ガス代を節約したい方へ

ガス代は給湯温度でどれくらい変化するのか?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

給湯温度でどのくらい
ガス代が節約できるのかを
まとめました。

 

給湯温度を下げた方が
良いというのはなんとなくわかっていても、
どのくらい効果的なのか
知らない方が多いと思います。

 

知らないからこそ気にせず
給湯温度を設定してしまいがちですが、
温度を1度でも下げれば、使用量も変わるし、
ガス代を節約することが可能となっています。

 

給湯温度を設定するだけの手軽にできる
節約方法なので、読んですぐに実践できます。


 

 

給湯温度を変えることでどれくらい使用する量が変わるのか?

給湯温度
ガス代の節約について考えたときに
気になるものとして「給湯温度」があります。

給湯温度を変えるとどのくらい
使用量が変わるのでしょうか。

 

 

寒いほどガス代が上がる

ほとんどの方がご存知かと思いますが、
寒ければ寒いほどガス代が上がります。
なぜかというと、冬などの寒い時期は、
お湯を沸かすのに時間がかかってしまうからです。

 

 

さらに、冬は部屋の中や
浴室の温度も低いので、
夏よりも給湯温度を上げてしまいがちです。

 

 

寒い1月と暑い8月では、
水の使用量は3〜4倍増えるとも言われています。

 

 

それだけ使用量が増えるのに、給湯温度を上げてしまうと、
ますますガス代が上がってしまうことがわかります。

なるべく設定温度を変えずに冬を乗り切りたいですね。

 

 

シャワーの温度を1度下げてみよう

一般的に、シャワーを1分使うと、
10〜12Lほどの水を使うことになると言われています。
給湯温度を1度下げてみると
どのくらい使用量が変わるのでしょうか。

 

 

40度で設定したシャワーを1分使うと、4〜5円のガス代がかかります。
しかし、設定温度を1度下げると、1分で約0.2円の節約になります。
つまり、10分間シャワーを使うと、約2円以上の節約となるのです。

 

 

2円以上となると、5L以上の水の使用量が
変わるということになります。

1度下げるだけで、かなりの節約になることがわかりますね。

 

 

給湯温度を下げるとどれくらい料金が変わるのか?

食器洗い
給湯温度を変えるだけで
節約になるというのはなんとなくわかりますよね。
しかし、どのくらい料金が変わるのかご存知ですか?

 

 

食器洗いの場合

食器洗いを例に、給湯温度の設定を変えてみましょう。
40度に設定したお湯を使用すると、
1分で約4〜5円かかります。

 

 

設定温度を40度から38度に下げてみると、
食器洗いに使うガス代は1か月で約90円
節約できると言われており、1年で1000円以上
節約できるということになります。

 

 

食器洗いに関しては、個人差はあるかもしれませんが、
そこまで熱いお湯じゃなくても汚れを
落としたりすることは可能なので、
是非実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

シャワーの場合

次はシャワーを例に、
給湯温度の設定を変えてみましょう。
40度に設定したお湯を使用すると、
15分で約67円かかります。

 

 

設定温度を40度から38度に下げてみると、
15分で約61円かかります。
1か月を30日とすると、2度温度を下げるだけで、
約180円もの節約になります。

 

 

つまり、1年で2000円以上の節約が可能です。
今の設定温度から、1度でも2度でも設定温度を下げると、
同じ時間お湯を使っても節約になるということです。

 

 

ガス代を節約するには?

給湯
ガス代を節約する方法はたくさんありますが、
手軽な方法の1つが給湯温度を下げることです。

 

 

しかし、手軽だけど、
温度が下がると不便なことも出てきます。

特に浴室は寒いので、お湯が冷めがちですし、
シャワーもなるべく設定温度を下げたくないと思います。

 

 

そこで、設定温度を下げても
問題ないような方法をご紹介します。

 

 

お風呂に蓋をしよう

湯船にお湯を溜めているご家庭だと、
湯船のお湯が冷めやすいと感じていませんか?

