住居別での光熱費の目安が知りたいあなたへ

住居によって光熱費はどれくらい変わるのか?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

マンションやアパート、戸建てなど
住居別の光熱費の目安を
ご紹介します!

 

住宅別でどれくらい光熱費が
変わるのかを把握することで、
引っ越しなどをするときに
自分の払えるところを選ぶことができます。

 

しかし、把握していないと、
引っ越した後光熱費が高くて
生活が苦しくなってしまうかもしれません。

 

そうなる前に、ここで大体の
目安を確認しておきましょう!


 

 

マンション住まいの方の光熱費

マンション
光熱費は、戸建てより
マンションのほうが抑えられると言われています。

 

 

マンションに住んでいると、
どうして戸建てに住んでいるよりも
光熱費を抑えることができるのでしょうか。

 

 

それは、戸建てに比べて
機密性や断熱性が優れているからです。

 

 

戸建てとマンションの平均的な延べ
床面積をみても分かる通り、
マンションのほうがより省スペースで
コンパクトにできています。

 

 

機密性が高いことによって空気が逃げにくく、
冬は暖房器具ですぐに部屋が暖まる
などの
メリットがあります。

 

 

しかし、マンションは毎月
修繕積立金や管理費といった
費用がかかります。

 

 

一般的には、築年数が浅い分譲マンションほど
床暖房などいろいろな設備が最初からついている上に
管理費や修繕積立金も、新しいマンションのほうが
安く設定されています。

 

 

逆に、古いマンションになると
毎月にかかる費用は跳ね上がり、
物件価格よりも毎月の管理費や
積立金を気にする必要がでてきます。

 

 

マンションの場合は、太陽光発電や
床暖房を新たに設置しようと思うと、
制限があって自由に設置できないこともあります。

 

 

そういうことを考えると、
戸建てよりも光熱費は抑えられるとはいえ
それ以上はやりようがないとも言えます。

 

 

戸建ての方の光熱費

戸建て
マンションより光熱費がかかると
散々いわれている戸建てにも、
メリットはあります。

 

 

前述したような、床暖房の設置、
太陽光発電による備蓄電池の利用など、
光熱費を抑える設備を自由に
整えることができるのは戸建ての魅力です。

 

 

例えば床暖房を設置した場合、
冬でも暖房器具をほとんど
使わずに済むこともあります。

 

 

特に冬場が寒い地域なら、
このあたりの差はかなり大きいです。

 

 

太陽光を利用した備蓄電池は、
災害時にも役に立ちます。

 

 

停電のときでも、備蓄した電気を
使うことができるので大きさにもよりますが、
節電しながらであれば生活することは可能です。

 

 

(マンションの場合は停電すると、
給水ポンプが止まってしまうこともあり、
そうなると停電だけでなく断水にもなります。)

 

 

マンションと戸建ての延べ床面積を比べると、
マンションのほうが省スペースであると前述しました。

 

 

戸建ては吹き抜けがあったり、
天井が高い作りになっていたり、
ある程度間取りが自由に
決められることもあります。

 

 

間取りを考えるときに光熱費を考えて
作る人があまりいないというのも、
実際に住んでみてから光熱費問題に
悩まされる人が多い原因の1つだと思います。

 

 

アパートに住む方の光熱費

アパート
アパートの場合、マンションより手狭という
イメージがあるかもしれませんが、
広い間取りのアパートも多く、
ファミリー世帯で入居している人もとても多いです。

 

 

ここではアパート=賃貸として説明していきます。

 

 

賃貸の場合の光熱費事情は、
マンション、戸建てなどの持ち家派に
比べてどうなのでしょうか。

 

 

物件によっては、昔からの古いエアコンが
取り付けられていることがあります。
古いエアコンは、今出回っているエアコンと
比較するとかなりの電力を消費します。

 

 

省エネなんて言葉が登場したのは
まだまだ最近のことなので、
築20年や30年の物件についている
エアコンのスペックでは使えば使うほど損します。

 

 

新しい家電を設置するのが一番なので、
ぜひそうしてもらいたいですが、
作りが古すぎて新しいエアコンを設置できない
という問題が出てくることもあります。

 

 

しかし、給湯器の故障などは修理費ゼロで
所有者が負担してくれることもあるので、
賃貸だからこそお得なことも大いにあります。

 

 

また、賃貸アパートは最初から賃貸にすることを
見込んで建設されていることが多いので、
機密性や断熱性の面で優れているとは言いにくいです。

 

 

上の階の人の足音がうるさくて
眠れないということもあります。

 

 

さらに気になるのは、冬場の結露です。
暖房器具を使えば使うほど、
外気温との差が大きくなるので結露が発生します。

 

 

二重サッシになっている賃貸アパートはまだ珍しく、
結露ができるとそれが原因でカビが生えます。

 

 

賃貸だと、カビ問題は深刻で、
冬場に湿気を溜め込んでしまうと
カビの臭いはその後なかなか取れません。

 

 

そういう点の対策なども考えると、
光熱費などの費用面を選ぶか、
住み続ける上での快適さを選ぶか、
月々のランニングコストを選ぶか
住居選びはとても重要で難しい課題です。

 

 

住居別光熱費のまとめ

光熱費
分譲マンションは機密性や断熱性が優れている分、
光熱費が抑えられる傾向にあります。

 

 

その点、戸建ての場合は延べ
床面積の広さをみても分かる通り、
機密性の面から光熱費が
多くかかると言われています。

 

 

しかし、床暖房や太陽光発電、
断熱材の補強など新たにいろいろな
設備を整えることができる自由度の面では、
戸建てのほうがメリットが大きいです。

 

 

賃貸アパートの場合は、
作りが古いほど光熱費はかかる傾向にあります。
壁が薄いなど、賃貸ならではの問題もあるので
機密性、断熱性に優れているとは言いにくいです。

 

 

中でも、冬場の結露対策は重要で、
カビの発生を食い止めるために
窓際の結露は放っておいてはいけません。

 

 

冬に暖房器具を使えば使うほど
結露問題は深刻なので賃貸の場合は、 
光熱費以外にもこういう課題があることを
知っておいたほうがいいと思います。

 

エコキュートやエコジョーズの仕組みとは?

エコキュートのイラスト

次のページでは、
エコキュートとエコジョーズの仕組みや
どちらがお得なのかについてご紹介します。

 

エコキュートとエコジョーズは、
似ているようで仕組みが全く違います。

 

違いや初期費用、
ランニングコストなど、
比較していきます。

 

>>住居別の光熱費の相場の記事に進む

 

 

>>光熱費の節約術の記事に戻る

 

>>主婦節約TOPページに戻る