都市ガスとプロパンガス、どちらが安いのか気になる方へ

都市ガスとプロパンガスはどちらが安いのか?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

都市ガスとプロパンガスに着目して、
ガス代の節約に関することをまとめています。

 

日常生活で当たり前に
使っているガスですが、
その特徴や違いなどは
あまり知られていないはすです。

 

しかし、都市ガスとプロパンガスには
全く違った性質があり、
その性質を学ぶことでさらなる
節約が可能になります。

 

都市ガスとプロパンガスを比較し、
この記事でガス代が安いのはどちらなのか知り、
その特徴を活かしながら
ガス代を節約していきましょう。


 

 

都市ガスとプロパンガスの違いとは?

ガス
ガスの種類には、
都市ガスとプロパンガスがあります。

 

 

しかし、都市ガスとプロパンガスには
それぞれどんな特徴があって、
どんな違いがあるのかご存知ですか?

 

 

熱量や災害時の復旧速度が違う

まず、都市ガスとプロパンガスでは熱量が異なります。
プロパンガスは都市ガスの2倍以上の
熱を出すことができると言われています。

 

 

ただし、プロパンガスのほうの熱量が
高くても火力は都市ガスを変わりません。

 

 

また、災害時の復旧速度も異なっています。
近年、日本でもさまざまな災害が
起こってしまっていますが、
そうなると電気やガスなどが使えなくなります。

 

 

そうなったときの復旧速度が異なっており、
プロパンガスのほうが復旧するのが早いです。

 

 

なぜなら、プロパンガスのほうが
配管が短く修理がすぐにできることや、
各家庭に設置されているので
個別点検ができるからです。

 

 

料金形態が違う

これが1番有名かもしれませんが、
都市ガスとプロパンガスでは
料金形態が異なっています。

 

 

プロパンガスは都市ガスに比べて
1.5〜2倍近く利用料金が違うと言われています。

 

 

都市ガスは公共料金ですが、
プロパンガスは自由料金となっています。
そのため、都市ガスとプロパンガスでは
利用料金が変わってくるのです。

 

 

都市ガスとプロパンガスのメリット・デメリットを比較

ガス
都市ガスとプロパンガスには
さまざまな違いがあります。
それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

 

プロパンガスのほうが事故が少ない

安全面で考えると、
プロパンガスのほうが有利と言えます。
都市ガスに比べて、プロパンガスの
事故発生件数は少ないです。

 

 

なぜなら、プロパンガスは
安全機器の取り付けや、
ガス漏れを監視するシステムを
導入しているからです。

 

 

これらによって、ガス漏れが発生しても
警報器などの安全機器が自動作動して
ガスを停止させたり、監視センターで
ガス漏れを監視したりしています。

 

 

都市ガスにはそういったシステムがないので、
自分自身で注意するしかありません。

 

 

都市ガスは値上がりの心配がない

都市ガスとプロパンガスでは料金形態が違います。
プロパンガスは自由料金なので、
契約後に料金が値上がりする可能性もあります。

 

 

また、多くの顧客と契約するために、
さまざまな特典を付けることがありますが、
数年経てば料金が値上がりすることもあるのです。

 

 

都市ガスは公共料金なので安心ですが、
プロパンガスは会社によって料金が違います。

 

 

それだけでなく、顧客ごとに
さまざまな料金体系があるので、
プロパンガスのご家庭は、ご家庭のガス料金を
見直してみたほうが良いかもしれません。

 

 

ガス代が安いのはどっち?

ガス
プロパンガスのほうが
都市ガスに比べて料金が
高いというイメージがあるかと思います。

 

 

なぜ、都市ガスとプロパンガスは
料金が違っているのでしょうか。

 

 

プロパンガスのほうが人件費がかかってしまう

プロパンガスのほうが
ガス代が高い理由として、
人件費の問題があります。

 

 

都市ガスは各地域に通っている
配管によって供給されているため、
人件費がかかりません。

 

 

しかし、プロパンガスは
ガスボンベから供給されています。
そのため、ガスが無くなったら交換する必要があり、
定期的な点検も行わなければなりません。

 

 

そのように人件費がかかるので、
プロパンガスのほうがガス代がかかってしまうのです。

 

 

都市ガスに比べて2倍近く利用料金が異なる

プロパンガスと都市ガスを比べると、
都市ガスのほうが安いというのは
多くの方が理解しているはずです。

 

 

ただ、都市ガスに比べて2倍近く
料金が異なるという現状を知っていますか?
プロパンガスは設置費用こそかからないけれど、
利用料金が会社によってさまざまです。

 

 

会社によっては高い
料金設定をしているところもあります。
しかし、都市ガスは公共料金なので、
単価が公表されていることがほとんどです。

 

 

料金設定や人件費など、
プロパンガスのほうがガス代が高いので、
料金重視の方は都市ガスのほうがおすすめです。

 

 

ガス代の節約方法のまとめ

ガス
都市ガスとプロパンガスには
それぞれメリット・デメリットがあります。

 

 

それぞれの家庭で何を優先するのかによって、
都市ガスにするかプロパンガスにするか変わってきます。
ガス代を節約したいのであれば
断然都市ガスがおすすめです。

 

 

都市ガスは安定した利用料金

プロパンガスだと、ガス会社によって
料金が異なり、場合によっては
値上げされる場合もあります。

 

 

しかし、都市ガスだと、
公共料金なので利用料も安定しています。

安定しているうえ、プロパンガスよりも
月々のガス代も抑えられます。

 

 

プロパンガスのほうが1.5〜2倍ほど
ガス代が高くなってしまうので、
ガス代を節約したい方は
都市ガスが合っているでしょう。

 

 

都市ガスプラスアルファでさらに節約しよう

プロパンガスから都市ガスに
乗り換えるだけでも月々のガス代は
かなり安くなります。

 

 

ただ、せっかく都市ガスにしても、
ガス代に気を遣わないと
結局無駄なお金がかかってしまいます。

 

 

せっかくなら、日々の生活から
節約方法を取り入れましょう。

ガス代が高くなる原因の多くは、
キッチンやお風呂にあると考えられます。

 

 

お風呂やシャワーなどの
ガス代を抑える方法については、
こちらの記事で詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

>>ガス代を抑える方法の記事はこちら

 

 

シャワーにかける時間を短くしたり、
お湯の温度を上げすぎないようにしたり、
料理に余熱を利用したりと
かなりの節約方法があります。

 

 

都市ガスに乗り換えるのと同時に、
ガスの使い方も見直せば更なる
節約効果が期待できます。

 

住居別の料金についてはこちら

一軒家のイラスト

次のページでは、
ガス代を住居別に比較しました。

 

 

ガス代を削減するには集合住宅と
一軒家どちらが安くなるのか

まとめたので参考にしてみてください。

 

>>住居別のガス代の記事に進む

 

 

>>ガス代の節約術の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る