浪費家の貯金の仕方とは?

浪費家におすすめの貯金の仕方とは?

このページでお話しする内容

 

ここでは、

浪費家の人におすすめの
貯金方法について
ご紹介します。

 

貯金方法を学ぶことで、
自分のお金の使い方を見直し、
無駄遣いを減らすことができます。

 

浪費が多いといざお金が
必要になったときに用意できず、
欲しいものが買えなかったり
結婚できなかったりするかもしれません。

 

そうならないように、
いかに浪費を減らすのか
ということを学んでいきましょう!


 

 

機会損失について考えよう

機会損失
経済学でよく使われる
「機会損失」という言葉があります。

 

 

この言葉は、需要があるのに
供給側が何かの都合で供給できず、
販売する機会を失ってしまうということです。

 

 

例えば、コンビニでおにぎりのセールがあったとします。
しかし、このお店では上手く発注ができておらず、
いつも販売している数しかお店に届きませんでした。

 

 

そうなると、早い時間に売り切れてしまい、
もっと売れるはずだったのにその機会を
逃してしまったということになります。

 

 

このようなことを「機会損失」と言います。
この例はコンビニ側の話ですが、
これを自分の貯蓄に置き換えて考えると
どういうことになるでしょうか?

 

 

あなたが時計を集めるのが好きだとします。
いつも買っているメーカーが違う企業と
コラボして数量限定の時計を販売したとします。

 

 

その時計を欲しいと思っても、
その時に貯金がなければ買うことができません。
もう一つ例を挙げます。

 

 

あなたには、恋人がいます。
その恋人とそろそろ結婚しようと考えた時に
ある程度、貯金していないと
お金が貯まるまで先延ばしにするかもしれません。

 

 

そうやって先延ばしにしているうちに
その相手が離れて行ってしまうかもしれません。
必要な時に十分な貯金がないと、
大きなチャンスを逃してしまうことになりかねません。

 

 

そうならないようにある程度まとまったお金を
持っておくべきだと思います。

 

 

浪費家の人は使わないものを一度すべて捨てよう

断捨離
クローゼットの中や冷蔵庫の中など、
全く着ていない服や賞味期限切れの
食べ物ななどはありませんか?

 

 

家賃の中にはその不要なものを
保管する為の場所代が
含まれているということを考えましょう。

 

 

「不要なもののためにはお金を使わない」
という意識を持っていない人ほど、
お金が貯まらないことが多いです。

 

 

なぜかというと計画的に買わず、
その場でほしいものを買ったりする
ので

 

 

食べ物なら使い切れず腐らせてしまったり、
まだ冷蔵庫の中に残っているのにも関わらず
同じものを買ってきて新しい物から
食べてしまったりということをしてしまうからです。

 

 

そこで、一度冷蔵庫やクローゼットなど、
家の中のものを整理してみましょう!

 

 

そうすることで、
自分が良く着る服がわかり無駄に買うことが減り、
冷蔵庫の中を把握することで、
必要なものを必要な分だけ買うことができます。

 

 

私の子供が友達とルームシェアを始めた時、
自分の荷物は極力減らして
ほとんど何もない状態で生活を始めました。

 

 

引っ越しの際に
持って行ったものは、

 

  • 着替え(10着程度)
  • テレビ
  • 漫画
  • PC

 

程度です。
それに生活で必要な

 

  • ベッド
  • 本棚
  • エアコン

 

などを買いました。
冷蔵庫などは共有のものを
使っていたので省きます。

 

 

子供の部屋には上記のもの以外
ほとんど買うこともなかったので、
無駄なものが増えることもありませんでした。

 

 

漫画も途中から集めていたものを売ってしまい、
電子書籍で買いなおしていたため、
引っ越し当時よりも荷物が減ったほどでした。

 

 

衝動買いをなくす方法とは?

