冬にガス代が高くなる原因が知りたい方へ

冬にガス代が上がる原因と対策とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

ガス代が冬に急に上がる原因について
ご紹介します!

 

ガス代が冬になって急に
上がったことはありませんか?

 

原因を見つけることで
高くなることを抑えることができます。

 

これを知らないと毎年
なんで高いのかもわからない状態で
無駄に支払い続けなければいけません。

 

ここで、しっかり学んで、
無駄な支払いを減らしましょう!


 

 

なぜ季節でガス代が上下するのか?

季節
光熱費は、季節によって変動が大きいです。
家計簿をつけている人なら、
一年の中でどれくらい金額に差があるのか、
気づいていると思います。

 

 

どうして、季節によって
金額が大きく違うのでしょうか。
それは、気温が違うからです。

 

 

ガス代は、ガスを熱源とする
暖房器具やお風呂の追い炊き機能を
多く使うほど高くなります。

 

 

夏場と同じようにお湯を沸かす場合でも、
冬場だと水温がそもそも低いために、
多くのガスを消費します。

 

 

また、お風呂にためたお湯も
夏ならなかなか冷めないのに対し、
冬だとすぐに冷たくなってしまうので必然的に
追い炊き機能の出番が多くなります。

 

 

家族が多かったり、お風呂に入る時間帯が
みんなバラバラだったりすると、
沸かし直しの頻度が増すので
ガス代は高くなります。

 

 

急に上がる原因と対策

シャワー
ガス代が急に上がると、
かなりの衝撃を受けます。
価格が跳ね上がったガスの検針票には、
本当にびっくりしますよね。

 

 

急に高くなった原因はいくつか考えられるので、
思い当たる節がないか考えてみてください。

 

 

まず、ガスファンヒーターを導入した場合です。
ガスファンヒーターは部屋をすぐに暖めてくれるので、
冬場は欠かせないという家庭も多いでしょう。
でも、ガスファンヒーターはかなりのガスを消費します。

 

 

最近新しく買い換えたとか、
今までよりも容量の大きなものに買い換えた
というときでもガス代は急に高くなります。

 

 

ガスを熱源とする暖房器具を
導入したときにガス代が跳ね上がったら、
それが原因だと考えていいでしょう。

 

 

さらに、急に寒くなったときでも
ガス代は異常に高くなります。

それまでとは気温がぜんぜん違うので、
ガス代が上がるのも当然です。

 

 

給湯器を使う頻度が増えれば、
それもガス代の上昇に一役買っています。

 

 

食器を洗うとき、
冷たい水では心が折れそうになりますよね。
寒い時期は、お湯で食器を洗うことが
習慣になるのも仕方のないことです。

 

 

冬場にガス代が高くなることの対策としては、
ガス以外に電気も活用して暖を取ることです。
ガスファンヒーターではなくエアコンやこたつを利用するなど、
電気を熱源にした暖房器具も活用してください。

 

 

オール電化で安くなることも!

オール電化のイラスト

オール電化にしてしまうという手もあります。
熱効率はIHのほうが優れているので、
ガス代よりも電気代のほうが
安く済む場合も多いです。

 

 

電気代は、日中より深夜のほうが安くなる仕組みになっています。
そのため、日中基本的に在宅している場合は
あまり電気代が安く感じないかもしれません。

 

 

オール電化にするには、それなりに初期費用がかかるので
長い目で現在のランニングコストと
比較して考えてみたほうがいいですね。

 

 

それから、災害時の復旧が他のライフラインに
比べて早い点も電気のメリットです。
過去の災害をみてみると、ガスよりも電気のほうが早く復旧しています。

 

 

ガスが使えないと生活できないよりは、
リスク分散という意味でもガス以外の器具も
日頃から頼っておくほうがいいかもしれません。

 

 

また、追い炊き機能を
あまり使わずに済む方法としては、
なるべくみんな同じ時間帯に
お風呂に入ってしまうことです。

 

 

冬場はお湯が冷めやすいので、
一気に暖めて一気に入ってしまうほうが
断然効率的です。

 

 

ほかには、ガス会社を切り替えるという方法があります。
今プロパンガスを利用しているなら、
そこの会社に交渉してみることで
ガス代が安くなることもあります。

 

 

都市ガスにしたほうが料金が安くなるのであれば、
それも検討してみましょう。

 

 

電力自由化の波に乗って、
ガス自由化も始まっています。

今よりお得なガス会社が見つかるかもしれないので、
一度探してみるのもいいと思います。

 

 

ガス代が冬に高くなる理由についてのまとめ

追い炊き
冬は気温が低いので、
夏と同じようにお湯を沸かすだけでも
多くのガスを消費します。

 

 

部屋を暖めるために
ガスファンヒーターを使えば、
それでもガス代は高くなります。

 

 

また、お風呂の追い炊き機能も
ガスをたくさん使うので追い炊きの頻度が
増えるほどガス代も上がってしまいます。

 

 

家族が多い家庭や、お風呂に入る時間帯が
みんなバラバラだったりすると必然的に
追い炊きの回数が増えるので、
ガス代の急な上昇に驚く人も多いです。

 

 

冬場のガス代に困っているなら、
オール電化にしてしまうという方法もあります。

 

 

日中は仕事などで留守にしている家庭なら、
電気代が安い時間帯の恩恵を
十分に受けられるはずです。

 

 

電気代は、日中より
深夜のほうが安く設定されているので、
昼間は家にいないのであれば
かなりお得になります。

 

 

災害時の復旧も、
ガスより電気のほうが早い傾向にあります。

 

 

オール電化とまではいかずとも、
リスクを分散する意味でも
ガス以外の器具も日頃から
頼っておくほうがいいかもしれません。

 

 

それ以外には、ガス会社を
切り替えるという選択肢もあります。

プロパンガスを使用している場合でも、
交渉次第で安くなるケースもありますよ。

 

 

ガスも電気と同じように自由化されているので、
探せば今よりお得なプランが見つかるかもしれません。
ネット上でも料金の比較ができるので、
一度やってみるのもいいと思います。

 

料金を滞納するとどうなる?

滞納のイラスト

次のページでは、
ガス代を滞納するとどうなるのか
についてまとめました。

 

引き落とし口座の残高不足
などで料金を滞納してしまった場合、
利息やいつガスが止まってしまうのかなどを
ご紹介してきます。

 

>>ガス代を滞納した場合についての記事はこちら

 

 

>>ガス代の節約術の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る