ふるさと納税の仕組みが知りたい方へ

ふるさと納税とは、どんな制度なのか?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

ふるさと納税とはどのような
制度なのか
についてまとめました。

 

上手く利用すると、
所得税や住民税の
控除が受けれるため、
非常にお得です。

 

しかし仕組みを理解していないと、
自治体に対する寄附しただけで、
終わってしまいます。

 

仕組みを理解して、
お礼の品や控除を受けて、
お得に生活しましょう!


 

 

ふるさと納税とはどんな仕組みなのか?

ふるさと
年末が近づくとテレビCMでもよく見るふるさと納税。
返礼品が話題となって、
寄付金が集まる自治体も多いようです。

 

 

そんなふるさと納税ですが、
一体どんな仕組みなのかまだ
よく分かっていない人もいるのではないでしょうか。

 

 

ふるさと納税は、
実際の負担は2000円で自治体からの返礼品が
受け取れるかなりお得な制度
です。
どういうことなのか、説明していきますね。

 

 

例えば、1つの自治体に
2万円分の寄付をしたとします。

 

 

そこから2000円を引いた18000円は、
翌年の住民税や所得税から差し引かれるので
結果的には戻ってくるという仕組みです。

 

 

多くの自治体は、その地域の特産品などを
返礼品として用意していて、
寄付をすることで返礼品が受け取れます。

 

 

普通に買うと高いものでも、
ふるさと納税の仕組みを利用すれば
2000円で手に入るのでかなりお得です。

 

 

寄付できる金額には上限があり、
年収によって決められています。

 

 

ふるさと納税ができるサイトに
控除される金額がわかるページで、
寄付可能な金額が簡単に分かるようになっているので
まずは一度調べてみましょう。

 

 

どんなメリットがあるのか?

お肉
ふるさと納税のメリットは、
なんといっても負担額2000円で豪華な
返礼品をゲットできる
点にあります。

 

 

あなたが住んでいる自治体でなくても寄附ができるため、
自治体が何を返礼品として出しているのかを確認して、
寄附することで欲しいものを受け取ることが出来ます!

 

 

さらに、税金が控除されるので
翌年の家計への負担も減らすことができます。

 

 

住宅ローン控除と同時に活用することもできるので、
住宅ローンを組んだばかりという人でも大丈夫です。

 

 

返礼品とは何か?

返礼品
寄付金を受け取った自治体が、
そのお返しとして送るものを返礼品と呼びます。
返礼品は、自治体によってさまざまです。

 

 

その地域の特産品である場合が多いですが、
特産品と呼べるものが少ない自治体もあります。
そういうところでは、商品券や
ビールなどが返礼品になっています。

 

 

北海道など海産物が有名な地域であれば、
いくらやほたてなどの海産物が
キロ単位で返礼品として出されています。

 

 

米どころであれば、
お米20キロなどが返礼品になっています。
(返礼品の分量は、寄付する金額によって違います。)

 

 

それ以外にも、高級肉やうなぎ、フルーツ、
野菜などもあってふるさと納税サイトを
見ているだけでもかなり楽しめます。

 

 

バリエーションが豊富なので、
どこに寄付しようか迷ってしまいます。

 

 

家電を返礼品にしている自治体もあるので、
何か壊れたときには一度ふるさと納税のサイトで
探してから家電量販店の広告を
見るのも賢い使い方です。

 

 

ふるさと納税サイトはいくつかあり、
実際に寄付して返礼品を受け取った人の
口コミが掲載されているので
参考にしてみるのもいいと思います。

 

 

自分の地元やふるさとでなくても、
全国どこの自治体に寄付しても構いません。
そういう性質から、返礼品の内容で
寄付する先を選ぶ人が大半です。

 

 

人気の返礼品は品切れに
なるのも早いので、年末に寄付をしようと
考えていてもその時期には
もうなくなってしまっているということもあります。

 

 

さらに、返礼品目的で寄付をしても、
きちんと税金面での処理をしないと
「実質負担2000円で税金控除」というふるさと納税の
恩恵を受けることができなくなるので注意が必要です。

 

 

各自治体が行っているワンストップサービスを利用すれば、
個人での確定申告は基本的には必要ありません。
サラリーマンの人は、ワンストップサービスを
利用するのがいちばん簡単です。