衝動買い
無駄遣いが多い人はその一番の原因は、
衝動買いをすることによる散財だと思います。

 

 

ウィンドウショッピングをしていて
店員さんに勧められるまま
買ってしまったということがある人も
多いのではないでしょうか。

 

 

最近では、アマゾンや楽天市場など
クリック一つで購入できる
「ネットショッピング」で
衝動買いをしている人も多いことでしょう。

 

 

こういった一時の感情で
買い物をしていて買ってよかったと思える
商品は案外少ないのではないでしょうか。

 

 

私の知り合いには、
ネットショッピングにはまってしまい
毎日のように自宅に段ボールが
届くという状況だった人もいるくらいです。

 

 

ネットショッピングを見たことある人だと
わかると思いますが、

 

 

「期間限定」や「ポイント〇倍」、
「送料無料」「〇点以上お買い上げで●円引き」
といった売り文句につられて
買ってしまう方もいるでしょう。

 

 

そこで、すぐに買ってしまうのではなく
似た商品でもっと安く買える物を探したり、
本当に必要なのか今一度考えなおす時間を
作るようにすることで衝動買いを減らすことができます。

 

 

無駄遣いを防ぐ口座の使い方とは?

銀行口座
貯金ができない人の言い訳で一番多いのは、
給料日前にはお金がなくなってしまい
貯金にあてる余裕がないというものです。

 

 

計画も立てず、好きなようにお金を使っていては、
貯まるものも貯まらなくなってしまいます。
そんな人におすすめの方法が
口座を使い分けるということです。

 

 

では、どのように分けるかというと
『使う』『貯める』『運用する』の3つに
分けると良いと思います。

 

 

最初に『使う』口座ですがここには、
生活費を入れておくための口座になります。

 

 

給料の振込先はここに振り込んでもらい
家賃や光熱費、通信費などの引き落としも
この口座から引き落としされるように
契約しておきましょう!

 

 

次の『貯める』口座についてですが、
ここには余った分を貯めるというわけではありません。
最初に書いたように無計画にお金を使っていては、
貯金することはできません。

 

 

そこで、最初に『使う』口座から
貯金する金額を先に入れておきましょう。

 

 

その時のポイントとして
この『使う』口座からは基本的に、
引き出すことをしてはいけません。

 

 

一度、引き出してしまうと
「また足りなくなったら引き出せばいいや」
というように考えてしまい、
結局貯金できないということになりかねません。

 

 

そうならないように
最初は貯金にまわす金額が少なくても
やりくりできる金額を『使う』口座に
残しておくようにすると良いでしょう。

 

 

会社員の方なら、
財形貯蓄という方法もあります。

 

 

財形貯蓄とは、会社と金融機関が提携して
社員の給料やボーナスから天引きして
貯金できるようにする制度です。

 

 

自営業や契約社員、
パートの人で財形貯蓄が利用できない人は、
銀行の積立預金を利用しましょう。

 

 

毎月『使う』口座から『貯める』口座へ
指定した日付に一定額自動的に移す仕組みです。

 

 

自分で管理するのが難しい人は
自動的に移動させてくれるので
かなりおすすめです。

 

 

最後に『運用する』口座になります。
この口座には『貯める』口座に
100万円ほど貯まったら
資産運用に回しましょう。

 

 

自己投資として、
セミナーや講演会に行ってみたり
ジムや習い事を始めるというのも良いと思います。

 

 

また、株を始めて株主優待で、
お得に生活するということもできます。

 

 

自分の理想に少しでも
近づくためにも無駄遣いを減らしていきましょう!

 

 

浪費家の人のための貯金方法のまとめ

まとめ
機会損失をなくすために
少しずつでも貯金を
することが大切です。

 

 

クローゼットや冷蔵庫の中、
自分の部屋などを整理して
必要のないものは処分します。

 

 

衝動買いをやめて
貯金のための口座の使い分けの
仕方を覚えていきましょう。

 

 

まずは、部屋の整理から始めましょう!
そうすることで身の回りにどれくらい
無駄なものがあるのか把握することができます。

 

 

その確認ができた後、
口座を使い分け生活費と貯金を分けることで
毎月決まった額を貯金することが
できるようになります。

 

 

>>貯金する場合の記事に戻る

 

 

>>無理なく貯金する方法の記事に進む

>>主婦節約TOPページに戻る