電子マネーの種類や選び方が知りたい方へ

電子マネーの種類と選び方とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

交通系や商業系といった
電子マネーの種類について
説明しています。

 

交通系は主に鉄道会社が発行しており、
鉄道の利用や沿線の加盟店での支払いで
ポイントがつく仕組みです。

 

商業系は、ワオンならイオン、
ナナコならイトーヨーカドーで使うとお得です。

 

感謝デーなど、
特定の日に電子マネーで支払うことで
割引が受けられます。


 

電子マネーの種類

 

自分に合う電子マネーの選び方を
お伝えする前に、どういった種類があるのか
まとめていきたいと思います。

 

交通系

交通系の電子マネーは、
全国でそれぞれの鉄道会社が主体となって発行されています。
チャージ方式が圧倒的ですが、ピタパは例外的にポストペイ方式をとっています。
北は北海道から南は九州まで、そのエリアごとに交通系の電子マネーがあります。

 

 

加盟店での支払いや、鉄道の利用によりポイントが貯まります。
ご当地のカードなので、加盟店は当然、沿線や駅構内にあることが大半です。
オートチャージやポイント還元は、エリアをまたぐと
適応されないことが多いので、移動が広範囲に及ぶ人は注意してください。

 

商業系

商業系の電子マネーでは、楽天Edyのようにコンビニなどの実店舗から
ネットショッピングまで幅広く利用できてポイントが貯まるものもあれば、
ナナコやワオンのように特定の店舗でお得になるものがあります。

 

 

それぞれの会社によって発行している電子マネーが違うので、
自分の生活範囲でよく利用する店舗のものを作っておくのがおすすめです。

キャンペーン時にはポイントが何倍にもなるので、
そのときを逃さず電子マネーで買い物をするのがいちばんお得です。

 

 

チャージして使うものだけでなく、ポストペイ方式の電子マネーもあります。
ちなみに、商業系の電子マネーのカードを持っていても、
それで電車やバスに乗ることはできないので注意してくださいね。

 

後払い

チャージすることなく利用できるのは、後払い式の電子マネーです。
例えば、交通系ではピタパが唯一、後払い方式をとっています。
チャージせずに乗車できる点や、残高を気にしなくていい点は便利です。

 

 

でも、それってつまりどういうことかというと、
「クレジットカードと同じような感じ」ということです。
そうなると、利用するには年齢の制限が必要になってきます。
現に、ピタパは18歳以上でないと発行できません。

 

 

発行までに3週間くらい時間がかかることも相まって、
関西が主流のピタパですが、発行枚数ではイコカのほうが断然上のようです。

 

数ある中から自分に合うものの選び方

選択
電子マネーを選ぶときは、
まず自分の生活範囲を考えるのがいいです。

例えば、電車に乗るか乗らないかで、
交通系のカードを持つか否かは決まると思います。

 

 

車での移動がメインなら、
交通系のカードは特に作っておく
必要がないからです。

 

 

また、コンビニによく行くか
どうかも判断の基準になります。

 

 

セブンイレブンによく行くならナナコを持っておくのがいいですし、
それ以外のローソンやファミリーマートなどに
行くほうが多いならワオンを持っているほうが使えます。

 

 

ワオンは200円の支払いで1ポイント貯まるのに対し、
ナナコでの支払いでは100円で1ポイントが貯まります。
ポイント還元率でいえば、ナナコのほうがお得です。

 

 

また、ナナコはイトーヨーカドーで毎月8のつく日に
5%オフで買い物ができるというメリットもあります。
近くにイトーヨーカドーがある人なら、
8のつく日にナナコで支払うとかなりお得です。

 

 

ほとんどすべての商品が対象で、
食料品にも使えるので家計にも非常にありがたいです。

 

 

ナナコだけでなく、ワオンにもお得な日がありますよ。
毎月15日は感謝デーということで、
ワオンで支払えば5%オフになります。

 

 

他にも、イオン銀行と提携して、
イオン銀行の口座を給与振込指定に
すると毎月10ポイントもらえます。

 

 

公共料金の支払いも、
1件ごとに5ポイントもらえるので、
ワオンの対象店舗によく
行く人にとってはお得です。

 

 

電子マネーの種類と選び方のまとめ

電子マネー
電子マネーは、交通系や商業系など、
それぞれの会社が発行しているカードがあります。
自分の生活スタイルに応じて、
お得に使えそうなものを選ぶのがおすすめです。

 

 

交通系の電子マネーは、全国各地の
鉄道会社などから発行されています。
鉄道の利用や、沿線での買い物で
ポイントが貯まる仕組みです。

 

 

オートチャージの設定やポイント付与は、
エリア外に出ると適応されなくなるので、
移動が広範囲に及ぶ人は注意してください。

 

 

交通系電子マネーのほとんどがチャージ式ですが、
中にはピタパのような後払い式のものもあります。

 

 

残高を気にしなくていいぶん便利ですが、
クレジットカードのような仕組みなので
18歳以下は発行することができません。

 

 

商業系の電子マネーは、
コンビニやスーパーでお得になる
ワオンやナナコなどがあります。

 

 

イトーヨーカドーなら
毎月8のつく日にナナコで支払うと、
5%オフになるのが大きな魅力です。

 

 

イオンでは、毎月15日の感謝デーに
ワオンで支払うことで5%オフの特典が受けられます。

 

 

ポイントの還元率は、ナナコがいちばん高く
100円の支払いで1ポイントが貯まります。

よく行くお店の電子マネーなら、
いろいろなメリットがあるので持っておいても損はないですよ。

 

 

商業系の電子マネーで電車や
バスの運賃を支払うことはできないので、
電車やバスによく乗る上にイオンなどの
スーパーにもよく買い物に行くという人は、
カードを2枚発行したほうがいいです。

 

 

もちろん、どちらか1枚だけに
するというのでも、いいと思います。

>>主婦節約TOPページに戻る