 

 

ただでさえお湯は冷めやすいのに、
設定温度を下げてしまうと
さらに冷たくなってしまいます。

 

 

そうならないために、湯船に入らない間は
蓋をするように心がけましょう。
蓋をするだけでも保温効果があるので、
お湯が冷めにくくなります。

 

 

冷める前に次の人が入るようにしよう

たとえ蓋をしていても、
時間が経てばお湯は冷めてしまいます。
お湯が冷めないうちに、
次々とお風呂に入るようにしましょう。

 

 

前の人が入ってから時間が経つと、
浴室自体も冷えてしまうので、
そうならないためにも時間を空けずに
入るほうがおすすめです。

 

 

シャワーはこまめに消そう

当然といえば当然かもしれませんが、
効果的な方法です。

 

 

頭や体を洗っている間に
シャワーを出しっぱなしにしていると、
それだけで無駄なガス代がかかります。

 

 

1分で10〜12Lものお湯を
無駄にしていることになります。
こまめに消せば無駄なガス代がかからないので、
日ごろから注意するようにしましょう。

 

 

ガス代の節約術についてのまとめ

シャワー
ガス代を節約するために、
さまざまな節約法を試そうとしても、
なかなかうまくいかないことがありますよね。

 

 

しかし、ガス代は、温度もしくは
使用時間を気にするだけで節約になるのです。

 

 

給湯温度を変えてみよう

ガス代の節約として、
給湯温度を下げるという方法があります。

 

 

設定温度や使用しているガスの種類、
住んでいる地域などによって差はありますが、
1度や2度でも温度を下げるだけで節約になります。

 

 

1度や2度なら、温度を下げても
そこまで支障はないですし、設定するだけなので
とても手軽な節約方法です。

 

 

使用時間を短くしよう

給湯温度を下げるという方法を
ご紹介しましたが、冬場など寒い時期や
冷え症の方などはなかなか設定温度を
下げることができませんよね。

 

 

そういう方は、お湯の使用時間を
短くするように心がけましょう。

 

 

シャワーや食器洗いのときに
水を出しっぱなしにしないなど、
こまめに開閉するだけでも節約になります。

 

 

また、お風呂にお湯を溜める場合、
少なめにお湯を溜めるのもおすすめです。

 

 

お風呂に入るとかさが増すので、
少なめに溜めても問題ないでしょう。
上半身が寒い場合はタオルを
肩にかけるなど工夫しましょう。

 

浴槽にお湯を溜めた方が安くなる方とは?

お風呂のイラスト

次のページでは、家族構成別で、
ガス代を抑える方法について
ご紹介しています。

 

浴槽にお湯を溜めるほうが安いのか、
シャワーで済ませるほうが安く済むのか

についてなどをまとめているので、
ぜひ読んでみてください。

 

>>ガス代を抑える方法の記事に進む

>>主婦節約TOPページに戻る

ガス代の節約術<<給湯温度でどこまで変わるのか?>>記事一覧

このページでお話しする内容ここでは、シャワーとお風呂に関するガス代の節約方法を記載しました。シャワーとお風呂は毎日何気なく使っているかもしれませんが、人数によってシャワーを使うかお風呂を使うか、使い分けるだけで節約効果があるのです。お風呂を沸かすのは少々手間がかかってしまいますが、その方がガス代を抑えることができる場合もあります。自分の一緒に住んでいる人数とこの内容を照らし合わせて、シャワーとお風...

このページでお話しする内容ここでは、都市ガスとプロパンガスに着目して、ガス代の節約に関することをまとめています。日常生活で当たり前に使っているガスですが、その特徴や違いなどはあまり知られていないはすです。しかし、都市ガスとプロパンガスには全く違った性質があり、その性質を学ぶことでさらなる節約が可能になります。都市ガスとプロパンガスを比較し、この記事でガス代が安いのはどちらなのか知り、その特徴を活か...

このページでお話しする内容ここでは、ガス代が高いと感じる原因についてお話します。ガス会社の選択以外にも高くなる要因はいくつかあり、まず考えられるのは暖房器具を買い換えたときです。ガスファンヒーターは多くのガスを消費するので、容量の大きいものに買い換えた場合もガス代が高くなります。エアコンなども併用し、ガス代を抑える工夫が必要です。住居によってガス代は変わるのか?アパートに住んでからガス代が高くなっ...

このページでお話しする内容ここでは、ガス代が冬に急に上がる原因についてご紹介します!ガス代が冬になって急に上がったことはありませんか?原因を見つけることで高くなることを抑えることができます。これを知らないと毎年なんで高いのかもわからない状態で無駄に支払い続けなければいけません。ここで、しっかり学んで、無駄な支払いを減らしましょう!なぜ季節でガス代が上下するのか?光熱費は、季節によって変動が大きいで...

このページでお話しする内容ここでは、ガス代を滞納するといつ止まるのかや延滞利息がどれくらいかかるのかご紹介したいと思います!延滞してしまったときに無駄な利息を支払う前やガスが止まってしまう前に解消することができます。学んでおかないと高額な利息になったりガスが止まってしまい生活するのが難しくなるかもしれません。そうなる前に対策を覚えておきましょう!ガス代を滞納するとどうなるのか?ガス代を滞納すると、...