エコキュートやエコジョーズについて知りたい方へ

エコキュートとエコジョーズどっちがお得?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

エコキュートとエコジョーズの仕組みや
光熱費はどちらがお得なのか

ご紹介します!

 

料金や仕組みを知ることで
自分に合ったものを
選ぶことができます。

 

反対に、仕組みなど考えず選んでしまうと
自分思っていたよりも初期費用が
かかってしまったり毎月の支払いが
増えてしまったりするかもしれません。

 

そうなる前にどんなもので
どれくらいのお金がかかるのか
学んでいきましょう!


 

 

エコキュートとエコジョーズの違いとは?

エコキュート&エコジョーズ
CMでも聞いたことがある
エコキュートやエコジョーズという言葉。
この2つは、実はぜんぜん違うものだ
ということを知っていますか?

 

 

どちらも光熱費をお得にするためのものなので、
賢く導入すれば今より節約できますよ。

 

 

まず、エコキュートとエコジョーズに
違いについて説明します。

 

 

エコキュートとは?

エコキュートのイラスト

エコキュートのエネルギー源は、電気です。
なので、エコキュートのお話のときには
電気代が関係すると思ってください。

 

 

電気代は、昼間より深夜のほうが
安く設定されています。
そこで、安い時間帯の電気を使ってお湯を
沸かしておくというのがエコキュートです。

 

 

電気を利用してお湯を沸かすわけですが、
そのお湯は貯水タンクに保管されます。

庭でもベランダでもいいので、
貯水タンクを置けるスペースが必要です。

 

 

貯水タンクの大きさはだいたいタタミ一畳分で、
最近はマンション用に、コンパクトなタイプの
貯水タンクも出回っています。

 

 

貯めたお湯を翌日使う際、
もし途中でお湯がなくなってしまったら、
昼間の割高な電気料金で
お湯を作ることになります。

 

 

また、貯水タンクにためた
お湯は飲めないので注意が必要です。

 

エコジョーズとは?

エコジョーズのイラスト

エコジョーズはガスを
エネルギー源にお湯を沸かします。

なので、エコジョーズに
関係する光熱費はガス代です。

 

 

元々排熱されていた分のガスを利用して
お湯を沸かすという仕組みなので、
効率が良く、その分お得になっているというのが
エコジョーズのメリットです。

 

 

エコキュートのように大型の貯水タンクは必要ないので、
スペースを取らない点も魅力ですね。

 

 

こちらは「貯めておく」という発想ではなく、
必要なときに必要な分だけお湯を沸かすので、
途中で足りなくなるということがありません。
また、飲めないということもないです。

 

どちらの方が光熱費がお得になるのか?

お得
月々どれくらいお得になるかというお話の前に、
初期費用についても説明しておきます。

 

 

エコキュートもエコジョーズも、
導入する際には初期費用がかかります。

 

 

エコキュートの初期費用

貯水槽のイラスト

エコキュートは
貯水タンクとお湯を沸かすユニットを
新設しないといけません。

 

 

3〜5人家族に対応する大きさのものなら、
割引をしてもらっても
だいたい30万円くらいします。

 

 

もっと大きなタンクを用意したい場合は、
これの倍かそれ以上はかかると思ってください。
また、新設するための工事費もかかります。
工事にかかる金額は、だいたい15万円ほどです。

 

エコジョーズの初期費用

工事のイラスト

次に、エコジョーズの初期費用ですが、
3〜4人家族に対応できるタイプなら
高くても35万円ほどです。

 

 

工事費は約5万円くらいで済みます。

 

 

初期費用だけ見るとエコジョーズのほうが安いです。
いよいよ、月々のランニングコストを見ていきましょう。

 

 

エコキュートのランニングコスト

コストのイラスト

エコキュートは、
うまく使えれば給湯にかかる電気代は
高くても年間6万円で収まる見込みです。

 

 

足りなくなった分を日中に沸かし直して
補う分は余計にかかりますが、
上手に使えればこの程度の金額で済みます。

 

エコジョーズのランニングコスト

費用のイラスト

エコジョーズのランニングコストは、
ガスの単価によっても開きがありますが、
だいたい年間10万円以内で収まるようです。

 

 

都市ガスかプロパンガスかによっても
違いがありますが年間10万円という金額を
現在のガス代と比較して考えてみてください。

 

 

エコキュートとエコジョーズの比較のまとめ

比較
エコキュートとエコジョーズは、
どちらも光熱費をお得にできるシステムです。
違いは、電気を使うかガスを使うかで、
それによって月々のランニングコストも変わってきます。

 

 

深夜のイラスト

エコキュートは、
電気代が深夜だと割安になることを
利用して光熱費を安くする仕組みです。

 

 

深夜にお湯を沸かしておき、
そのお湯を貯水タンクに貯めて翌日使います。
貯水タンクはタタミ一畳分くらいの大きさなので、
それを置けるスペースを確保しないといけません。

 

 

大きな庭や広いベランダがなくても、
最近ではマンション用に少しコンパクトな
タイプも出ているようです。

 

 

貯めたお湯が足りなくなった場合は、
改めてお湯を沸かす必要があります。

 

 

昼間の電気料金は深夜の3倍なので、
沸かし直しが多いとあまり
得した気分にはならないと思います。

 

沸かすイラスト

エコジョーズは、
ガスを利用してお湯を沸かします。
その都度お湯を沸かすので、
足りなくなるという心配はありません。

 

 

これまで排熱していた分のエネルギーを
利用してお湯を沸かすため、
使うガスの量が従来より少なくて済みます。

 

 

新設するにあたって、
どちらも初期費用がかかりますが
そこだけ見るとエコジョーズのほうが安いです。

 

 

ランニングコストを見ると、沸かし直しを考慮しなければ
エコキュートの場合は年間の電気代が約6万円以内
エコジョーズでは年間のガス代が約10万円以内で収まります。
(3〜5人家族に対応するタイプで計算した場合。)

 

 

現在の電気代やガス代と比較して、
導入したほうがお得かどうか考えてみましょう。

 

 

 

オール電化の家庭や、
ガスを利用した床暖房設備のある
家庭など状況によってランニングコストは
もっと安くなる場合もあります。

 

 

光熱費は必ずかかるものなので、
こういうアイテムを利用して少しでも
お得にできればいいですよね。

 

無理せず節約できる冬の暖房とは?

エアコンのイラスト

次のページでは、
冬の暖房についてご紹介します。

 

エアコンや石油ストーブなど、
暖房にはいろいろな種類があります。

 

どうすれば節約しつつ、
快適に過ごせるのか
について
まとめました。

 

>>冬の暖房についての記事に進む

 

>>光熱費の節約術の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る