電子マネーのお得な払い方が知りたい方へ

電子マネーのお得な使い分けかとは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

どのように電子マネーを
使い分けたらいいのか
説明します。

 

電子マネーには、
種類によってポイントが
貯まりやすくなる場所があります。

 

何も考えないで支払ってしまうと、
2倍以上貯まるはずだったポイントを
逃してしまうことになるかもしれません。

 

そうならないように、
あなたに合う電子マネーを
見つけていきましょう。


 

電子マネーの使い分け方

Suica
キャッシュレスで便利な電子マネーは、
今では多くの人が利用しています。

 

 

でも、せっかく使うならちょっとでも
お得に使いたいと思いませんか?
ここでは、そんな電子マネーの
お得な使い方を紹介していきます。

 

 

電子マネーには、多くの種類があります。

 

 

イオンなどのスーパーでお得になるものや、
楽天などネットでの買い物に便利なもの、
さらに鉄道やバスなどの公共交通機関で使うと
ポイントが貯まりやすいものなどさまざまです。

 

 

毎日電車で通勤している人なら、
鉄道系の電子マネーがいいかもしれません。
沿線での買い物で電子マネーを使った場合に、
お得になります。

 

 

クレジットカード機能がついているものだと、
新規でカードを作ったときにいくらか
ポイントをつけてもらえることがあります。

 

 

ポイントはほとんどが
1ポイント1円で利用できるので、
買い物にも使えて便利です。

 

 

支払い方法を意識してお得になる裏技

WAON
電子マネーは、使うごとに
ポイントがたまるものが多くあります。
ポイント還元率は、買う商品や
店舗によって異なります。

 

 

便利な使い方の例
楽天Edy

例えば、楽天Edyという電子マネーでは、
使う金額に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。

 

 

200円使うたびに1円分のポイントが貯まる仕組みです。
ポイントプラス加盟店で買い物をした場合は、
200円で2円分のポイントが貯まります。
この加盟店は毎月更新されるので、マメにチェックしておくといいですね。

 

 

楽天スーパーポイントは、
ネットショップや普段の買い物でも使うことができます。

映画館やファストフード店、
マンガアプリでも利用できるのがいいですね。

 

 

また、ポイントの相互交換もできます。
楽天スーパーポイントが1あれば、
楽天Edyの1円分と交換することが可能です。

 

 

さらに、楽天スーパーポイントが2ポイントあれば、
ANAの1マイルと交換できます。

 

 

ポイントの相互交換は、反映されるまでに最大で10日ほどかかるので、
急ぎのときは反映までどれくらい時間がかかるかを
あらかじめチェックしてからおこなうようにしましょう。

 

 

楽天Edyは、実店舗でもほとんどのコンビニや全国チェーンのカラオケ店、
ドラッグストア、家電量販店や書店などで使えるようになっています。

 

WAON

ほかにも、電子マネーの有名どころといえばWAON(ワオン)がありますね。
ワオンは、イオンカードのCMで知ったという人も多いのではないでしょうか。
イオンカードにワオン機能をつけることもできるので、
イオンでよく買い物をするという人ならぜひ持っておきたい1枚です。

 

 

というのも、ワオンのポイントは通常なら
楽天Edyと同じ200円で1ポイントの還元率ですが、
イオンの日やその他キャンペーンの日には
ポイントが5倍・10倍ということがあるからです。

 

 

しかも、ワオンやイオンカードでの支払いに限りポイントアップされるので、
そういう日に現金で支払ってしまうと損をした気分になります。

 

 

インターネットショッピングでもワオンを使うことはできますが、
その際にはカード情報を読み取る機械を接続して、
決済をおこなう必要があります。

 

 

ちなみに、ヤマトの宅配便の集荷時や、イオンネットスーパーの配達時に、
ドライバーが持っているカード読み取り機に
ワオンカードをかざせば、ワオンで決済することが可能です。

 

 

電子マネーの使い分け

使い分け
電子マネーは、カードタイプだけでなく
ケイタイで使えるタイプもあります。

カードを持ち歩くのがあまり好きではない人は、
ケイタイで使えるものがおすすめです。

 

 

通常200円の支払いごとに1ポイントという
還元率の電子マネーでも、キャンペーン時には
ポイントが2倍や10倍ということがあります。

 

 

それが顕著なのは、イオンのWAONカードです。
お客様感謝デーなど特定の日には、
WAONカードの支払いで
ポイント還元率がアップします。

 

 

少しでもお得に買い物をしたい人は、
こういうときが狙い目です。

 

 

楽天Edyの電子マネーで貯まる、
楽天スーパーポイントは他のカードの
ポイントと交換することができます。

 

 

例えば、1ポイントで楽天Edyの1円分になります。
2ポイントでANAの1マイルになります。

 

 

どんどん貯めていけば、こうして他のものにも
利用できるので電子マネーを使えば使うほど
お得になるというのも頷けます。

 

 

電子マネーを利用できる店舗は、
ネットショップ・実店舗ともにどんどん増えています。

 

 

財布を広げて、お札や小銭を
数える必要がないので非常にラクです。

 

 

朝の忙しい通勤時など時間がないときはもちろん、
赤ちゃんや小さい子どもを連れたお母さんにも
支持されている理由はそこにあります。

 

 

特に子どもを連れて電車に乗るときは、
荷物も多いし子どもの手も離すわけにいかない中、
支払いのときにカバンから財布を
出すだけでも一苦労です。

 

 

電子マネーなら、改札を出るのもラクだし、
切符を買う手間がないのはなによりラクですね。

バスに乗るときも、小銭がなくても困らずに済みますよ。

 

 

これまで電子マネーを
まだ利用したことがないという人は、
ぜひ一度使ってみてほしいと思います。

>>主婦節約TOPページに戻る