 

 

web上で受け付けをしている自治体もありますが、
多くは郵送で申請するので、
締め切りまでに余裕を持っておく必要があります。

 

 

ワンストップサービスの締め切りは
翌年1月10日です。
なので、ふるさと納税の寄付は
年末までとされています。

 

 

もしワンストップサービスを使わずに
自分で確定申告をするなら、
翌年の3月15日が締め切りです。

 

 

その場合は、寄付した先の自治体ではなく
税務署への申請となります。

 

 

ふるさと納税についてのまとめ

ふるさと納税
ふるさと納税は、実際の負担額は
2000円で豪華な返礼品を
受け取れるお得な制度です。

 

 

寄付金から2000円を引いた金額分が、
翌年の税金から控除されます。

 

 

寄付した時点では寄付金の全額を一旦支払いますが、
2000円を超えた分は
翌年の税金から差し引かれるので
実質の負担は2000円で済む
というわけです。

 

 

返礼品は自治体によっていろいろですが、
お米や肉、海産物、野菜、フルーツ、
家電や商品券など、特産を活かしたものも多く
毎年話題を呼んでいます。

 

 

ふるさと納税という名称ですが、縁もゆかりもない
自治体に寄付してもまったく問題ないので、
多くの人は返礼品の内容で
寄付する先を選んでいる状態です。

 

 

お得に返礼品を受け取ることができる上に
税金の控除も受けられるふるさと納税ですが、
税金面の処理をしないと控除の対象にはなりません。

 

 

サラリーマンの人であれば、各自治体が行っている
ワンストップサービスを利用するのがもっとも簡単なやり方です。
その場合は、翌年1月10日が締め切りとなっています。

 

 

個人で確定申告をする場合は、
翌年3月15日が締め切りなので
それまでに手続きを済ませておくようにしましょう。

 

 

>>ふるさと納税の控除の記事に進む

>>主婦節約TOPページに戻る

ふるさと納税とは?<<仕組み・メリット・申請方法など>>記事一覧

このページでお話しする内容ここでは、ふるさと納税の控除で、いくらくらい税金が安くなるのかについてご紹介します。返戻金に注目されることが多いですが、税金が控除されることも、大きなメリットといえるふるさと納税。仕組みを知らないと、控除の限度額を超えて寄附してしまい、自己負担額が多くなってしまうことがあります。仕組みを理解して、返礼品や税金の控除を受け取れる、ふるさと納税を無駄なく、活用していきましょう...

このページでお話しする内容ここでは、ふるさと納税の対象期間についてご紹介します。ふるさと納税自体は、一年を通していつでもすることが出来ます。ただ、所得税の控除は、期限を過ぎてから処理されると、翌年分として計上されるので、次の一年は控除されなくなってしまいます。確定申告をするかどうかなど、期限が前後することがあるので、注意が必要です!ふるさと納税の対象期間ふるさと納税は、一年を通して行うことができま...

このページでお話しする内容ここでは、ふるさと納税で損をしない方法を紹介しています。自分の上限額を知って、その範囲内で申し込みをしないと、超えた分は税金控除の対象にはなりません。また、納税義務者の名義で申し込みを行わないと、税金が控除されないことがあります。この2点を守れば、ふるさと納税の恩恵を十分受けることができるでしょう。損をしないための注意点ふるさと納税は、寄付した自治体から特産品などが返礼品...

このページでお話しする内容ここでは、ワンストップ特例制度のお話をします。平成27年4月から導入されたこの制度により、それまで必要だった確定申告をしなくてもよくなりました。寄付した自治体が5つ以下などの条件を満たせば利用できるので、今では多くの人がこの制度を利用しています。各自治体ごとに必要書類を郵送すれば、手続きは完了です。ワンストップ特例制度とは?ふるさと納税は、お得に各産地の特産品をゲットでき...

このページでお話しする内容ここでは、ふるさと納税がその使い道から選べることを紹介します。自治体がふるさと納税によって得た資金を財源に何をするのか、興味ないですか?実は、集めたお金は子育て支援や地域の活性化など、さまざまな用途で使われます。寄付金の使い道から寄付する自治体を決めることができるのも、ふるさと納税の面白いところです。ふるさと納税の使い道ふるさと納税は、豪華な返礼品や税金控除といったメリッ...