冬の暖房は何を使用するとお得なのか知りたいあなたへ

寒い冬を節約しながら快適に過ごすには?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

エアコンなどの電化製品か
灯油などを使う暖房器具か
どちらがお得なのかまとめました。

 

寒い冬を過ごすとき部屋の中を
暖める時にどれくらいの費用が
かかるのか知ることでお得に暖かく
過ごすことができるようになります!

 

ちゃんと対策しないでいると
無駄にお金を払うことになり
お財布の中身がさみしい状態に
なるかもしれません。

 

そうなる前に学んで
自分の状況にあった対策をとりましょう!


 

 

冬の暖房にはどれくらい費用が掛かるのか?

暖房
冬の暖房器具にかかる光熱費はとにかく高いです。
寒い地域だと尚更、ケチると命に
関わるので削ることもできません。

 

 

また、冬の光熱費はマンションより
一戸建てのほうが高くつくともいわれています。

 

 

それは建物の機密性によるもので、
マンションのほうが機密性が高く、
部屋が暖まりやすいというのが理由です。

 

 

冬に使う暖房器具の費用だけを見ると、
一体どれくらいの出費になっているでしょうか。

 

 

エアコンにかかっている料金は、
エアコンを使っている間に消費しているワット数と、
1キロワットの料金単価が
分かれば簡単に計算できます。

 

 

年間でエアコンに
どれくらいの電力が使われているかが分かれば、
おのずと年間のエアコン代が分かるわけです。

 

 

エアコンの料金

電気の料金単価は地域によっても
利用する時間帯によっても異なりますが、
1キロワットあたり25円だとしましょう。

 

 

年間で1000キロワットの電力を消費している場合だと、
1000×25=25000(円)/年となります。

 

 

石油ストーブの場合はどうでしょうか。
灯油があれば発熱できるので、電気は必要ありません。
灯油の値段は、最近では18リットルで
2000円を切ることが多いようです。

 

 

1時間のコストを計算すると、
灯油に比べてエアコンは断トツで安いです。

しかし、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

 

エアコンのメリットとデメリット

エアコンのイラスト

エアコンのメリットは初期費用こそ
かかるもののランニングコストが
比較的安いという点が挙げられます。

 

 

新しいものほど省エネ効果が大きいので、
購入するとお金はかかりますが
長い目で見ればお得です。

 

 

また、発火する心配は基本的にないので
つけっぱなしにしていても大丈夫です。

 

 

デメリットは、ずっとつけていると空気が乾燥するので、
加湿器などを併用する必要がある点です。
あとは、部屋全体が温まるまでに
少し時間がかかる点もデメリットの1つと言えます。

 

石油ストーブのメリットとデメリット

石油ストーブのイラスト

石油ストーブのメリットは、
場所の移動が簡単にできる点、
エアコンより安く手に入る点、
料理に使える点などが挙げられます。

 

 

それから、すぐに温まるのもいいところです。

 

 

デメリットはというと、
いちいち灯油を入れる必要がある点と
定期的に換気が必要な点です。

 

 

石油ストーブは、灯油さえあれば
使えるので災害時など
停電になったときにも重宝します。

 

 

しかし、気をつけないと
火災の恐れがある暖房機器なので
つけっぱなしにするのは危険です。

 

何を使うと安く済むのか?

扇風機
エアコンと石油ストーブの比較を前述しましたが、
それ以外にも便利な暖房器具は多くあります。
いろいろな機器をうまく利用することで、
上手に部屋を暖めることができますよ。

 

 

まず、最も冷え込むのは朝方です。
家族の中でいちばん最初に起きる人は、
この寒さに負けそうになりますよね。
とりあえず、早く部屋を暖めることが必要です。

 

 

即効性を求めるなら、石油ストーブや
石油ファンヒーターがおすすめです。

 

 

また、エアコンの熱を早く部屋全体に
広げたいのなら空気を循環させる
仕組みがあると便利です。

 

 

扇風機のように空気を
循環させられるファンを利用して、できるだけ早く、
少ない電気量で部屋を暖めるようにしましょう。

 

 

暖房以外にも温活グッズを利用しよう

スリッパのイラスト

温かくなった空気は
部屋の上のほうにたまりやすいので、
足元だけ冷えてしまうことがあります。

 

 

そんなときは、カーペットやこたつを
利用して足元を暖める工夫をします。

 

 

もこもこ靴下や、
足裏が分厚くなっているスリッパで、
床の冷えを感じにくくすることもできます。

 

 

冬になるといろいろな
温活グッズが売られているので、
そういうアイテムもチェックしてみましょう。

 

 

暖房光熱費を安くする方法のまとめ

暖房
光熱費の比較対象に
なりやすいエアコンと石油ストーブですが、
ランニングコスト的には
エアコンのほうが安く済みます。

 

 

石油ストーブは灯油を
買いに行く手間がある他、
石油の価格変動によっても
ランニングコストは不安定です。

 

 

料金以外にも、
それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

 

エアコンはつけっぱなしにしても
OKなのが嬉しいところですが、
初期費用がかかるのが痛いです。

 

 

石油ストーブは早く温まる点や、料理にも使える点、
移動がしやすい点などがメリットとして挙げられますが、
定期的に換気の必要があるのと、つけっぱなしにすると
火災の危険がある点がデメリットです。

 

 

災害時のことを考えると、灯油さえあれば
暖を取れる石油ストーブは重宝します。

停電時でも使える暖房器具というのは心強いですよね。

 

 

少しでも冬の暖房光熱費を安くしたいと思ったら、
生活の中での工夫も大事です。

 

 

すぐに部屋を暖めたいときは、
石油ストーブや石油ファンヒーターを使いましょう。

 

 

エアコンの熱を部屋全体に広げたいときは、
ファンを活用して少ない電力でも
早く部屋全体を暖められるようにします。

 

 

足元が冷えると感じたら、
カーペットやこたつを利用して寒さをしのげれば、
エアコンの設定温度をどんどん上げなくて済みます。

 

 

冬は分厚いスリッパやもこもこの靴下など、
温活に便利なグッズがたくさん出回るので、
そういうアイテムを活用するのも
光熱費を安くするポイントです。

 

 

>>光熱費の節約術の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る