしまいます。

 

 

また、毎月利用明細を確認するようにしましょう。
盗難補償を受けることができる期間は、
届出を出した日から遡って60日以内なので、
発覚が遅れると補償を受けれないこともあります。

 

 

なので、毎月利用明細を確認し、
おかしな点がないか確認するようにしましょう。

 

 

不正利用の金額が少額を
毎月利用されることもあるので、
少しでもおかしな点があれば
確認するようにしておきましょう。

 

 

クレジットカードは持っているだけで、
紛失や盗難のリスクがあります。
使わないカードを解約することで、
そのリスクをなくすことができます。

 

 

財布の中のカードだけでなく、
家に保管してあるカードも
しっかりと管理しましょう。

 

 

家に保管してあっても空き巣などに
入られてしまい、不正利用の被害に
あってしまうかもしれません。

 

 

紛失や盗難に気付かず、
不正利用されて数か月ぶりに明細を見たら
高額の支払いが…なんてことにならないよう
使用していないカードは解約していきましょう。

 

 

ネット利用時の対応策

ネット利用
現在はネット社会であり、
クレジットカードでネットショッピングをしたり、
漫画や小説、ドラマやアニメなどを
購入して楽しんでいる人も多いことでしょう。

 

 

しかし、ネット上にもカード情報を
盗まれたり悪用される危険性があります。

 

 

そういった、危険に対応するために
ネットを利用するときは、
ウイルスや危険なサイトに対応できる
セキュリティソフトを活用しましょう。

 

 

セキュリティソフトを導入せず、
ネットでクレジットカードを利用すると、
カード番号や暗証番号を盗まれることがあるので、
必ずセキュリティソフトを入れておきましょう。

 

 

また、セキュリティソフトだけに頼らず、
自分でもこのサイトが本物のサイトなのか
必ず確認するようにしましょう。

 

 

本物のサイトに似せて、
偽サイトを作りそこから情報を
盗もうとする人や業者がいます。

 

 

怪しいと思ったら、
まずは検索してみて確認するようにしましょう。
それだけで未然に防ぐことができるようになります。

 

 

クレジットカードの危険性に関するまとめ

危険
紛失や盗難により、
暗証番号がわからなくても
コンビニやガソリンスタンドなどでは、
不正利用することが可能です。

 

 

盗難の場合は、思いもよらず
起きてしまいどうしようもない
という部分もあります。

 

 

しかし、紛失の場合は、
本人の取り扱いに関して
問題があった可能性もあるので、
被害にあわないようここで、

 

 

クレジットカードの取り扱いについて
改めて確認し少しでもリスクを減らせるよう
改善していきましょう。

 

 

スキミングに関しては、
店員さんが不審な行動をしないか
確認しておきましょう。

 

 

ただ見ているだけでも、
相手にとってはやりにくいと思うので、
意識して目を離さないようにしましょう。

 

 

特に海外では、
日本と比べクレジットカードに
関する犯罪がとても多いです。

 

 

巻き込まれないよう、
十分注意しておきましょう。

 

 

また、インターネットでも、
金融機関やカード会社、ショッピングサイトを
装ったメールやサイトがあります。

 

 

そういったメールやサイトから
暗証番号やカード番号を聞いてくることは
ありませんので、騙されないように気を付け
届いたメールなどは、無視しましょう。

 

 

未然に防げるようセキュリティソフトを
入れて怪しいと思った場合は、
一度自分でも検索してみて安全かどうか
確認する癖をつけるようにしましょう。

 

 

>>クレジットカードの所有枚数の記事に進む

 

 

>>おすすめのクレジットカードの記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る