懸賞の当選品について知りたい方へ

懸賞の当選品を選ぶ基準とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

懸賞の当選品にはどのようなものが
あるのか
まとめました。

 

どんなものがあるのを知って
応募する機会が増えると
当選する確率がどんどんと
増えていきます。

 

当選品を知らないと
応募してみたいとも思わないので
当てるチャンスを逃してしまうことになります。

 

チャンスを逃してしまう前に
一度どのようなものがあるのか
確認してみましょう!


 

 

当選品に選ばれる基準は?

お菓子の詰め合わせ
懸賞でゲットできる当選品は、お菓子など
子どもが喜ぶものや高額家電など大人が喜ぶもの、
それ以外にも現金や商品券と
いろいろな種類のものがあります。

 

 

企業が新商品の宣伝のために懸賞を
企画することが多く
、ほかにも地域の活性化や、
お得意様への感謝を込めて
開催される懸賞などもあります。

 

 

当選したときにもらえる賞品は、
なんでもいいというわけではなく、
実は一定の基準があって選ばれています。
その基準となるのが、景品表示法という法律です。

 

 

略して景表法と呼ばれるこの法律では、
懸賞の当選品に金額上いくらまで
掛けて良いかが決められています。

 

 

景表法については、
消費者庁のホームページに詳しく載っています。

 

 

金額の上限を説明する前に、
まず懸賞の種類を知っておきましょう。
まずは、オープン懸賞と呼ばれるものです。

 

 

オープン懸賞

オープン懸賞は、参加するのに条件がなく、
誰でも応募できる懸賞のことをいいます。
「SNS上でハッシュタグを利用して投稿した人の中から抽選で」とか、
「クイズに答えた人の中から抽選で」といったものです。

 

 

気軽に応募できるので、多くの応募が見込まれます。
オープン懸賞には、当選品を決めるための金額の上限がありません。
また、スーパーなどに応募用紙が置かれている懸賞は、
オープン懸賞に含まれません。

 

クローズド懸賞

次に、オープンに対して
クローズド懸賞と呼ばれるものを説明します。
クローズド懸賞は、特定の条件を
満たした人しか応募できない懸賞です。

 

 

例えば、
「商品を買って、バーコード3枚で1口応募できる」とか、
「対象商品を3つ以上買って、レシートを貼って応募」
というタイプの懸賞がこれにあたります。

 

 

クローズド懸賞の中には、一般懸賞、共同懸賞、総付け懸賞の
3種類があるので、それぞれ説明していきますね。

 

 

一般懸賞

一般懸賞は、クローズド懸賞で最初に説明した、
条件を満たすことで応募できる懸賞を指します。
このタイプの懸賞当選品は、懸賞に関係する
売り上げ予想金額の総額の2%までと決められています。

 

 

2%を超えた金額のものを賞品にしてしまうと、
法律に違反していることになるわけです。

 

共同懸賞

共同懸賞は、商店街やショッピングモールで
「○○円以上買った人に抽選で」といった、
複数の店舗・会社が一緒に行う懸賞です。

 

 

この場合の当選品の金額は、
実際の取引額に関わらず30万円が上限とされています。
さらに、当選品の総額では、
懸賞に関係する売り上げの3%までという決まりがあります。

 

総付け懸賞

最後に、総付け懸賞は「先着順で100名限定」とか、
「来店した人にもれなく」というタイプのもので、
DVDやCDを買うときの初回限定特典もこれに該当します。

 

 

もらえる金品の金額は、
取引金額が1000円未満のときは200円までで、
1000円以上の場合でも全体の20%までという決まりがあります。

 

 

上記の基準に違反すると、
会社の信用問題にも関わるのでなんらかの懸賞を行う際、
主催者側は特に注意しておかないといけません。

 

 

懸賞ではどんなものが当たるのか?

当選品
それでは、懸賞ではどんなものが当たるのか、
多くの当選者の投稿を参考に見ていきましょう。

 

 

高額当選で多かったのは、旅行券です。
東京ディズニーリゾートのペアチケットや、
宿泊券、温泉旅行券、JCBで使える
往復旅行券などがありました。

 

 

それ以外にも、
図書カードが10万円分、現金20万円など、
高額な金券や現金の当選もあるようです。

 

 

懸賞で車が当たるという広告を見たことがありますが、
税制上の手続きや維持費を考えると、
仮に当選しても受け取るのを
ためらってしまう人もいるようです。

 

 

ほかにも、新商品のお菓子
食べ比べセットやビールなどのお酒、
ご当地のお土産セットなど、
販売促進に関する賞品も多くあります。

 

 

懸賞の当選品についてのまとめ

懸賞の当選品
懸賞の当選品は、
一定の基準を元に決められています。

 

 

景品表示法という法律に基づいて、
賞品の限度額が決定されている
ので、
主催者側はそれを超えないように
注意しないといけません。

 

 

また、懸賞には
誰でも参加できるオープン懸賞や、
特定の条件を満たさないと応募できない
クローズド懸賞があります。

 

 

オープン懸賞は、
賞品の金額に上限がないのに対し、
クローズド懸賞はその種類によって
金額の上限が定められています。

 

 

種類というのは、一般懸賞、
共同懸賞、総付け懸賞の3種類で、
クローズド懸賞の中には
この3つの懸賞が含まれます。

 

 

それぞれ簡単に説明すると、
一般懸賞はレシートを○枚集めて
応募できるなど条件がある
もので、

 

 

共同懸賞はショッピングモール内で
○万円購入したら抽選に参加できるといった、
いくつかのお店が共同で行っているものです。

 

 

総付け懸賞は、
CDの初回限定特典や来店者全員にもれなく・・
というものを指します。

 

 

高額当選の賞品には、
旅行券や現金、商品券が多く

ネット上には当選者の喜びの声が
たくさん掲載されています。

 

 

賞品の大小に関わらず、
当たるとうれしいものですよね。

 

 

でも、応募しないことには当たらないので、
暇つぶしに応募してみるのも悪くないですよ。
それで豪華な賞品をゲットできたら、
とてもラッキーです!

 

 

>>人気の懸賞まとめの記事に戻る

懸賞でどんなものが当たるのか知りたい方へ

>>主婦節約TOPページに戻る