自動車保険の種類や選び方をまとめました!

このページでお話しする内容

 

ここでは、

自動車保険の基本的な仕組みや
選び方をご紹介します。

 

自動車保険の種類を知っておくと
自分が加入することになったとき
安い金額で自分の必要なものを
選ぶことができます!

 

自賠責保険との違いなどを知らないと
事故を起こした時に、自賠責保険で
保障されるものとされないもので高額な
賠償額を支払わなければいけなくなります。

 

そんな状況に陥る前に
自動車保険とはどういうものなのか
理解しておきましょう!


 

 

自動車保険の種類はどれくらいあるのか?

自動車保険
自動車保険には、
大きく分けて2つの種類があります。
それは、自賠責保険と任意保険です。

 

 

自賠責保険

自賠責は、車や原付バイクを
運転する人なら必ず加入して
おかなくてはいけない保険です。

 

 

未加入で車や原付バイクを
運転すると、1年以下の懲役か
50万円以下の罰金が科されます。

 

 

自賠責は、車の運転による事故で、
相手を死なせてしまった場合の
補償金が3000万円までと決まっています。

 

 

これから説明する任意保険は、
3000万円を超えたぶんを
まかなうためのものです。

 

 

もし自賠責に入っていない状態で事故を起こしたら、
この3000万円も自分で負担しないといけません。

 

 

任意保険

任意保険は、一般的に
「自動車保険」と呼ばれるものです。

 

 

任意で加入する自動車保険の中身には、
賠償責任保険と傷害保険、
さらに車両保険が含まれます。

 

 

賠償責任保険は、対人と対物
どちらにも共通する保険で、
事故によって相手に怪我をさせてしまった場合や
モノを壊してしまった場合に補償されます。

 

 

次は、傷害保険です。
傷害保険は、車を運転中に自分が
怪我をした場合や、一緒に車に
乗っていた人の怪我を補償してくれるものです。

 

 

事故を起こせば、相手だけでなく
自分も怪我をする可能性が高いです。
同乗者が重症を負ってしまうことも考えられます。

 

 

そういうときでも、傷害保険に
入っておけば補償が受けられます。

 

 

最後に、車両保険は事故によって
傷ついてしまった自分の車に対する保険で、
修理代を補償するためのものです。

 

 

自動車保険と一言にいっても、
これだけ種類があります。

 

 

特約とは何か?

特約
任意の自動車保険には、
オプションで付けることができる
特約というものが用意されています。

 

 

付けることで保険料が下がることもあれば、
上がることもあります。
どんな特約があるのか、少し見てみましょう。

 

 

運転者限定特約

ドライバーを限定することによって、
保険料が安くなります。

例えば、同居の家族のみにするとか、
本人と配偶者のみに限定するなどです。

 

 

限定された人数が少ないほど、
保険料は安くなります。

 

 

子供特約

同居の子どもが免許を取得し、
家の車を親も子どもも運転することが
ある場合に便利なのが、子供特約です。

 

 

免許を取得したばかりの子どもの年齢を考えると、
おそらく18歳〜20代前半くらいかと思います。
一般的に、この年齢は運転にまだ慣れていないので
事故を起こしやすいと考えられています。

 

 

安全運転の実績も長くないため、
20歳前後の人が単独で自動車保険に入ると、
親世代に比べて保険料が高くなります。

 

 

子供特約で保険を組めば、
保険料が親の年齢で算出されるので
子ども単独で組むよりも保険料は安くなります。

 

 

新車特約

新車を買ってすぐに
全損事故を起こした場合でも
新車の再取得費用をまかなってくれます。

 

 

弁護士特約

事故の際に弁護士を雇っても
その費用をまかなってくれます。

 

 

特約は、多くの保険会社のカラーが
出るところでもあるので、様々な種類があります。

 

 

自動車保険の選び方

自動車保険の選び方
自動車保険には多くの種類があることがわかりました。
でも、その中で自分にぴったりの自動車保険を
どうやって選んでいけばいいのでしょうか。

 

 

まず、基本部分として
対人対物は無制限にしておきましょう。

その上で、傷害保険の内容、
どこまでを補償範囲とするかを決めていきます。

 

 

車両保険に関しては、
古い車であれば外してしまう人も多いです。
修理をするより新車を買うほうが
合理的な場合もあります。

 

 

さらに、車の重要度がそこまで
高くない人であれば修理せずに売る、
廃車にするという選択肢もあります。

 

 

特約は、本当に必要だと
思うものだけ付けるようにしましょう。

内容があまり理解できないものは、
基本的に付ける必要はないです。

 

 

また、保険会社によって
差が出るのはロードサービスです。

 

 

何かあったときにすぐ現場に駆けつけてくれるかどうか、
レッカーしてもらえる範囲は何kmまでなのか、
事故によって家に帰れなくなった場合の
宿泊費用はいくらまで補償されるのか。

 

 

こういう細かい部分をしっかり
把握してから契約してもらいたいので、
ロードサービスの内容を見て安心できる
自動車保険を選ぶようにしてください。

 

 

自動車保険の選び方についてのまとめ

事故
自動車保険には、
車や原付バイクを運転する人なら絶対に
加入しなければならない自賠責保険と、
任意で加入する任意保険があります。

 

 

一般的に「自動車保険」と
呼ばれるのは後者のほうです。

 

 

任意の自動車保険の中には
賠償責任保険と傷害保険、
車両保険があります。

 

 

賠償責任保険は、事故によって
相手に怪我をさせた場合や
死なせてしまった場合の保険です。

 

 

傷害保険は、事故で自分が怪我をした場合や、
同乗者に怪我をさせてしまった場合の保険です。

 

 

さらに、車両保険というのは、
事故で傷ついてしまった車の
修理代をまかなうための保険になっています。

 

 

これ以外にも特約というものがあり、
事故の際に弁護士を雇ったときの費用を
補償してくれる弁護士特約などがあります。

 

 

ロードサービスの内容も重要なので、
細かく把握した上で自動車保険を
選ぶのがおすすめです。

 

 

>>自動車保険を安くする方法についての記事に進む

 

 

>>交通費の節約についての記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る

自動車保険の種類<<選び方や特約についてご紹介>>記事一覧

このページでお話しする内容ここでは、自動車保険を最低限に抑えることができる契約方法についてご紹介します。自動車保険を安くするなら、最低限の補償だけにしておくことです。対人・対物無制限と人身傷害は絶対必要として、車両保険や弁護士特約はとりあえずつけなくてもいいです。でも、もしものときに困ることもあるので、不安であればつけておくほうがいいですよ。自分の人生と安心のための保険なので、よく考えて選んでくだ...

このページでお話しする内容ここでは、アクサダイレクト生命やソニー損保、三井などの自動車保険の比較の仕方についてまとめました。自動車保険会社は20社以上あります。通販型と代理店型があり、どちらを選ぶかは保険に対する知識の有無などを元に決めるのがいいです。保険の知識に自信のない人は代理店型、ある程度知っている人は通販型という風に、保険料の安さだけを見て決めないことです。失敗すると、いざというとき頼りの...