自動車保険を安くしたい方へ

自動車保険を契約するときに最低限つけておくべき補償は?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

自動車保険を最低限に抑えることができる
契約方法についてご紹介します。

 

自動車保険を安くするなら、
最低限の補償だけにしておくことです。

 

対人・対物無制限と人身傷害は
絶対必要として、車両保険や
弁護士特約はとりあえず
つけなくてもいいです。

 

でも、もしものときに困ることもあるので、
不安であればつけておくほうがいいですよ。

 

自分の人生と安心のための保険なので、
よく考えて選んでください。


 

 

契約を最低限にしよう


任意の自動車保険に
入っておいたほうがいいことはわかっていても、
できれば少しでも保険料を安くしたいところです。

 

 

では、安くするための
最低限の自動車保険というのは、
どういう契約をすればいいのでしょうか。

 

 

簡単にいうと、
事故を起こしたときの相手への補償、
そして自分への補償、この2つがあれば
とりあえずOKです。

 

 

相手への補償については、
無制限にしてください。
場合によっては、裁判で数億のお金を
請求されることもあります。

 

 

そうなるともう普通の生活ができないばかりか、
家族にもかなりの迷惑をかけてしまうことになります。

 

 

さらに、相手というのは、人ばかりとは限りません。
ぶつかった対象がモノであっても、
壊してはいけないものを傷つけてしまった場合は
高額なお金を請求されます。

 

 

相手を死なせてしまったり、
後遺症の残る怪我をさせてしまった場合を考えると、
自動車保険で「無制限」を選んでおけばまず安心です。

 

 

そういうときにもし無制限で契約していなかったら、
多額の借金を背負って一生働いても
返せないなんてことも起こりえます。

 

 

なので、対人・対物補償は、
無制限で契約しておきましょう。

 

 

次に、自分への補償です。
これは、人身傷害と呼ばれます。

 

 

車の中で事故に遭い、怪我をした場合の補償か、
または横断歩道などを歩いていたときに
事故に遭った場合の怪我もカバーしてくれる
補償かにより金額が異なります。

 

 

車の運転中などに起きた事故で、
その際の怪我の補償のみであれば
「車内のみ」を選びます。

 

 

これで、他で事故に遭った場合の補償が
自動車保険でまかなわれることはありません。

 

 

必要なオプションはこれ!


最低限の補償について前述しましたが、
できればこれもつけておきたいというものを紹介します。
それは、弁護士特約と車両保険です。

 

 

弁護士特約は、保険料の支払いなどで
事故の相手と揉めたときに弁護士に
依頼するための費用をまかなってくれます。

 

 

事故が起きたときなどは、できるだけ揉め事もなく
必要な処理だけで終わらせたいものですが、
お金や命が関わる場面ではなかなかそうもいきません。

 

 

どちらが悪いかに始まり、
その比率についてもいちいち揉めます。

それが保険会社から支払われるお金に
大きく関係するからです。

 

 

自動車保険を利用すると、
等級が下がるので月々の保険料が高くなります。

 

 

そういうリスクも背負っているわけですから、
両者が保険に加入していたとしても、
揉めることは基本的に避けられないと
思っておいたほうがいいです。

 

 

弁護士は交渉のプロなので、お任せできれば安心です。

 

 

次に、車両保険のお話です。
これは、事故で傷ついてしまった
車に対する補償です。

 

 

生活する上で車が欠かせない人であれば、
最低限必要な補償に
組み込んでおくことをおすすめします。

 

 

でも、車の重要性がそこまで高くない人であれば、
修理せずにそのまま廃車にしたり、
売りに出したりということもできます。

 

 

事故にあったときに決めればいいので、
必ずしも必要ではないけどあったほうがいい
補償
として説明させてもらいました。

 

 

自動車保険を節約するときの注意点


自動車保険などは、
どうしてもお金のかかるものだからこそ、
少しでも安くしたいと思う気持ちは
非常にわかります。

 

 

ただ、もし事故をした相手が無保険だったらどうでしょう。
相手が100%悪くても、保険に加入していない人だったら・・。
そういうとき、自分も保険に入っていなかったら本末転倒です。

 

 

怪我も、車の傷も、誰も補償してくれない
という困った事態に陥ります。

怪我の状況によっては、
一生働けなくなるかもしれません。

 

 

保険に加入せずにハンドルを
握るドライバーは意外と多いです。
だからこそ、自分が注意しておかないといけません。

 

 

いざというときの助けになるものは、
あまり節約に徹しないほうが身のためです。

 

 

とはいえ、どうしても・・という場合には
前述したように車両保険を外すとか、
とりあえず命に関係なさそうなところを手薄にして
保険料を節約するのがいいと思います。

 

 

自動車保険料を安くする方法のまとめ


自動車保険は、
自分で内容を選んで契約することが可能です。
必要ないと思えば、それを外して契約することで
保険料を抑えることができます。

 

 

それでも、最低限つけておきたい補償内容は、
対人・対物無制限と人身傷害の2つです。

 

 

対人・対物無制限は、事故で相手に
怪我をさせてしまった場合に下りる保険で、
事故の規模などによってはいくらかかるかまったく
見当が付かないので、無制限にしておくほうがいいです。

 

 

人身傷害は、事故で自分が怪我をした場合の補償です。
どんな怪我かにもよりますが、しばらく通院や入院が
必要な怪我になるとかなりのお金がかかります。
人身傷害はそういうときに役に立つ保険です。

 

 

他にも、事故などで先方と揉めた場合に役立つ弁護士特約や、
傷ついてしまった車への補償である車両保険など、
入っておいたほうが安心なものもあります。

 

 

もしものときに助けとなるものなので、
節約ばかりを考えずに安心を買う気持ちで、
必要なプランを選ぶようにしましょう。

 

 

>>交通費の節約の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る