交通費を節約する方法が知りたい方へ

車通勤と電車通勤はどっちがお得?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

車通勤と電車通勤、どちらがお得なのか
ご紹介したいと思います!

 

交通費を削減する方法がわかるので
通勤だけではなくプライベートにも
活かすことができます!

 

これを知らずにいると
移動するたびに損をすることになる
可能性が高いです。

 

そうならないように、
交通費の削減の仕方を
学んでいきましょう!


 

 

車通勤の毎月の交通費は会社によって差がある

車通勤
電車やバスなどの公共交通機関を
利用して通勤する場合は、
定期券の金額が明確なので通勤に
かかる交通費は非常に分かりやすいです。

 

 

6か月分の定期券の金額で
支給してもらえる会社がほとんどではないでしょうか。

 

 

でも、車で通勤する場合の交通費の規定は、
会社によって違います。

調べてみると、1kmごとに○○円と
決められているところが多いようです。

 

 

この○○円の部分が会社によって開きがあり、
待遇の良い会社とそうではない会社とで
金額に差が出てくることが分かりました。

 

 

自宅から会社までの道のりを算出し、
それに会社規定の○○円/kmを掛けて計算します。
しかし、必ずしもこういう計算方法のところばかりではなく、
中には直線距離で交通費を算出するところもあります。

 

 

社用車の場合は、ガソリン代を細かく記入して、
給油にかかったレシートも提示する会社が多いと思います。
でもこれは、通勤のための交通費ではなく、
飽くまで営業経費です。

 

 

交通費も同じように計上する仕組みにしてくれれば、
実費支給ということになり損した気分にもならずに済みますが、
燃費も車種によって違うだけに車通勤の交通費の
考え方というのは難しいものがあります。

 

 

お金の面だけ見ると、
車通勤にはメリットが少ないように思えます。

 

 

でも、会社に着く直前まで自分だけの空間が
確保できることや荷物の量を気にしなくていいこと、
天気を気にしなくていいなど
うれしいポイントは多いです。

 

 

車通勤だからこそ、行きたくない飲み会に
行かずに済むという点も人によっては
大きなメリットといえますね。

 

 

電車通勤ではいくらくらいかかるのか?

電車
電車で通勤する場合は、
定期代が決まっているのでその金額で
支給されることがほとんどです。

 

 

はたらく未来研究所というところが行った調査を参考にしてみると、
一ヶ月の通勤にかかる料金は平均で1万5000円ほどでした。

 

 

定期券は、1ヶ月定期より3ヶ月定期のほうが安くなり、
6ヶ月定期だとさらに割引されるので、
通勤なら6ヶ月定期を買うのがいちばんお得です。

 

 

定期券は、かつては磁気のものが主流でしたが、
今ではICカードやモバイルを利用したものを
使っている人が増えているようです。

 

 

ICカード定期やモバイル定期でも、
よく利用する区間を登録しておくことで
割引が受けられます。

 

 

また、磁気定期と違う点はチャージする必要があることと、
買い物にも利用できることです。

 

 

磁気定期は購入時にお金をぜんぶ支払うので、
チャージして利用するのとあまり仕組みは変わりませんが、
6か月分の定期券をもし紛失してしまった場合のことを考えると、
マメにチャージして利用するほうが安心かもしれません。

 

 

駅構内のお店はもちろん、
駅周辺のお店でも支払いにICカードなどを
利用できるところが増えています。

 

 

買い物のときに財布を出す必要がないので時短になる上に、
通勤中の急いでいるときでも気軽に買い物ができる
便利さが多くの人から支持されている理由です。

 

 

お金の面以外に考えなくてはならないのは、
電車通勤でかかる精神的負担です。

毎朝の満員電車や度重なる乗り換えがストレスなら、
通勤方法を考え直したほうがいいです。

 

 

もちろん電車以外の選択肢がない場合もあると思います。
そういうときは、通勤の時間帯をずらすとか
経路を変えてみることで
精神的なストレスを軽減できます。

 

 

交通費を削減する方法についてのまとめ

交通費
ガソリン代は変動する上に、
季節によってもエアコンの使用量などで
給油の頻度が変わります。

 

 

一方、電車の定期券なら一年中価格は変わりません。

 

 

会社から支給してもらえる交通費に関しては、
車だと通勤距離に対して○○円/kmと
決められているところが多く、中には自宅からの
直線距離で算出されるところもあります。

 

 

通勤事情によっては高速代や
駐車場代がかかる人もいると思いますが、
どこまで支給されるかは
会社によって大きく異なります。

 

 

一方、電車の定期券ならそんな不公平感は一切なく、
必要な分が実費で支給される場合がほとんどです。

 

 

1円たりとも損をしたくないのであれば、
電車通勤のほうが料金が明確なのでおすすめです。

でも、電車通勤にはデメリットが
あることも知っておきましょう。

 

 

満員電車に詰め込まれることで気持ちが萎えないか、
座れずにずっと立ったままでいるのはしんどくないか、
乗り換えはスムーズにいくのかどうかなど、毎日自分がそれに
耐えられるのかを一度考えてみてください。

 

 

車だと、混んでいる日なら渋滞に
巻き込まれることもあります。
ガソリン代は、最近は値上がりしていることも多いです。

 

 

それでも、電車通勤と
車通勤をてんびんにかけたとき、
自分はどっちのほうが続けられるかで
選んだほうがいいと思います。

 

 

会社へ行けば、仕事が待っています。
毎日楽しい気持ちだけで終わればいいですが、
そんな日ばかりではないですよね。

 

 

お得さも考えた上で、
通勤にかかるストレスはできるだけ少なく、
気持ちの負担を減らす方向で
考えてみるのはどうでしょうか。

 

 

自動車保険の選び方

自動車のイラスト

次のページでは、
自動車保険についてご紹介します。

 

色々な種類がある自動車保険。
どんな種類があるのかや、
特約とは何か、選び方についても
まとめました。

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

>>自動車保険についての記事に進む

>>主婦節約TOPページに戻る