住居別のガス代が気になる方へ

住居別でガス代はどう変化するのか?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

ガス代が高いと感じる原因
についてお話します。

 

ガス会社の選択以外にも
高くなる要因はいくつかあり、
まず考えられるのは
暖房器具を買い換えたときです。

 

ガスファンヒーターは
多くのガスを消費するので、
容量の大きいものに買い換えた
場合もガス代が高くなります。

 

 

エアコンなども併用し、
ガス代を抑える工夫が必要です。


 

 

住居によってガス代は変わるのか?

アパート
アパートに住んでからガス代が
高くなったように感じる人は、
今使っているガスがプロパンガスか
都市ガスかを確認しましょう。

 

 

実は、アパートはプロパンガスを
利用している物件が多いです。

 

 

大家さんにとっては、プロパンガスの会社と
契約するとメリットが大きいので、
あえて好んでプロパンガスにしている場合もあります。

 

 

でも、入居者にとってはガス代が
高いだけであまり良いことはないですよね。
プロパンか都市ガスかを確認するには、
外にガスボンベがあるかどうかで分かります。

 

 

一般的な家庭では、プロパンガスより
都市ガスのほうが料金は安いです。

 

 

飲食店ではプロパンガスを
利用しているところが多いですが、
その理由はプロパンガスのほうが
火力が強いからです。

 

 

ほかには、災害時に復旧するのが
早いというメリットもあります。

 

 

毎月の料金が高くなければ
プロパンに切り替える人は増えると思いますが、
都市ガスのほうが断然安いので一般家庭における
プロパンの需要はあまり高いとはいえません。

 

 

さて、さきほどプロパンガスの会社と
契約することは大家さんに
メリットがあると前述しました。

 

 

アパートでプロパンガスを利用する理由

プロパンガスのイラスト

プロパンガスの需要は低迷しているので、
一軒ずつ顧客を確保するために営業活動をするよりも、
何軒も持っているアパートの大家さんを囲い込むほうが
ガス会社はラクに顧客を獲得できます。

 

 

アパート1棟分をプロパンガスで契約する代わりに、
大家さんには給湯器の交換を無料で行うなど好待遇を用意します。

 

 

入居者との契約が済めば、大家さんは入居者それぞれのガス代のことは
特に興味がない限り知ることもないので、
入居者が毎月高いガス代を払うだけで、
その実態すら分かっていないことがほとんどです。

 

 

また、昔から付き合いのあるプロパンガス会社を信頼して、
契約を続行している場合もあります。

親から相続などで引き継いだ物件なら、
ガス会社の切り替えまではあまり手が回らないのも仕方ないかもしれません。

 

 

このような理由で、
アパートはプロパンガスを利用している物件が多くあります。

 

 

一方、一軒家の場合は、
契約するガス会社を自分で選択できるので
安くすることも可能です。

 

 

一軒家でも、都市ガスの
ガス管が届いていない地域なら、
プロパンガスを利用しているかもしれません。

 

 

その場合、プロパンガスのままがいいのか、
都市ガスに替えたほうがいいのか、
見積もりを取る必要があります。

 

 

ガスの見積もりは実際に来て現地を
見てもらわないと確かな数字が出ないので、
ガス会社の人に来てもらう必要があります。
(おおまかな数字でよければネット上で見積もりを出すことも可能です。)

 

 

基本的に来てもらわないと駄目な理由は、
プロパンガスの会社は計算方法がさまざまで、
すべてのガス会社が同じ基準で
商売をしているわけではないからです。

 

 

また、都市ガスのガス管を引っ張るにしても
どれくらいの引き込みが必要かによって
初期費用が異なります。

 

 

利用料金が上がる理由は?

ガス代
プロパンガスか都市ガスかという以外にも、
ガス代が高くなる原因はいくつかあります。
まず、ガスを使用する暖房器具を
新しいものに買い換えたときです。

 

 

例えば、部屋をすぐに
暖めることができるガスファンヒーターは、
使うことでかなりのガスを消費します。

 

 

また、容量の大きな暖房器具に変えた場合でも、
必然的に使用するガスの量が
増えるのでガス代も高くなります。

 

 

小さい子どものいる家庭では、
風邪をひかせないようにと
部屋を温かくすることが多いです。

 

 

それによって冬場は特にガス代が
高くなりやすく、一年を通して
いちばんガス代がかからない時期と比べると
冬場は倍以上になることも少なくありません。

 

 

また、家族が増えたり
来客が多い時期だったりすると、
ガス代は高くなりやすいです。

 

 

お風呂を何度も沸かしたり、
追い炊き機能を使うのもガス代がかかります。

 

 

ガス代を削減する方法についてのまとめ

コストカット
ガス代は、一軒家より
アパートのほうが高いことが多いです。

 

 

なぜかというと、アパートは
大家さんの意向によってあえて
プロパンガスの会社と契約していることが
よくあるからです。

 

 

一軒家なら、プロパンガスにするか
都市ガスにするか自由に選べるので、
アパートに比べるとガス代を抑えることができます。

 

 

ガス代が高いと感じる要因は、
必ずしもガス会社の選択だけに
よるものではありません。

 

 

新しい暖房器具を買ったときや、
容量の大きな暖房器具に買い換えたときなども
ガス代が急に高くなることがあります。

 

 

例えば、冬場に出番の増える
ガスファンヒーターは、多くのガスを消費します。

 

 

小さい子どものいる家庭では、
風邪を引かせないために部屋を温かくするので、
必然的にガス代も高くなります。

 

 

ガスを熱源にする暖房器具だけでなく、エアコンや
カーペットなどを併用して部屋を暖めることで、
ガス代の急激な上昇をある程度抑えることが可能です。

 

 

また、おもいきって床暖房にしてみると電気代、
ガス代ともにお得になるガス会社もあります。
冬場のガス代で家計が悲鳴を上げているなら、
そういう設備を検討してみるのもいいかもしれません。

 

冬に料金が上がる原因とは?

冬のイラスト

次のページでは、
冬にガス代が高くなる
理由についてまとめました。

 

冬になると急にガス代が
上がることはありませんか?

 

上がる原因と
対処法をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

冬にガス代が上がる原因の記事に進む

 

 

>>ガス代の節約術の記事に戻る

>>主婦節約TOPページに戻る