ふるさと納税の使い道が気になる方へ

ふるさと納税で集めた寄附金の使い道とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

ふるさと納税がその使い道から
選べることを紹介します。

 

自治体がふるさと納税によって
得た資金を財源に何をするのか、
興味ないですか?

 

実は、集めたお金は
子育て支援や地域の活性化など、
さまざまな用途で使われます。

 

寄付金の使い道から寄付する
自治体を決めることができるのも、
ふるさと納税の面白いところです。


 

 

ふるさと納税の使い道

寄附金の使い道
ふるさと納税は、豪華な返礼品や
税金控除といったメリットだけでなく、
自治体が寄付金を何に使うのか、
その使い道を知った上で申し込むこともできます。

 

 

使い道は自治体によりさまざまですが、
子育て支援やインフラ整備をはじめ、
地域の活性化や観光地の開発などに
活用されることが多いようです。

 

 

ふるさと納税サイトによっては、事業を
達成するための目標額や現時点での達成率を
載せているところもあります。

 

 

他にどれくらいの人が事業に
賛同しているのかを知ることができるので、
自治体やその事業への注目度も
分かるようになっています。

 

 

実際に寄付してもらったお金でこんな事業を
成し遂げましたという自治体の声が
載っていたりするので、ふるさと納税先を
選ぶ上でも参考になると思います。

 

 

ふるさと納税で得た資金を財源として、
高校生までの医療費無償化や
給食費の無償化を実現した自治体があります。

 

 

また、多くの人に訪問してもらうための
魅力ある観光地を整備する資金に
寄付金を使うといった自治体もあります。

 

 

ふるさと納税の寄付金によって
こども園を新設できた自治体もあり、
前述した子どもの医療費無償化をはじめ
子育て世代にはかなりありがたい使い道です。

 

 

子どもだけでなく、高齢者福祉に
力を入れている自治体もたくさんあるので、
多くの人がそれぞれ賛同できる事業を
見つけることができると思います。

 

 

返礼品にばかり目が行きがちですが、
このような寄付金のあり方もいいと思います。

むしろ、こっちが本来あるべき姿なのかもしれません。

 

 

使い道でふるさと納税をした場合でも、
お礼の品が送られてくることがあります。

 

 

お礼の有無については、
あらかじめ選択できる場合もあるようです。

(お礼がいらないときは辞退も可能です。)

 

 

ガバメントクラウドファンディングとは?

クラウドファンディング
クラウドファンディングは、最近話題なので
聞いたことのある人もいると思います。
SNSなどで賛同してくれる人を集め、
寄付金を募って目標を達成することです。

 

 

ガバメントクラウドファンディングとは?

ガバメントクラウドファンディングは、
クラウドファンディングを行政でおこなうもので
ふるさと納税制度を活用して地域の課題を解決に導きます。

 

 

各自治体の課題や達成したい事業に対して、
応援したい人、考えに賛同できる人を募って、
寄付金を集めます。

 

 

財源が確保できれば目標が達成されるので、
応援したい取り組みがある人にはおすすめです。

 

 

動物が好きな人であれば、
動物愛護に力を入れている自治体や事業に
賛同してふるさと納税をするのがいいと思います。

 

 

保健所にいく犬や猫の殺処分は、
年々増加しておりそれをなんとかするために
使われるふるさと納税もあるからです。

 

 

また、歴史的な建造物を
保護するためのお金に回されたり、
地域のお祭りを支援する財源に使われたりと、
使い道はさまざまです。

 

 

このように、自分が納得できる事業に
ふるさと納税を利用すれば、
多くの人の協力によりとても大きな目標が
達成できることもあります。

 

 

自治体によっては特産品がないところもあったり、
自分の住んでいる街や地元には
魅力的な返礼品がないけど
ふるさと納税をしたい場合などは、

 

 

このようなガバメントクラウドファンディングの
内容から寄付する自治体を
選ぶのもいいと思います。

 

 

賛同して寄付をした事業が、
今どのあたりまで進んでいるのかは
自治体に聞けば教えてもらえます。

 

 

地域を良くしようと、一緒に足並みを
揃えていることが実感できれば
自治体の運営がより身近に感じられますね。

 

 

さらに、ふるさと納税は災害支援にも使われます。

 

 

大きな地震や豪雨被害を受けた
地域の復興を支援する意味でも、
災害支援のためのふるさと納税は
良い方法だと思います。

 

 

寄附金の使い道についてのまとめ

ふるさと納税
ふるさと納税で集めたお金が、
各自治体でどのような使われ方をしているのか、
気になったことはないですか?

 

 

返礼品や税金控除にばかり目がいって、
そういうところは実は知らない人が
多いのではないでしょうか。

 

 

ふるさと納税は、
使い道で申し込み先を選ぶこともできます。
どういう事業に利用するのかをあらかじめ
提示している自治体は多くあります。

 

 

その中から自分が応援したい自治体を
選んで申し込みをすれば寄付したお金が
その事業にちゃんと使われるようになっています。

 

 

また、ガバメントクラウドファンディング
というものも最近ではメジャーです。
これは、ふるさと納税制度を使って寄付金を募り、
大きな事業を成し遂げようとするものです。

 

 

サイトによっては、達成までの金額と、
現在の達成率を見ることができるようになっていて、
どれくらいの人が事業の実現に
賛同しているかを知ることができます。

 

 

昔からの伝統を守るためだったり、交通の便が
悪い地域での足を確保するためだったり、
新しい観光地を作って地域の活性化を図るため
だったりと、いろいろな事業が現在受付中です。

 

 

このような視点で
ふるさと納税の申し込み先を選ぶのも、
新しくていいと思います。

 

 

また、災害支援にもふるさと納税は
活用されるので被災地の復興を支援する意味で
この制度を利用するのも良い方法です。

>>主婦節約TOPページに戻る