確定申告をして医療費を削減する方法を知りたい方へ

医療控除でどれくらい還付されるのか?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

確定申告で控除の受け方について
ご紹介したいと思います!

 

確定申告をすることで
医療費が一定額以上かかっていた場合
ある程度戻ってくることがあります。

 

やり方がわからないと戻るはずのお金を
受け取れないことがあります。

 

やり方を覚えて
少しでも戻ってくるように
確定申告を行いましょう!


 

 

確定申告をすることのメリット

確定申告
会社勤めをしている人であれば、
確定申告を個人でやることは
あまりないかもしれません。

 

 

サラリーマンなら
経理部が年末調整をしてくれるので、
それによって支払った税金が
いくらか戻ってきたりするからです。

 

 

でも、サラリーマンであっても
個人で確定申告をするのが
必要な場合もあります。

 

 

@医療費が10万円を超えている

確定申告は一年間にかかった分が
対象になるので、昨年1月1日〜12月末日
までにかかった医療費が対象になります。

 

 

生計を同じにする家族であれば合算できるので、
離れて暮らす子どもや両親、
祖父母の医療費も合計して10万円を
超えていれば支払った税金の一部が戻ってきます。

 

 

A住宅ローンを組んでいる

確定申告をしておくことをおすすめします。
住宅ローン控除が受けられるので、
絶対にやるべきです。

 

 

しかも、住宅ローン控除の確定申告は、
最初の一年目だけでOKです。
最大で10年間も控除が受けられるので、
住宅ローン控除はおすすめです。

 

 

B年末調整後に結婚した場合

結婚すれば、
配偶者控除というものを受けられます。

 

 

配偶者控除には条件がありますが、
満たしていれば税金にかかる負担が
軽減される
ので活用すべきだと思います。

 

 

確定申告をするとどれくらいの控除を受けることができるのか?

控除
確定申告をすると、
どれくらいの税金が戻ってくるのか
気になるところですよね。

 

 

ここでは医療費を例にして説明していきます。
医療費控除のための確定申告には、
計算式があるので紹介しますね。

 

 

例えば、一年間にかかった
医療費が50万円だったとします。

 

 

ここからまず、一律10万円を引きます。
50−10=40になりますね。
保険金を利用した場合は、
その金額分も引きます。

 

 

保険金の利用がなかった場合で、
所得税率が例えば10%の人なら
(50−10)×10%=4という式になります。

 

 

この場合、還付金は4万円です。
4万円も戻ってくるとなると、大きいですよね。

 

 

一方で、確定申告をしても
たいしてお得感がないこともあります。

 

 

医療費が10万円を超えると
申告したほうがいいと前述しましたが、
例えばかかった医療費が11万円だったとしたら、
戻ってくるのは1000円だけです。

 

 

医療費を安くする方法

医療費
確定申告をして、
医療費の控除が受けられれば
「所得が減った」と見なされるので
所得税と住民税の負担額が減ります。

 

 

医療費そのものはかかっていても、
税金の負担額が軽減されるのは
生活する上でかなり大きなメリットです。

 

 

場合によっては10万円以上も
得をすることがあるので、
医療費の確定申告は
活用するのがおすすめです。

 

 

また、平成29年分の申告から、
提出する書類が簡略化されました。

 

 

これまでは医療費にかかった
領収書の提示が必要だったのに対し、
それが必要なくなりました。
(ただし、領収書は自宅などで5年間の保管義務があります。)

 

 

代わりに、医療費控除の明細書の
提出が必要になっています。

これは、領収証の提示に比べるとかなりラクです。

 

 

書類がかさばらない上に、
管理しやすいので確定申告が
やりやすくなったと感じる人は多いと思います。

 

 

他にも、セルフメディケーション税制というものが新設され、
一年間にかかった市販薬などの購入費が
12000円を超えた場合
に確定申告が
できるシステムもあります。

 

 

対象になる市販薬は、
もともと医師の処方箋が必要だったものです。

 

 

副作用の報告やこれまでの実績を踏まえて、
医師の処方箋なしでも購入可能になった市販薬が、
この制度の対象
になっています。

 

 

よく知られているものを挙げると、
ロキソニンやパブロン、
ガスター10などがそうです。

 

 

商品のパッケージに「セルフメディケーション税対象」
文字があるので、わかりやすいと思います。

 

 

これらの合計が一年間で12000円を
超えれば申告可なので、病院へ行くより
市販薬をよく購入するという人であれば
簡単に超えそうな金額です。

 

 

医療費控除とセルフメディケーション税制は、
どちらかしか利用できません。

 

 

控除額が大きいほうが得なので、
どちらを選ぶかはあらかじめ
計算してみてから決めるようにしましょう。

 

 

医療費を削減する方法のまとめ

まとめ
1年間にかかった医療費が、
10万円を超えた場合確定申告をすることで、
税金の控除が受けられます。

 

 

1人分だけではなく、
生計を同じくする親族であれば、
合算できるので税制面でお得になる
この制度をぜひ活用してください。

 

 

医療費控除が受けられれば、
所得税や住民税も軽減されます。

平成29年分の申告から、
提出書類が簡略化されました。

 

 

以前に比べるとかなりラクになったので、
確定申告の敷居も
低くなっているといえます。

 

 

それ以外にも、薬局などで購入した
市販薬の金額が一年間で12000円を超えた場合にも、
確定申告をすることで税金が戻ってくる

「セルフメディケーション税制」があります。

 

 

医療費控除とセルフメディケーション税制は、
どちらか一方しか利用できないので、
控除額の大きいほうを選ぶようにしましょう。

 

 

>>医療費の一人当たりの平均についての記事に進む

 

 

>>医療費の軽減についての記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る